Bitcoin
70万9,776円
-3.18%
Ethereum
2万4,268円
-8.55%
Ripple
50円
-18.68%
Bitcoin Cash
4万9,519円
-6.77%
EOS
591円
-8.77%
Stellar Lumens
26円
-11.65%
Litecoin
6,265円
-5.11%
Tether
109円
0.2%
Cardano
8円
-11.11%
Monero
1万2,561円
-6.02%
Dash
2万1,061円
-5.66%
IOTA
60円
-8.24%
TRON
2円
-10.12%
RaiBlocks
1,044円
-0.1%
NEO
1,965円
-6.78%
Ethereum Classic
1,183円
-5.49%
Binance Coin
1,075円
-3.96%
Tezos (Pre-Launch)
162円
-9.72%
NEM
10円
-6.01%
VeChain
1円
-6.92%
Walton
2,965円
-0.36%
Dogecoin
0円
-3.98%
Zcash
1万4,603円
0.95%
OmiseGO
367円
-7.8%
Bytecoin
0円
-5.55%
Bitcoin Gold
2,403円
-2.26%
Lisk
360円
-5.44%
0x
69円
-3.05%
Ontology
202円
-10.06%
Maker
4万9,251円
-3.36%
Qtum
402円
-8.94%
Decred
4,075円
-4.56%
BitShares
12円
-8.17%
Nano
240円
-7.94%
Bitcoin Diamond
200円
-8.47%
Zilliqa
3円
-6.44%
Steem
104円
5.84%
DigiByte
2円
-7.11%
ICON
69円
-10.54%
Siacoin
0円
-12.12%
Aeternity
104円
-6.27%
Waves
236円
-3.73%
Verge
1円
-7.21%
GXShares
347円
-11.32%
Metaverse ETP
395円
-2.82%
empowr coin
870円
63.68%
Bytom
18円
-6.29%
Basic Attention Token
17円
-7.57%
Pundi X
0円
-8.54%
  1. 仮想通貨 >
  2. 取引所 >
  3. DMMビットコイン >
  4. 【解説】DMMビットコインのFX(レバレッジ)取引<よくある問題と対処法まとめ>

【解説】DMMビットコインのFX(レバレッジ)取引<よくある問題と対処法まとめ>

DMMビットコインのFX取引の特徴と取引方法について解説します。注意したい問題や対処法についても確認しましょう。

FX(レバレッジ)取引とは

FX取引とは、実際に仮想通貨を保有するのではなく、証拠金を差し入れることで決済を前提とした建玉を持つ取引方法です。

決済で損益を確定させるもので、異なる通貨間の交換で差益を得る「Foreign Exchange」を略しています。

証拠金よりも大きな取引を行う、レバレッジ取引ができることがメリットです。
仮想通貨FXについての詳しい説明は以下の記事にまとめていますので、参考にしてください。

レバレッジ取引とは

レバレッジ取引とは、テコの原理で、資金の数倍の取引を行うことです。

証拠金取引の場合に採用される方法で、少額の資金で大きな利益を実現する一方、大きな損失を被ってしまうリスクもあります。

↑目次に戻る

DMMビットコインとは

DMMビットコイン DMMビットコインとは
出典:bitcoin.dmm.com

DMMビットコインは、インターネットサービスで知られるDMMが開設した仮想通貨取引所です。
ビットコインをはじめ7種類の仮想通貨の取引ができます。

仮想通貨交換業者として金融庁の登録を受けている会社です。

DMMビットコインのメリット

DMMビットコインでの取引には次のようなメリットがあります。

1.アルトコインにレバレッジをかけられる

DMMビットコインでは、ビットコイン以外のアルトコインでのレバレッジ取引が可能です。
以下の通貨でレバレッジ取引に対応しています。

  • BTC(ビットコイン)
  • ETH(イーサリアム)
  • XRP(リップル)
  • XEM(ネム)
  • LTC(ライトコイン)
  • ETC(イーサリアムクラシック)
  • BCH(ビットコインキャッシュ)

国内業者のレバレッジ取引では最大の対応通貨数を誇ります。

2. 日本円、BTC(ビットコイン)、ETH(イーサリアム)を証拠金として利用可能

DMMビットコインでは、トレード口座内にある資金はすべて証拠金とすることができます。

現物で保有しているBTC(ビットコイン)やETH(イーサリアム)も、トレード口座内に保管している分については証拠金の対象です。

3.アルトコインのショートから始めることができる

FX取引が可能であっても、ビットコインのみという取引所が多い中、DMMビットコインではアルトコインでもFX取引に対応していますので、ショートから取引を始めることもできます。

