Bitcoin
71万5,137円
0.96%
Ethereum
2万2,576円
0.69%
Ripple
50円
0.63%
Bitcoin Cash
4万9,668円
2.22%
EOS
597円
1.57%
Stellar Lumens
26円
-0.55%
Litecoin
5,844円
0.52%
Tether
107円
0.16%
Cardano
8円
-0.05%
Monero
1万1,540円
1.48%
TRON
2円
1.13%
IOTA
54円
-0.09%
Dash
1万7,061円
1.24%
Binance Coin
1,072円
0.75%
RaiBlocks
1,044円
-0.1%
NEO
1,831円
1.0%
Ethereum Classic
1,063円
0.7%
NEM
10円
5.52%
Tezos (Pre-Launch)
146円
2.28%
Walton
2,965円
-0.36%
Zcash
1万3,813円
0.3%
VeChain
1円
-0.71%
Dogecoin
0円
1.06%
Maker
7万5,674円
2.39%
0x
96円
-2.1%
OmiseGO
367円
0.42%
Bitcoin Gold
2,857円
-1.53%
Qtum
469円
8.45%
Ontology
201円
1.19%
Decred
4,185円
0.14%
Lisk
318円
-0.04%
Aeternity
151円
-0.8%
BitShares
11円
4.2%
Nano
224円
-0.09%
ICON
76円
1.15%
Zilliqa
3円
0.31%
Bitcoin Diamond
190円
0.12%
DigiByte
2円
2.87%
Siacoin
0円
1.27%
Basic Attention Token
28円
10.1%
Bytecoin
0円
0.91%
Steem
90円
0.26%
Bytom
24円
6.37%
Verge
1円
2.9%
Pundi X
0円
14.52%
Waves
219円
2.02%
GXShares
347円
-11.32%
empowr coin
870円
63.68%
TrueUSD
111円
0.57%
  1. 仮想通貨 >
  2. ニュース >
  3. 億り人どころじゃない!仮想通貨業界を動かす重要人物26人

億り人どころじゃない!仮想通貨業界を動かす重要人物26人

億り人という言葉をご存知ですか?これまでは投資によって1億円の利益を得た人たちを指す言葉でしたが、最近では仮想通貨への投資によって、億単位の利益を上げた人たちを「億り人」と呼んでいます。しかし、仮想通貨業界にはそんな億り人を遥かに凌ぐ影響力を持つ重要人物が存在します。

目次

仮想通貨業界の重要人物の発言に注目!

仮想通貨ブームによって多くの人が億単位の利益を得るなか、
「億り人」を遥かに凌駕するほどの影響力をもつ人物たちがいます。

彼らの発言によって仮想通貨市場の相場が動くこともあるため、
Twitterアカウントやニュースなどでの発言は要チェックです。

この記事では、そのような絶大な影響力をもつ重要人物を紹介していきます。

↑目次に戻る

仮想通貨を生み出した、ビットコインの初期の開発者

Satoshi Nakamoto(サトシ・ナカモト)

ビットコインの生みの親とされる人物です。

2008年に「Bitcoin:A Peer-to-Peer Electronic Cash System(ビットコイン:P2P暗号通貨システム)という論文をインターネット上の暗号理論に関するメーリングリストに発表したこと注目を集めました。

2009年1月にはサトシ・ナカモトが実装したとされるプログラムがインターネット上で配布され、実際に稼働を始めました。

稼働を始めた当初は、プログラムの問題で大量のビットコインがマイニングされるというという出来事もありましたが、それ以降は大きな問題も起こらないまま今日まで続いています。

同氏は、その後もビットコインの開発に携わり続けていましたが、2010年半ばには開発チームやコミュニティへの参加を控えるようになり、最終的にはすべてのプロジェクトから身を引き、ビットコインの世界から姿を消してしまいました。

現在は有志によるコミュニティが開発を引き継ぎ、ビットコインシステムの改良を続けています。

仮想通貨のブームにより、世界中から注目を集めるサトシ・ナカモトですが、その正体は不明で、国籍や性別も一切わかっていません。

2016年には、オーストラリアの起業家であるクレイグ・スティーブン・ライトがサトシ・ナカモトは自分だと名乗り出ましたが、未だ確定はされていません。

Hal Finney(ハル・フィニー)

