Bitcoin
71万5,137円
0.96%
Ethereum
2万2,576円
0.69%
Ripple
50円
0.63%
Bitcoin Cash
4万9,668円
2.22%
EOS
597円
1.57%
Stellar Lumens
26円
-0.55%
Litecoin
5,844円
0.52%
Tether
107円
0.16%
Cardano
8円
-0.05%
Monero
1万1,540円
1.48%
TRON
2円
1.13%
IOTA
54円
-0.09%
Dash
1万7,061円
1.24%
Binance Coin
1,072円
0.75%
RaiBlocks
1,044円
-0.1%
NEO
1,831円
1.0%
Ethereum Classic
1,063円
0.7%
NEM
10円
5.52%
Tezos (Pre-Launch)
146円
2.28%
Walton
2,965円
-0.36%
Zcash
1万3,813円
0.3%
VeChain
1円
-0.71%
Dogecoin
0円
1.06%
Maker
7万5,674円
2.39%
0x
96円
-2.1%
OmiseGO
367円
0.42%
Bitcoin Gold
2,857円
-1.53%
Qtum
469円
8.45%
Ontology
201円
1.19%
Decred
4,185円
0.14%
Lisk
318円
-0.04%
Aeternity
151円
-0.8%
BitShares
11円
4.2%
Nano
224円
-0.09%
ICON
76円
1.15%
Zilliqa
3円
0.31%
Bitcoin Diamond
190円
0.12%
DigiByte
2円
2.87%
Siacoin
0円
1.27%
Basic Attention Token
28円
10.1%
Bytecoin
0円
0.91%
Steem
90円
0.26%
Bytom
24円
6.37%
Verge
1円
2.9%
Pundi X
0円
14.52%
Waves
219円
2.02%
GXShares
347円
-11.32%
empowr coin
870円
63.68%
TrueUSD
111円
0.57%
  1. 仮想通貨 >
  2. 取引所 >
  3. GMOコイン >
  4. 【解説】<GMOコインの送金方法>送金にかかる時間や送金におすすめの仮想通貨は?

【解説】<GMOコインの送金方法>送金にかかる時間や送金におすすめの仮想通貨は?

この記事ではGMOインターネットグループが運営する仮想通貨取引所GMOコインにおける送金方法について、送金時間や送金制限と合わせて詳しく解説していきます。

GMOコインとは

GMOコイン GMOコインとは
取引所 GMOコイン
運営会社名 GMOコイン株式会社
設立 2016年10月
資本金 17.58億円(準備金含む)
所在地 東京都渋谷区桜丘町20-1渋谷インフォースタワー
役員 代表取締役会長:高島 秀行、代表取締役社長:石村 富隆
事業者登録 関東財務局長 第00006号
取り扱い通貨数 5種類
取引手数料 現物売買:無料、FX:レバレッジ手数料、建玉ごとに0.04%/日

GMOコインは、東証一部上場企業のGMOインターネットグループのグループ企業であるGMOコイン株式会社が運営する仮想通貨交換所です。

仮想通貨の現物売買だけでなく、レバレッジを使った仮想通貨FXにも対応しています。

また、取引手数料や入金手数料など各種手数料となっており、少額からの投資でも利用しやすくなっています。

GMOコインでは5種類のコインを取り扱っています。

  • ビットコイン(BTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • イーサリアム(ETH)
  • リップル(XRP)
  • ライトコイン(LTC)

GMOコインの口座開設はこちら

↑目次に戻る

GMOコインの送金方法

この項目では、GMOコインからの送金方法について解説していきます。

GMOコインからBinanceに送金する場合

国内の取引所から送金する場合に多いのが、海外の取引所で取引を行うために仮想通貨を送金する必要があるというものです。

そのため、ここではGMOコインからBinane(バイナンス)にビットコインを送金する場合の手順について説明します。

Binanceの口座を持っていない方は、以下の記事を参考に口座開設してみてください。

Binanceの入金アドレスを確認する

GMOコインからBinanceにビットコインを送金する場合は、公式サイトからBinanceにログインして、ビットコインの入金アドレスを取得する必要があります。

ログインしたら、画面右上にあるメニューバーから赤枠で囲った「Funds」をクリックします。

GMOコイン Binanceの入金アドレスを確認する

「Funds」をクリックすると、下にサブメニューが表示されるので、サブメニューから赤枠で囲った「Deposits」を選択します。

GMOコイン Binanceの入金アドレスを確認する

「Deposits」を選択すると、下の画像の同じ仮想通貨の預け入れ画面に切り替わります。

画面上部の赤枠で入金したい銘柄を選択します。
今回はビットコインを入金するため、「BTC」を選択します。

次に、画面下部の赤枠にビットコインの入金用アドレスが表示されるので、このアドレスをコピーするか、QRコードを表示させます。

GMOコイン Binanceの入金アドレスを確認する

GMOコインでビットコインの送金画面を開く

次に、送金元であるGMOコインにログインして会員ホーム画面を開きます。
ホーム画面を開いたら、画面左側の入出金の項目から赤枠で囲った「仮想通貨」をクリックします。