値動きの大きなアルトコインの取引機会を逃しません。

4.アプリでのレバレッジ取引も可能

DMMビットコインではアプリでの取引にも対応していますので、出先からの取引はもちろんレバレッジ取引も可能です。

アプリのダウンロードはこちら

DMMビットコインのデメリット

DMMビットコインは多様な取引スタイルに対応している一方、次のようなデメリットも指摘されています。

メンテナンス時間に注意が必要

仮想通貨の市場は、株式や外為と異なり、24時間365日市場が動いています。

そのため、DMMビットコインでも土日24時間の取引が可能ですが、取引ができないメンテナンス時間があります。

DMMビットコインのメンテナンス時間は、毎週水曜日正午12:00~午後6:00までとなっています。

メンテナンス時間としてはかなり長く、その間口座にはログインができません。

仮にメンテナンス時間帯に相場変動があった場合には対応できず、取引機会を逃してしまうというリスクがあります。

スプレッドが広く利益を上げるのが難しい

DMMビットコインはアルトコインのレバレッジ取引が可能ですが、現状海外業者はもちろん、国内業者と比較してもスプレッドは広めに設定されています。

スプレッドは変動制ですので取引のタイミング次第ですが、広がっているとポジションを取った瞬間にスプレッド分マイナスからのスタートとなります。

通貨ペアによっては無視できない金額です。
利益を上げるにはそれ以上の値動きが必要となるため、利益を上げるのは難しいと言わざるを得ません。

↑目次に戻る

DMMビットコインのFX取引の特徴

DMMビットコインでのFX取引について、システムの特徴を見ていきましょう。

取り扱い銘柄

DMMビットコインでは7通貨でFX取引が可能ですが、次の通貨ペアを取り扱っています。

  • ビットコイン/円(BTC/JPY)
  • イーサリアム/円(ETH/JPY)
  • ネム/円(XEM/JPY)
  • リップル/円(XRP/JPY)
  • ライトコイン/円(LTC/JPY)
  • イーサクラシック/円(ETC/JPY)
  • ビットコインキャッシュ/円(BCH/JPY)
  • イーサリアム/ビットコイン(ETH/BTC)
  • イーサクラシック/イーサリアム(ETC/ETH)
  • ネム/ビットコイン(XEM/BTC)
  • リップル/ビットコイン(XRP/BTC)
  • ライトコイン/ビットコイン(LTC/BTC)
  • イーサクラシック/ビットコイン(ETC/BTC)
  • ビットコインキャッシュ/ビットコイン(BCH/BTC)

円だけでなく、対ビットコイン、対イーサリアムでのFX取引も可能ですので、取引の幅が広がります。

スプレッドは変動制を採用

DMMビットコインのスプレッド(売りレートと買いレートの差)は変動性です。

取引手数料は0円となっていますが、このスプレッドが実質的な手数料となります。

流動性が低下しているときや、急激な相場変動の際にはスプレッドが拡大しますので注意が必要です。

スワップ手数料は建玉金額の0.04%

FX取引では、建玉を持ち越した場合、ロールオーバー時の建玉金額の0.04%/日のスワップ手数料がかかります。
売りポジション、買いポジションともに対象です。

DMMビットコインのレバレッジ倍率は5倍

DMMビットコインのレバレッジ倍率は5倍固定となっています。
変更はできませんが、トレード口座の資金を増やしておくことで、実質的には低レバレッジでの取引が可能です。

↑目次に戻る

DMMビットコインFXのやり方

DMMビットコインでのFXのやり方は、次のような流れとなります。

  • 1.ウォレット口座に資金を入金する
  • 2.取引用の資金をウォレット口座からトレード口座へ移動する
  • 3.取引通貨を選択し、レバレッジ取引で買いもしくは売りを注文する
  • 4.決済し、利益もしくは損失を確定させる

買い方の流れ

DMMビットコインで取引を始めるには、マイページにログインし、トレード口座をクリックします。
すると、別画面でトレード画面が開きます。

注文は、右側のストリーミング画面から銘柄選択を行うか、もしくはプライスパネルの銘柄部分をクリックすると、該当銘柄の注文画面がポップアップします。

DMMビットコイン 買い方の流れ

レバレッジ取引の注文方法

レバレッジ取引では、次の注文方法に対応しています。
なお、注文の有効期限は、自身がキャンセルするまで有効となるGTC(Good Till Cancel)方式です。

