Bitcoin
71万5,137円
0.96%
Ethereum
2万2,576円
0.69%
Ripple
50円
0.63%
Bitcoin Cash
4万9,668円
2.22%
EOS
597円
1.57%
Stellar Lumens
26円
-0.55%
Litecoin
5,844円
0.52%
Tether
107円
0.16%
Cardano
8円
-0.05%
Monero
1万1,540円
1.48%
TRON
2円
1.13%
IOTA
54円
-0.09%
Dash
1万7,061円
1.24%
Binance Coin
1,072円
0.75%
RaiBlocks
1,044円
-0.1%
NEO
1,831円
1.0%
Ethereum Classic
1,063円
0.7%
NEM
10円
5.52%
Tezos (Pre-Launch)
146円
2.28%
Walton
2,965円
-0.36%
Zcash
1万3,813円
0.3%
VeChain
1円
-0.71%
Dogecoin
0円
1.06%
Maker
7万5,674円
2.39%
0x
96円
-2.1%
OmiseGO
367円
0.42%
Bitcoin Gold
2,857円
-1.53%
Qtum
469円
8.45%
Ontology
201円
1.19%
Decred
4,185円
0.14%
Lisk
318円
-0.04%
Aeternity
151円
-0.8%
BitShares
11円
4.2%
Nano
224円
-0.09%
ICON
76円
1.15%
Zilliqa
3円
0.31%
Bitcoin Diamond
190円
0.12%
DigiByte
2円
2.87%
Siacoin
0円
1.27%
Basic Attention Token
28円
10.1%
Bytecoin
0円
0.91%
Steem
90円
0.26%
Bytom
24円
6.37%
Verge
1円
2.9%
Pundi X
0円
14.52%
Waves
219円
2.02%
GXShares
347円
-11.32%
empowr coin
870円
63.68%
TrueUSD
111円
0.57%
  1. 仮想通貨 >
  2. アルトコイン >
  3. Monero >
  4. 仮想通貨Monero(モネロ)は匿名性が強み!特徴と将来性まとめ

仮想通貨Monero(モネロ)は匿名性が強み!特徴と将来性まとめ

Monero(モネロ)は匿名性が特徴の仮想通貨です。この記事ではMoneroのメリットやデメリット、その他の匿名性通貨との違いなどを中心に解説していきます。

仮想通貨Monero(モネロ)とは

Monero 仮想通貨Monero(モネロ)とは

仮想通貨は特徴ごとにさまざまな分類がされていますが、Monero(モネロ)は匿名性が特徴の仮想通貨に分類されます。

国内の仮想通貨取引所では匿名性の高い仮想通貨がマネーロンダリングに使われてしまうことを危惧し、自主規制して取り扱っていませんが、海外では非中央集権的な通貨や匿名性の高い仮想通貨が人気となっています。

この記事では、そんなMonero(モネロ)について解説していきます。

Monero(モネロ)の概要

公開日 2014年4月18日
単位 XMR
発行上限 18,400,000
半減期 なし
アルゴリズム Proof of Work
設立者 Riccardo Spagni
価格 22,000JPY/XMR
時価総額 355,559,451,118円
時価総額順位 8位(2018年5月17日現在)

Monero(XMR)のチャートはこちら

Moneroが購入できる取引所

Monero(モネロ)を取り扱っている取引所は以下になります。

海外取引所

Monero(モネロ)を取り扱っている海外の主要な取引所は以下になります。

取引所名 取引手数料
Binance 0.1% サイトはこちら
Poloniex 0%~0.25% サイトはこちら
Bittrex 0.25% サイトはこちら
Upbit 0.25% サイトはこちら
OKEX 0.15%~0.05% サイトはこちら

日本の取引所

国内取引所では、以前までコインチェックがモネロを取り扱っていましたが、管理態勢などの面からMonero(モネロ)を含む匿名性の高い通貨の上場廃止を決定しました。

そのため、現在国内ではモネロを購入できる取引所は存在しません。
Monero(モネロ)を購入したいという方は海外の仮想通貨取引所で購入する必要があります。

コインチェックの上場廃止については以下の記事にまとめていますので、参考にしてください。

↑目次に戻る

Monero(モネロ)の特徴

モネロの最大の特徴は先ほどからご紹介している通り、その匿名性の高さです。

ここでは、具体的にどのような仕組みで匿名性を担保しているのかについて解説します。

匿名性に特化した送金の仕組み

Monero(モネロ)は送金時に匿名性を維持するために送り方に以下の特徴があります。

  • リング署名
  • ステルスアドレス
  • RingCT

ここでは、それぞれの特徴がどのような役割を担っているのか解説します。

リング署名

Monero(モネロ)ではCryptoNoteというプロトコルを利用して匿名性を高めており、CryptoNoteにはリング署名という技術が活用されています。

通常、仮想通貨を送金する場合は、各々が持っている秘密鍵と公開鍵を使って行われるため、誰から誰にいくら送金したのかがネットワーク上から判別できてしまいます。

しかし、リング署名の場合は、複数人の公開鍵をまとめた形で利用するため、誰が署名して送金したのか分からないものになっております。
また、この公開鍵をまとめる際に、1グループに属するだけでなく、2グループ、3グループと複数のグループに属すことも出来てしまうので、誰が、いつ、誰に対して幾ら送金したのかが特定することが出来なくなります。