Hal Finney(ハルフィニー)
出典:twitter.com

ハルフィニーは、サトシ・ナカモトが開発したビットコインのプログラムに興味をもち、彼(彼女)と協力してビットコインのシステムを構築した人物です。

またプログラムの完成後、最初にビットコインを受け取った人物でもあります。

同氏は、2013年に筋萎縮性側索硬化症(ALS)に罹患していることを明らかにし、翌2014年の8月28日に58歳で亡くなりました。

その遺体は本人の希望により冷凍保存され、人体冷凍術の発展に貢献するとともにALSの治療法が確立されるまで保存される予定となっています。

Martti Malmi(マルッティ・マルミ)

Martti Malmi(マルッティマルミ)
出典:twitter.com

マルッティ・マルミもビットコイン開発の初期のメンバーとして有名です。

ビットコインが稼働を始めた2009年5月頃、当時ヘルシンキ工科大学の2年生だった同氏は、サトシ・ナカモトに直接メールを送り、何か手伝えることはないか、と申し出ました。

プログラミングはそれほど得意ではないものの、ビットコインにどのような価値があるかを理解しており、サトシ・ナカモトからビットコインのウェブサイトの全権を委ねられました。

また、同年の秋にはビットコイン・フォーラムを開設し、その後、フォーラム参加者の一人と初めてドルとビットコインの取引を行いました。

Twitterアカウントはこちら

Gavin Andresen(ギャビン・アンドリーセン)

Gavin Andresen(ギャビンアンドリーセン)
出典:twitter.com

2010年頃からビットコインの開発に携わり始めた人物で、元々は3DグラフィックやVRソフトの開発者でした。

当時サトシ・ナカモトとマルッティ・マルミが行っていたビットコインのコード変更に参加し、ビットコインプロジェクトに大きく貢献しました。

その後、BitcoinのコアであるBitcoinネットワーク用ソフトウェアや、Bitcoin TXの開発に貢献しました。

同氏は過去にSegwitについて言及しており
Segwitをビットコインに早急に導入することを勧める一方、スケーラビリティの根本的な解決にはならないとの発言しています。

2012年にはビットコインの普及を目的としてビットコイン財団を共同設立していますが、MITメディア・ラボのデジタル通貨イニシアティブに加入したことを機に、ビットコイン財団を去りました。

最近ではNHKの【クローズアップ現代】の『仮想通貨VS国家 ビットコインの衝撃』でインタビューを受けた際に、以下の発言をしています。

ビットコインでは、主導権は政府や銀行ではなく、利用者にあるのです。
民主主義的なお金だからこそ、人を動かす力があるんです。

Twitterアカウントはこちら

【Blockstream CSO】Samson Mow(サムソン・モウ)

【Blockstream CSO】Samson Mow(サムソンモウ)

サムスン・モウは、ビットコインやブロックチェーン関連の開発を行っているBlockstreamのCSO(Chief Strategy Officer)です。

Blockstreamには、「Bitcoin Core」の主要開発者が所属しており、(コア派)
現在は、ビットコインのトランザクション性能に関する問題を解決するために、「Lightning Network(LN)」と呼ばれるサイドチェーンの開発を行っています。

LNの実装にはSegWit仕様を前提としていますが、これまでSegWitの導入には一部のマイナーが反発していました(BCH派)。

同氏は、ハッシュパワーが一部のマイナーに偏っている状況を変えるため、
UASF(User-Activated SoftFork)を強く支持し続け、昨年8月24日にはビットコインネットワーク上でSegWitを稼働させることに成功しました。

Twitterアカウントはこちら

↑目次に戻る

絶大な影響力をもつシェア上位のマイニングファーム経営者

【BITMAIN共同設立者】Jihan Wu(ジハン・ウー)

【BITMAIN共同設立者】Jihan Wu(ジハンウー)
出典:twitter.com

ジハン・ウーは大手マイニングファームであるBITMAINの共同設立者です。

同社はマイニングのためのASCIチップの開発も行っており、マイニングハードウェアの開発からクラウドマイニングまで幅広い事業を手掛けています。

また、同氏はAntPoolとBTC.comの2社の経営も行っており、両社を合わせたビットコインのマイニングシェアは40%にも及びます。

2017年には、仮想通貨業界で最も影響力がある人物として選出されています。

以前ビットコインキャッシュが高騰した際には、同氏がビットコインキャッシュに関するツイートをしたことが原因なのではないか、といわれたほどの影響力を持っています。

最近では、仮想通貨市場や仮想通貨の今後について言及しており、注目を集めました。

Twitterアカウントはこちら

【Bitcoin.com CEO】Roger Ver(ロジャー・バー)