・ストリーミング
表示されている価格で注文する方法です。
注文ボタンをクリックしたときの価格のスリッページ範囲内であれば注文が成立します。

・指値
現時点の価格より有利となる、指定した価格で注文する方法です。
指定した価格で注文が成立します。

・逆指値
現時点での価格より不利な価格で発注を行う方法です。
指定したレートに達した時点で成行注文が行われますので、逆指値の価格とは乖離する場合もあります。

・OCO
「One Cancels the Other Order」の略で、2つの注文を同時に行い、一方が成立したら一方が取り消しされる注文方法です。

・IFD
「If Done」の略で、1つの注文が成立した場合に、次の注文が行われる方法です。
新規+決済の注文が1回で行われます。

・IFO
IFDとOCO注文を組み合わせたもので、1つの新規注文に2つの決済注文を同時に行う方法です。
一方の決済注文が成立した時点で、もう一方の決済注文は取り消されます。

スリッページの設定

DMMビットコイン スリッページの設定

スリッページとは、ストリーミング注文や逆指値注文が約定する際に発生する、表示価格と約定価格の差です。

注文の受付と処理の時間差により発生します。

レートの変動が大きい場合、スリッページにより意図しないレートで約定する可能性もあります。

そのため、あらかじめ許容できるスリッページを設定しておく必要があります。
ただし、スリッページの幅が狭すぎてしまうと、スリッページ幅以上に値動きがある場合に注文が約定しなくなる点には注意が必要です。

スリッページのオン・オフは注文画面で切り替えができます。
また、スリッページの幅は、設定画面から変更できます。

↑目次に戻る

ロスカットの基準やルール

DMMビットコインでは、損失が大きくなりすぎないように、証拠金の金額が一定割合以下になった場合に、自動的にロスカット注文が行われます。
なお、ロスカットに手数料はかかりません。

ロスカット基準

DMMビットコイン ロスカット基準
出典:bitcoin.dmm.com

ロスカット基準は、証拠金維持率が80%を下回った場合です。

100%を下回った段階で、メールによるアラート通知が行われるようになっています。

証拠金維持率や損益の計算方法

証拠金維持率の計算は以下の式で行われます。

「(純資産額−注文証拠金)÷ポジション必要証拠金×100」

証拠金維持率や損益は、ログイン後の口座状況サマリーやトレード画面から確認可能です。

証拠金維持率が80%を下回った場合、注文中の未約定分があれば、レバレッジ・現物ともに注文が取り消され、注文証拠金がゼロとなり、証拠金維持率が回復します。

注文がない状態で証拠金が80%を下回った場合には、ロスカット注文により自動的に保有中のポジションが反対売買されます。

追証について

DMMビットコインでは、ロスカット基準は維持率80%という厳格なルールのため、ロスカット注文が成立する前に証拠金がマイナスとなるリスクは非常に低く抑えられています。