この複数人の公開鍵をまとめた形で送金する点がリング署名と呼ばれております。

ステルスアドレス

ステルスアドレスとは、送金の受け手が一時的に有効なワンタイムアドレスを作り、当該アドレスを経由して送金する方法を言います。

ステルスアドレスを利用するために、まず送金者と受取人との間で共有鍵を受取人が生成します。

送金者はその共有鍵を利用してワンタイムアドレスに送金し、受取人はそのワンタイムアドレスに対して共有鍵を利用して受け取る仕組みになっております。

このワンタイムアドレスに取引履歴が管理されているため、公開アドレスを見ただけで誰から誰へ送金が行われたかを知ることができません。

このワンタイムアドレスと先程説明したリング署名を併せたものをワンタイムリング署名と呼んでいます。

Ring CT

RingCTとは、「Ring Coinfidential Transactions」の略で、日本語では「リング機密トランザクション」と呼ばれています。

RingCTは送金者が送金したMonero(モネロ)の「数量(金額)」を秘匿することが出来ます。

Monero(モネロ)はRingCTを2017年9月から導入しており、現在ではすべてのトランザクションにRingCTを適用しています。

以上3つの技術を採用することで、Monero(モネロ)は、いつ、どこで、誰が、誰に対して、いくら送金したのかを秘匿し、匿名性を維持することが可能になっています。

CPUマイニングが可能

次にMonero(モネロ)のマイニングについて解説します。

Monero(モネロ)はビットコインと同様、コンセンサスアルゴリズムにProof of Work(PoW)を採用しているため、マイニングが可能となっています。

また、Monero(モネロ)のマイニングの場合、GPUマイニングよりもCPUマイニングが適している点に特徴があります。

これは、Monero(モネロ)が採用しているCryptoNightというアルゴリズムではメモリに無作為にアクセスしてトランザクションを処理する必要があり、この処理にはGPUよりもCPUによる演算処理が適しているためです。

ASIC耐性

Monero ASIC耐性

ASICとは「Application Specific Integrated Circuit」の頭文字を取って「ASIC」と略されております。

これは「特定のアプリケーション用集積回路」と訳され、特定の用途のために作られた集積回路を指します。

かつてはビットコインも一般的に販売されているパソコンでマイニングが行われていましたが、ビットコインのマイニングに特化したマシンの登場によってハッシュパワーが急激に上昇し、一般的な家庭用パソコンではマイニングを行うことが出来なくなりました。

上述のように仮想通貨に特化したASICが登場するなか、Monero(モネロ)では、ASIC耐性をつけるために定期的なハードフォークによってアルゴリズムを変更することを公表しました。

このようにMonero(モネロ)では、一部のマイナーによるマイニングの寡占を防ぎ、分散型のネットワークを維持しようとしています。

Monero(モネロ)は以下のように、公式アナウンスでも定期的なハードフォークによってPoWを都度修正し、ASIC耐性を維持することを正式に発表しています。

PoW change
Lately, a common reoccurring subject has been ASIC resistance and how we should react to any (potential) threat from ASICs. This blog post sets out our (somewhat) formal stance on ASIC resistance and our intention to maintain ASIC resistance by swiftly reacting to any potential threat from ASICs and considering slightly modifying the PoW at every hardfork.

引用元: getmonero.org

取引の処理が速い

Monero(モネロ)の特徴として匿名性をあげましたが、もう一つの特徴として取引処理が速いことが挙げられます。

ビットコインの場合、1ブロックの容量は1MBと限られており、しかも10分に1度しかブロックの追加が行われないため、トランザクションが承認されるまでに時間がかかってしまうという問題が度々発生しています。