【Bitcoin.com CEO】Roger Ver(ロジャーバー)
出典:twitter.com

ロジャー・バーは、初期からビットコインに多額の投資をしており、現在保有しているビットコインは25万BTCといわれています。

同氏は、Bitcoin.comのCEOを務めており、ほかにもビットコイン財団を共同設立するなど、仮想通貨の世界では非常に有名な人物です。

ジハン・ウーと同じく、同氏がビットコインキャッシュを支持する発言をしたことが、ビットコインキャッシュ高騰の原因となったといわれています。

Twitterアカウントはこちら

【BTC.TOP CEO】Jiang Zhuoer(ジアン・ズオア)

【BTC.TOP CEO】Jiang Zhuoer(ジアンズオア)
出典:twitter.com

ジアン・ズオアは、大手マイニングファームの一角であり、約26%のマイニングシェアを占めるBTC.TOPの共同設立者兼CEOです。

BTC.TOPはマイニングプールについても全体のシェアの内の8.3%を占めています。

以前から注目を集めていた人物ですが、中国でのマイニングに対する規制が強化された際に、いち早くカナダに移転してマイニング業務を行う判断をしたことで話題となりました。

同氏は、ビットコインゴールドに対しては否定的な見方をしていて、今後はビットコインキャッシュを支持していくそうです。

Twitterアカウントはこちら

↑目次に戻る

仮想通貨業界に変革を起こす創設者

【イーサリアム創設者】Vitalik Buterin(ヴィタリック・ブテリン)

【イーサリアム創設者】Vitalik Buterin(ヴィタリックブテリン)
出典:twitter.com

イーサリアムを考案したヴィタリック・ブテリンも重要人物の一人です。

過去に、ビットコインの研究を兼ねて、ビットコイン関係の記事の執筆を行っており、この時期にイーサリアムの構想を練っていたようです。

また、同氏はPeter Thiel(ピーター・ティール)が大学中退者に10万ドルの支援を行う「Thiel Fellowship」に選ばれており、その資金を元手にビットコインプロジェクトを見て回る旅に出ました。

その後、同氏は世界初となる仮想通貨に特化した出版物を発行したBitcoin Magazine社を共同設立しました。

また、19歳のときにはブロックチェーンプラットフォームの「Ethereum」を考案し、新たにスマートコントラクトと呼ばれる技術を開発しました。

現在、Ethereumはプラットフォームとして多くのサービスに活用されており、その結果、世界第2位の時価総額を誇っています。

最近では、アジアを拠点としてサービスを展開する分散型の決済プラットフォームである「OmiseGO」のアドバイザーも務めており、仮想通貨業界に広く貢献しています。

また最近では、ICOのスキャム問題を解決するべく、
新たなICOモデル「DAICO」を提唱するなど、仮想通貨業界に変革をもたらしています。

Twitterアカウントはこちら

【ライトコイン創設者】Charlie Lee(チャーリー・リー)

【ライトコイン創設者】Charlie Lee(チャーリーリー)

チャーリー・リーは、マサチューセッツ工科大学で学士号、修士号を取得後、Googleのエンジニアとして6年間働き、その後ライトコインを考案しました。

過去にはライトコインを開発するために、ビットコインウォレット大手のコインベースに勤務し、役員も務めていましたが、現在は退いています。

2017年12月には、自身が保有するライトコインをすべて手放したことで大きな話題となりました。

同氏は、その理由について大量のライトコインを保有している状態でライトコインに言及すると、その発言によって価格が変動することから、自身の利益のために発言しているのではないかと批判されることがあるためとのコメントをしています。

Twitterアカウントはこちら

【Ripple、Stellar創設者】Jed Mccaleb(ジェド・マケーレブ)

【Ripple、Stellar創設者】Jed Mccaleb(ジェドマケーレブ)

ジェド・マケーレブは、Rippleやステラといった仮想通貨を考案したことで有名です。

また、同氏は、日本で大きな事件となった取引所のマウントゴックスを創設した人物でもあります。

Twitterアカウントはこちら

【Ripple共同創設者】Chris Larsen(クリス・ラーセン)