ただし、万一相場の大きな変動でロスカット注文が約定する前に証拠金がマイナスになった場合には、追加の証拠金(追証)の差し入れが必要です。

↑目次に戻る

DMMビットコインの取引ツール

DMMビットコインは、PCのほか、タブレットやスマートフォンアプリでの取引が可能です。
それぞれ、複数のチャートやテクニカル指標の表示に対応しています。

チャート機能

通常チャート

DMMビットコイン 通常チャート

取引画面のプライスパネルから、銘柄の左のチャートのアイコンをクリックすると、銘柄ごとの通常チャートが表示されます。

チャート上では、テクニカル指標の表示や、トレンドライン、フィボナッチ・リトレースメントの描画も可能です。
チャート上からの発注にも対応しています。

比較チャート

DMMビットコイン 比較チャート

また、取引メニューからは、最大4銘柄を1つのチャートに表示する、比較チャートも利用でき、異なる銘柄間の相関関係やデータ差分の分析に対応しています。

テクニカル指標が豊富

DMMビットコイン テクニカル指標が豊富

DMMビットコインのチャートでは以下の各種テクニカル指標の表示が可能です。

トレンド

移動平均線(単純・指数平滑・加重)、一目均衡表、ボリンジャーバンド、ピボットポイント、エンベロープ、パラボリックSAR

オシレーター

MACD、RSI、RCI、スローストキャスティクス、ヒストリカル・ボラリティ、移動平均乖離率、モメンタム、ATR、DMI、ADX

↑目次に戻る

DMMビットコイン利用時の注意点

DMMビットコインで取引する場合には、いくつか注意点もあります。

ポジションが勝手に決済されてしまう場合の対処法

ポジションが勝手に決済されてしまう原因には、ロスカット注文の執行とFIFO注文の設定がオンとなっている可能性が考えられます。

ロスカットを防ぐには、取引用の資金を増やし、証拠金維持率を上げておくことが有効です。

FIFO注文とは、新規や決済を指定せずに注文する方法です。
反対のポジションを保有している状態で注文すると、自動的に決済注文として扱われます。

反対ポジションの決済を希望しない場合には、発注画面においてFIFO設定をオフにしておきましょう。

システム障害時の補填がない

DMMビットコインでは、多くの取引所と同様に、システム障害による機会損失の補填はありません。

また、異常なレート配信が行われた場合の対応については明記されていませんが、自動ロスカットルールにかかってしまうこともあるので注意が必要です。

↑目次に戻る

他取引所との比較

レバレッジ取引のスペックについて、他の取引所と比較してみました。

DMMビットコイン

DMMビットコインでは、14通貨ペアでレバレッジ取引が可能です。
レバレッジは全て5倍と、リスクを抑えた基準となっています。
最小取引単位は以下の通りです。

  • BTC/JPY 0.01BTC
  • ETH/JPY 0.1ETH
  • XEM/JPY 100XEM
  • XRP/JPY 100XRP
  • LTC/JPY 1LTC
  • ETC/JPY 1ETC
  • BCH/JPY 0.1BCH
  • ETH/BTC 0.1ETH
  • XEM/BTC 100XEM
  • XRP/BTC 100XRP
  • LTC/BTC 1LTC
  • ETC/BTC 1ETC
  • BCH/BTC 0.1BCH
  • ETC/ETH 1ETC

DMMビットコインの口座開設はこちら

GMOコイン

GMOコインは、レバレッジ取引は対円のみの取り扱いです。
また、レバレッジ倍数は、BTCのみ5倍・10倍が選択でき、他の通貨は5倍となっています。
最小取引単位は次の通りです。

  • BTC/JPY 0.01BTC
  • ETH/JPY 0.1ETH
  • BCH/JPY 0.1BCH
  • LTC/JPY 1LTC
  • XRP/JPY 100XRP

GMOコインの口座開設はこちら

bitFlyer

bitFlyerでは、「Lightning FX」というシステムでBTC/JPYのレバレッジ取引が可能です。
レバレッジは最高15倍まで、最小取引単位は0.001BTCとDMMビットコインやGMOコインよりも少額資金でのレバレッジ取引が可能です。

ただし、資金額やレバレッジ設定によってはリスクが大きくなる点に注意しましょう。

bitFlyerの口座開設はこちら

↑目次に戻る

DMMビットコインFXの評判や口コミ

DMMビットコインFXの評判を見てみましょう。
メリットとしては多様な取引ができること、デメリットとしてはスプレッドの広さが主に指摘されています。

↑目次に戻る

まとめ

DMMビットコインは、国内業者の中では最多の通貨ペアでレバレッジ取引が可能です。
また、日本円だけでなく、現物で保有している仮想通貨も証拠金の対象となるため、すでに仮想通貨を保有している人にとっての運用先としても活用できます。

操作方法もわかりやすく、仮想通貨のレバレッジ取引をはじめてみたいという方にもおすすめです。
スマホでの取引にも対応しているため、取引チャンスを逃しません。

DMMビットコインの口座開設はこちら

最終更新日: 2018-09-15

タグ:
DMMビットコイン レバレッジ

記事に関するお問い合わせ

「DMMビットコイン」に関する記事

DMMビットコインについてさらに詳しく知りたいならこちらをチェック

【口コミ・評判あり】DMM Bitcoinを利用するのってどうなの?メリット・デメリットを総まとめ
【口コミ・評判あり】DMM Bitcoinを利用するのってどうなの?メリット・デメリットを総まとめ
DMMビットコインで仮想通貨取引を始めよう!登録から入金までの流れ
DMMビットコインで仮想通貨取引を始めよう!登録から入金までの流れ

「取引所」に関する記事

取引所の記事は他にも多数!

大量の口コミを分析!Binance(バイナンス)の実際の評判から見るメリット・デメリット
大量の口コミを分析!Binance(バイナンス)の実際の評判から見るメリット・デメリット
【徹底解説】仮想通貨を日本円に換金してみよう!GMOコインの出金方法
【徹底解説】仮想通貨を日本円に換金してみよう!GMOコインの出金方法
【解説】bitbankの入金は銀行振込のみ?入金が反映されない原因や解決策を総まとめ
【解説】bitbankの入金は銀行振込のみ?入金が反映されない原因や解決策を総まとめ
【解説】ShapeShiftの使い方!登録なしで仮想通貨が両替可能
【解説】ShapeShiftの使い方!登録なしで仮想通貨が両替可能
GMOコインのFX取引を始めよう!<手数料やレバレッジ倍率など他取引所と徹底比較>
GMOコインのFX取引を始めよう!<手数料やレバレッジ倍率など他取引所と徹底比較>

DMMビットコインの人気の記事

「DMMビットコイン」で人気の記事を集めました

人気の記事

Cryptulで人気の記事を集めました

人気のキーワード

今Cryptulで話題のキーワードを集めました。

LINE@

Cryptul(クリプタル)のLINEアットで仮想通貨・暗号通貨の最新情報をゲットしよう!