このような現象は、スケーラビリティ問題と呼ばれており、ビットコインではこの問題を解決する方法を巡って、2017年にハードフォークが実施されました。

一方、Monero(モネロ)の場合、1ブロックのサイズに制限が無いため、取引量が急増してもブロックサイズを大きくすることで対応可能となっています。

また、Monero(モネロ)のトランザクションの処理速度は2分から1分に変更されており、より速い取引処理を実現しています。

↑目次に戻る

Monero(モネロ)のデメリット

これまでMonero(モネロ)の特徴やメリットについて説明してきましたが、
Monero(モネロ)には以下のようなデメリットも存在します。

  • ダークウェブ上の違法取引に使用される可能性がある
  • 取引方法や保管方法が整備されていない

ここではMonero(モネロ)のデメリットについて具体的に解説していきます。

ダークウェブ上の違法取引に使用される可能性がある

ビットコインの場合は公開ネットワーク上で全ての取引履歴が閲覧可能なため、違法取引に利用することは出来ないのですが、Monero(モネロ)はその匿名性の高さから、ダークウェブ上で違法取引に使用されてしまうこともあります。

ダークウェブとは

ダークウェブは、深層ウェブの一部で、Tor(The Onion Router)やI2P(Invisible Internet Project)といった専用のネットワークを通じてのみアクセスすることができるウェブサイトで、匿名によるアクセスやホスティングが行われています。

要するに、匿名性の高さを利用して違法な取引が行われている闇サイトのことです。

ブラックマーケットの一つとされており、違法な方法で入手した物品やデジタルコンテンツが販売されていたり、ときにはマネーロンダリングに利用されたりします。

LibertasではMonero(モネロ)決済のみ採用

そんなダークウェブの一つとしてLibertasという新規サイトが立ち上がりましたが、このサイトではビットコインではなく、Monero(モネロ)による決済のみ受け付けが可能となっていました。

匿名性の高い通貨にはこのような本来の用途ではない方法で利用される可能性もあるため、日本国内では規制される傾向にあります。

今後はこのような違法取引に利用されないような対策を講じる必要があるといえるでしょう。

取引方法・保管方法が整備されていない

Monero(モネロ)のデメリットの2つ目として取引や保管に手間がかかることが挙げられます。

Monero(モネロ)では匿名性を維持するためにリング署名などの技術を採用しているため、送金までにいくつかのステップを経るなど手間がかかってしまいます。

また、Monero(モネロ)に対応したウォレットもほとんど出回っていないため、管理するのも一苦労でした。

しかし、現在では公式サイトからMonero(モネロ)対応のウォレットをダウンロードすることができるので、保管に関してのデメリットは解消されたといって良いでしょう。

公式ウォレットのダウンロードはこちら

↑目次に戻る

他の匿名通貨(コイン)との比較

Monero(モネロ)以外にもさまざまな匿名通貨が存在しており、
主要な通貨としてはDASHZcashが挙げられます。

ここでは、Monero(モネロ)とその他の匿名通貨の違いについて解説します。

DASH(ダッシュ) との違い

Monero DASH(ダッシュ) との違い

Dash(ダッシュ)は、2014年1月に公開された仮想通貨であり、当初はDarkcoin(ダークコイン)という名称でしたが2015年に改名してDash(ダッシュ)となりました。

Dash(ダッシュ)はMonero(モネロと異なり)、送金者と受取人の間に「取引のプール」を挟むことで匿名性を維持しております。

簡単に説明すると、複数のユーザーが送金した通貨を一度ひとまとめにし、区別がつかないようにすることで匿名性を維持しています。

Zcash(ジーキャッシュ)との違い

Monero Zcash(ジーキャッシュ)との違い

Zcash(ジーキャッシュ)は、2016年10月に公開された仮想通貨で、送金時に、送り手や送金金額、送金先などをすべて暗号化することによって匿名性を担保しています。

このような匿名の取引を可能にしているのが「ゼロ知識証明」になります。

ゼロ知識証明は、簡単に説明すると第三者が知りえない情報を取引相手に質問し、その質問に対する正答率によって相手が送金者本人であることを証明する方法です。

このような方法を取引に活用することでZcashは匿名性を維持しています。

DASH(ダッシュ)・Zcash(ジーキャッシュ)・Monero(モネロ)比較表

Monero(モネロ)、Dash(ダッシュ)、Zcash(ジーキャッシュ)の違いを以下の比較表にまとめたので参考にしてください。

Monero(モネロ) Dash(ダッシュ) Zcash(ジーキャッシュ)
公開日 2014年4月18日 2014年1月19日 2016年10月28日
開発者 MoneroProject DASH FOUNPATLON ズークウィルコックス
暗号化方式 CryptoNight x11 Equihash
認証アルゴリズム Proof of Work Proof of Work Proof of Work
承認時間 約2分 2.5分 2.5分
発行上限 1840万枚 2200万枚 2100万枚
匿名方法 リング署名、ワンタイムアドレス、RingCT 取引プール ゼロ知識証明
時価総額ランキング(2018年5月19日時点) 12位 13位 20位