【Ripple共同創設者】Chris Larsen(クリスラーセン)
出典:promati.club

クリス・ラーセンはRippleの共同創設者です。
以前はRippleのCEOでしたが、すでに退任しており、現在はRippleの会長を務めています。

1月にはRippleの高騰によってFacebookの創設者であるザッカーバーグを超えて世界長者番付4位となったことで注目を集めました。

今後もRippleに動きがあるたびに注目されるでしょう。

Twitterアカウントはこちら

【Bitcoin.com共同創設者】Emil Oldenburg(エミールオルデンバーグ)

【Bitcoin.com共同創設者】Emil Oldenburg(エミールオルデンバーグ)
出典:twitter.com

エミール・オルデンバーグは、Bitcoin.comの共同創設者の1人です。

同氏は以前、ビットコインが抱える手数料の高額化や送金処理の遅れ、送金詰まりなどの理由から、ビットコインに未来がないと考え、自身が持っているBTCをすべて手放したことで話題となりました。

しかし仮想通貨から手を引くわけではなく、現在はビットコインキャッシュに注目しているそうです。

Twitterアカウントはこちら

【Xapo創設者】Wences Casares(ウェンセス・カサレス)

【Xapo創設者】Wences Casares(ウェンセスカサレス)
出典:fortune.com

ウェンセス・カサレスは、スイスに拠点を置くウォレットサービス会社のXapoの創設者兼CEOです。

同氏は、過去にアルゼンチン初のインターネットプロバイダを創業し、オンラインブローカーの「Patagon」を7億5,000万ドルでバンコサンタンデールへと売却しています。
その後はブラジルで「Banco Lemon」を立ち上げ、モバイル決済サービスである「Bling Nation」や「Lemon Wallet」などを創業し、2013年に売却しています。

このような実績から、シリコンバレーですでに影響力を持つようになっていた2011年末に、同氏はビットコインに出会いました。

そして、その魅力に取りつかれたウェンセス・カサレスは、ビットコインの魅力をPayPalのデービット・マーカスや、アンドリーセンホロウィッツのマーク・アンドリーセンといったシリコンバレーの重要人物に広めました。

このような功績からビットコインをシリコンバレーに伝えた伝道師と呼ばれています。

最近では、ビットコインやブロックチェーンに対して興味深い実験だとコメントし、成功するかどうかを見極めるには5年から10年の時間がかかるだろうとの発言をしています。

また、ビットコインの成功確率は50%以上と見込んでおり、成功したら1BTCが100万ドルに達するだろうという見解を示しています。

現在はビットコインの手数料増加問題の改善を目指していますが、解決が困難な場合にはビットコインキャッシュやイーサリアムへと乗り換えることを検討しているようです。

Twitterアカウントはこちら

↑目次に戻る

ビットコインを大量に保持、先見の明をもつ初期投資家

Winklevoss Twins(ウィンクルボス兄弟)

Winklevoss Twins(ウィンクルボス兄弟)
出典:www.gizmodo.jp

ウィンクルボス兄弟といえば、Facebookのアイデアを盗まれとして訴え、6500万ドルの賠償金を得たことで有名となりました。

その賠償金を元手としてビットコインに投資し、世界最大のビットコイン所有者の1人(2人)となりました。

過去には、ビットコインはその送金のしやすさや安全性、代替性などで従来の資産よりも利点が多く、長期的な性能や技術も信用しているため、最低でもこの先数年は売却するつもりはないとの発言をしています。

また、ウィンクルボス兄弟はジェミニという取引所も経営しており、有名な仮想通貨アナリストや仮想通貨ヘッジファンドからも高い評価を受けているため、現在の評価は過小評価であるといわれています。

Twitterアカウントはこちら

Twitterアカウントはこちら

Barry Silbert(バリー・シルバート)

Barry Silbert(バリーシルバート)
出典:twitter.com

Digital Currency Groupの創業者で、ベンチャーキャピタリストでもあるバリー・シルバートは、初期のビットコイン投資家で、オークションによって48,000BTCを得たといわれていています。

このとき購入したBTCの価値はその後16倍にも膨れ上がったそうです。

また、同氏はグレイスケール・インベストメンツという仮想通貨投資ファンドも率いており、ビットコインの指数ファンドに続いてイーサリアムの指数ファンドも上場させる計画を立ちあげています。