↑目次に戻る

Monero(モネロ)の歴史と将来性

Monero Monero(モネロ)の歴史と将来性

Moneroの歴史と価格推移

2016年9月にコインチェックがMonero(モネロ)の取り扱いを開始してから価格が上昇し始めました。

2017年6月には価格がさらに上昇し、ピーク時には61000円と50倍の価格上昇を見せましたが、その後2017年末から2018年始には価格が大幅に下がりました。

年表 円建レート 考察
2016年9月 1300 日本国内の仮想通貨取引所CoincheckでMonero(モネロ)の取り扱い開始
2017年1月 1600 売り圧力が強まり下落
2017年5月 5500 仮想通貨がメディアに注目され始め価値が高騰
2017年7月 16000 韓国の大手仮想通貨取引所BithumbでMonero(モネロ)の取り扱い開始
2017年12月 54000 "Project Coral Reef発足、Monero(モネロ)決済のみの限定グッズ等販売
2018年1月 61000 価格がピークに到達
2018年1月~現在 22000 コインチェックの取り扱い中止や市場規模の縮小による下落

今後の開発ロードマップ

Monero 今後の開発ロードマップ
出典:getmonero.org

オレンジ色の丸は現在on goingで開発が進められているもので、現在はサブアドレスやマルチシグ対応といった機能が開発されています。

サブアドレスによって、Monero(モネロ)の利用用途の幅が広がる可能性があり、また、マルチシグネチャ対応が実装されると通貨としてよりセキュアになるため、将来的には利便性や安全性に優れた通貨として発展していくことが予想されます。

開発チームの実績

Moneroは、7人のコア開発者と50人以上の技術者によって開発されています。

開発チームはこれまでに、さまざまな取り組みを行っており、主要なものとしては以下の取り組みが挙げられます。

  • リングサイズの調整
  • RingCTの導入
  • RingCTのブロックサイズの修正
  • ブロックサイズの最小サイズを調整
  • ダイナミックフィーアルゴリズムの導入
  • ウェブサイトのリデザイン
  • 公式ウォレットの開発
  • ASIC対策のハードフォーク

また、既にロードマップには開発チームの今後の取り組みが公開されており、更なる改善が見込まれます。

Moneroのハードフォークについて

前述の通り、Monero(モネロ)はASIC耐性をつけるためのハードフォークを実装し、現在はMonero(モネロ)とMoneroVの2つに通貨に分岐しています。

当初の予定では2018年3月14日頃(1529810ブロック目)にハードフォークによるアップデートが行われる予定でしたが、4月10日にハードフォークを4月30日頃(1564965ブロック目)に延期するとの情報が公表されました。

その後、1564965ブロック目付近でにハードフォークが実装され、Monero(モネロ)の保有者に対し1Monero(モネロ)につき10MoneroV(モネロV)がエアロドップされました。

しかし、現在このMoneroV(モネロV)を取り扱うと発表している仮想通貨取引所はないため、引き続き取引所の上場予定をチェックする必要があります。

使い道・ユースケース

Monero(モネロ)は主に決済手段として利用されています。

しかし、Monero(モネロ)は匿名性が高さから追跡が困難であり、現在は闇市場(ブラックマーケット)での決済利用がほとんどとなっています。

また、その他のユースケースもMonero(モネロ)の匿名性を悪用したもので、マネーロンダリング(資金洗浄)などに使われてしまっています。

↑目次に戻る

まとめ

  • Monero(モネロ)は国内の取引所では扱われていない
  • Monero(モネロ)の匿名性はリング署名、ステルスアドレス、RingCTによって担保されている
  • マイニングにはCPUマイニングが適している
  • 一方でASIC耐性に注力しており、最近では対策の一環としてハードフォークを実施している
  • Monero(モネロ)はブロックサイズに制限がないため取引の処理速度が速い
  • Monero(モネロ)は匿名性の高さから違法取引などの決済に利用されている
  • 取引や保管に手間がかかるというデメリットがある
  • Monero(モネロ)DASHやZcashは異なる匿名性の維持方法を採用している
  • 現在開発中のサブアドレスやマルチシグによって発展していく可能性がある

今後、Monero(モネロ)が匿名性の維持と匿名性の悪用防止をどのように両立していくのか注目です。

最終更新日: 2018-06-26

タグ:
Monero

記事に関するお問い合わせ

人気の記事

Cryptulで人気の記事を集めました

人気のキーワード

今Cryptulで話題のキーワードを集めました。

LINE@

Cryptul(クリプタル)のLINEアットで仮想通貨・暗号通貨の最新情報をゲットしよう!

Moneroに関する直近のイベント

2018/09/30 BulletProofを実装