このイーサリアムの指数ファンドの対象はイーサリアムクラシックとなっていますが、これは同氏が、The DAO事件への対処としてハードフォークをしたイーサリアムを非難しているからであると考えられます。

Twitterアカウントはこちら

Tim Draper(ティム・ドレーパー)

Tim Draper(ティムドレーパー)
出典:en.wikipedia.org

ティム・ドレーパーはスカイプに初期のうちから投資をしていたことで大富豪となったベンチャーキャピタリストで、ビットコインにも初期から投資していました。

しかし、14年2月にマウントゴックス事件が起こった際に、同氏の保有する4万ビットコインが盗まれたことで、一時はビットコインは終わりだと思ったようです。

その後、ビットコインの価値が1割から2割程度下がるに留まったのを見て、自身の考えを改め、米連邦保安局のオークションで販売されていた押収品の30,000BTCを1,800万ドルで競り落としました。

現在、同氏が保有するBTCの価値は2億ドル相当となっています。

ティム・ドレーパーは、ビットコインをインターネット以来の素晴らしい技術であると評価しており、今後、社会的変化をもたらす現象であるとして、以下のような発言をしています。

今から5年後には法定通貨を持ち歩くことが無くなり、みんながビットコインを持ち歩くようになるだろう。

仮想通貨同士の両替レートも出て、スターバックスのコーヒーを買うにも仮想通貨ウォレットを差し出して、一番価値がある仮想通貨を選んで自動的に支払いが行われる世界が来る。

引用元: www.bloomberg.co.jp

また最近では、同氏が会社の資産を一部切り崩し、TezosのICOに投資していたとして注目を集めました。

Twitterアカウントはこちら

Charlie Shrem(チャーリー・シュレム)

Charlie Shrem(チャーリーシュレム)
出典:tradebitlab.com

チャーリー・シュレムはビットコインの普及を目的としたビットコイン財団の創設者の1人で、初期にビットコインを取得した1人でもあります。

同氏はビットコイン財団創設後、ビットコイン為替交換所BitInstantを設立しました。

しかし、銃やコカインの違法取引やマネーロンダリングなどを行っていたシルクロード事件に関与していたため、2年間の懲役刑を受けました。

同氏は出所後に、ブロックチェーンによるプライベート・エクイティ・ベンチャーのインテリシス・キャピタルを立ち上げており、世界初のブロックチェーン投資ファンド「メインストリート・インベストメント(MLP)」の提供を目指しています。

2017年1月15日、「mainstreet investment token」というトークンセールを開始しましたが、3月には技術的な問題から販売を中止し、投資家に資金を返却しています。

Twitterアカウントはこちら

Tony Gallippi(トニー・ガリッピ)

Tony Gallippi(トニーガリッピ)
出典:twitter.com

仮想通貨ウォレットを提供するBitpayの共同開発者兼社長であるトニー・ガリッピは、ビットコインの最大保有者の一人といわれています。

公表はされていませんが、推測では2億ドル相当のビットコインを保有していると噂されています

Twitterアカウントはこちら

↑目次に戻る

日本の仮想通貨取引所の創業社長

加納裕三(bitFlyer代表取締役)

加納裕三(bitFlyer代表取締役)
出典:www.bitflyer.jp

加納裕三氏は、日本の大手仮想通貨取引所であるbitFlyerの社長です。

当初、同氏は仮想通貨に対して懐疑的な気持ちを抱いていましたが、2013年にその価値が何十倍にも増大したことから仮想通貨の将来性に期待を抱き、2014年にbitFlyerを創業しました。

Twitterアカウントはこちら

和田晃一良、大塚雄介(Coincheck代表取締役、COO)

和田晃一良、大塚雄介(Coincheck代表取締役、COO)

和田晃一氏は大手仮想通貨取引所Coincheckの代表取締役、
大塚雄介氏は、同社のCOO事業推進本部長を務めています。

同氏らが運営するCoincheckは、先日NEMの不正流出事件により世間から
注目されるようになりました。

今後は、Coincheckの仮想通貨交換事業者としての登録を目指し、
信頼回復に努めていくようです。

Twitterアカウントはこちら

朝山貴生(テックビューロ(Zaif)代表取締役)

朝山貴生(テックビューロ(Zaif)代表取締役)
出典:www.sbbit.jp

朝山貴生氏は、大手仮想通貨取引所のZaifを運営するテックビューロで代表取締役を務めています。

同氏は、「Token Spoken」(自身のブログ)を運営しており、そこで情報発信を行っています。

ブログはこちら

片桐孝憲(DMM代表取締役)

片桐孝憲(DMM代表取締役)

片桐孝憲氏はDMM.comの代表取締役であり、アニメイトホールディングスの取締役も務めています。

DMMは仮想通貨取引所やクラウドマイニング事業を展開しており、今後は国内の仮想通貨市場に影響を与えるようになると考えられます。

Twitterアカウントはこちら

↑目次に戻る

仮想通貨市場に影響を与える発言力をもつ著名投資家

John McAfee(ジョン・マカフィー)

John McAfee(ジョンマカフィー)
出典:ja.wikipedia.org

ジョン・マカフィーは、MGT Capital Investmentsの社長であり、アンチウイルスソフトで有名なMcAfee Associatesを設立した人物でもあります。

同氏は金融業界において大きな影響を持っており、彼のTwitterでの発言によって、仮想通貨の価格が急騰することもあるようです。
(マカフィー砲として有名)

しかし、2017年12月にはその影響力からツイッターのアカウントがハックされてしまい、偽のメッセージが送信される事件が起きました。

そのメッセージに基づき、さまざまなコインが買われたため、ツイートされた通貨はどれも一時的に2倍から3倍に高騰しました。

その後、アカウントがハッキングされたとのツイートに対する自身への批判には以下のようなコメントをしました。

現在、同氏はゲームデベロッパーであったMGTをセキュリティとビットコインマイニングの企業へと転換しており、すでに月10万ドル程度の売り上げをあげています。

さらに、中国の大手マイニングファームBITMAINと共同でマイニングプールを創設することに合意しており、その他にもセキュリティ関連のソフトウェアを開発している企業などを積極的に買収し、暗号技術の拡張を目指しています。

Twitterアカウントはこちら

Warren Buffett(ウォーレン・バフェット)

Warren Buffett(ウォーレンバフェット)
出典:ja.wikipedia.org

アメリカの投資家であるウォーレン・バフェットは、世界最大の投資持ち株会社であるバークシャー・ハサウェイの筆頭株主でもあり、会長兼CEOでもあります。

史上最高の投資家ともいわれている同氏の発言には多くの投資家が注目しています。

2018年1月10日のCNBCのインタビューで、同氏は仮想通貨に対し悲観的は見解を示しました。

Twitterアカウントはこちら

【JPモルガン・チェース CEO】Jamie Dimon(ジェイミー・ダイモン)

【JPモルガンチェース CEO】Jamie Dimon(ジェイミーダイモン)
出典:en.wikipedia.org

JPモルガン・チェースのCEOであるジェイミー・ダイモンは、かつてビットコインの価格高騰を批判して、ビットコインを詐欺だと語っていましたが、2018年1月にその発言を撤回し、ブロックチェーンは本物だと認めました。

詐欺だといわれた際にはビットコインの価格が24%も下落し、ジェイミー・モルガンには痛烈な批判が集まりました。

最終更新日: 2018-03-27

タグ:

記事に関するお問い合わせ

「ニュース」に関する記事

ニュースの記事は他にも多数!

【先週のニュース】2018年7月22~28日の注目仮想通貨ニュースまとめ
【先週のニュース】2018年7月22~28日の注目仮想通貨ニュースまとめ
【先週のニュース】2018年7月15~21日の注目仮想通貨ニュースまとめ
【先週のニュース】2018年7月15~21日の注目仮想通貨ニュースまとめ
仮想通貨規制、「改正資金決済法」から「金商法」への移行を検討か
仮想通貨規制、「改正資金決済法」から「金商法」への移行を検討か
【先週のニュース】2018年6月24~30日の注目仮想通貨ニュースまとめ
【先週のニュース】2018年6月24~30日の注目仮想通貨ニュースまとめ
中国の仮想通貨取引所「Huobi」が日本居住者向けサービス停止
中国の仮想通貨取引所「Huobi」が日本居住者向けサービス停止

人気の記事

Cryptulで人気の記事を集めました

人気のキーワード

今Cryptulで話題のキーワードを集めました。

LINE@

Cryptul(クリプタル)のLINEアットで仮想通貨・暗号通貨の最新情報をゲットしよう!