GMOコイン GMOコインでビットコインの送金画面を開く

すると、下の画像のように送金可能な仮想通貨の銘柄が表示されるので、送金したいコインを選択します。
今回は、送金する銘柄にビットコインを選択します。

GMOコイン GMOコインでビットコインの送金画面を開く

仮想通貨の銘柄を選択すると、下の画像と同じような画面が表示されます。
表示される画面は、デフォルトで預金の画面となっているので、画像の赤枠で囲った「送付」をクリックして送金用の画面を表示させます。

GMOコイン GMOコインでビットコインの送金画面を開く

送付画面を開いたら、送金先のアドレスと送金する通貨の数量を入力します。

まずは、画像の赤枠で囲った「新しい宛先を追加する」をクリックして、ニックネームとビットコインアドレスを入力します。

ビットコインアドレスの項目には、先ほどコピーしたBinanceのビットコインアドレスを貼り付けます。

すべての項目を入力したら、「登録する」をクリックして、宛先情報の登録は完了です。

GMOコイン GMOコインでビットコインの送金画面を開く
GMOコイン GMOコインでビットコインの送金画面を開く

登録が終わると、赤枠で囲ったように、宛先の選択項目に先ほど登録した宛先が表示されているので、こちらを選択します。

GMOコイン GMOコインでビットコインの送金画面を開く

次に、画面右側の1番上の赤枠で囲った「送付数量」を入力し、「2段階認証」をクリックします。

すると、GMOコインから、登録している携帯電話番号宛てに6桁の認証コードが送られてくるので、1番下の赤枠にそのコードを入力します。

入力が終わったら「確認画面へ」をクリックします。

GMOコイン GMOコインでビットコインの送金画面を開く

確認画面が表示されたら、送金先のアドレスに誤りがないか再度確認を行い、問題がなければ画面下の赤枠で囲った「実行」をクリックすると送金が完了となります。

GMOコイン GMOコインでビットコインの送金画面を開く

送金が反映されたかを確認する

送金が完了したら、Binanceのアカウントで着金しているかを確認します。
GMOコインの公式見解では、ビットコインの送金にかかる時間は最短30分となっていますが、ブロックチェーンの状況によっては30分以上時間がかかる場合もあります。

バイナンスでの確認方法

入金アドレス確認時と同じように画面右上のメニューバーから「Funds」を選択し、下に表示されたサブメニューから赤枠で囲った「Balances」をクリックします。

GMOコイン バイナンスでの確認方法

「Balances」をクリックすると、現在の仮想通貨の保有状況を確認できる画面が表示されるので、赤枠で囲った検索バーに「BTC」と入力して検索します。

GMOコイン バイナンスでの確認方法

検索したらビットコインの保有状況を確認できる画面が表示されるので、赤枠で囲った「Availlable balances」に送金した分のビットコインが反映されているかを確認し、送金金額が反映されていれば、Binaneへの送金は無事完了となります。

GMOコイン バイナンスでの確認方法

送付先のアドレスを削除したい場合

先ほど送金で使った送付先のアドレスを削除したい場合の手順について説明します。

GMOコインの会員用ホーム画面左側にあるメニューバーの「入出金」の項目から「仮想通貨」をクリックし、画面上部の赤枠で囲った「宛先リスト」を選択し、削除したい宛先を選択します。

GMOコイン 送付先のアドレスを削除したい場合

宛先を選択すると、下の画像のように削除の最終確認画面が表示されます。

念のため削除したいアドレスが間違っていないかを確認し、問題なければ「送付先情報の削除」にチェックを入れ、画面下の赤枠で囲った「削除する」をクリックします。
以上で削除完了となります。

GMOコイン 送付先のアドレスを削除したい場合

GMOコインの口座開設はこちら

↑目次に戻る

GMOコインで送金する際の注意点

ここではGMOコインで送金する際の注意点をまとめていきたいと思います。

送金上限が設けられている

GMOコインで仮想通貨を送金する場合、1日ごとに送金できる金額には制限が設けられています。
下の表は、銘柄ごとに送金上限をまとめたものになります。
1日あたりの送金がこの上限金額を超える場合は、送金ができないので注意しましょう。

ビットコイン 10BTC/日
イーサリアム 20ETH/日
ビットコインキャッシュ 10BCH/日
ライトコイン 60LTC/日
リップル 4,000XRP/日

アドレスが間違っていないか確認する

GMOコインから送金を行う場合、送金先のアドレスに間違いがないか確認しましょう。
万が一、送金先のアドレスに間違いがある場合送金した仮想通貨を紛失してしまう場合があります。
そのような事態を防ぐためにも送金前に宛先をダブルチェックすることをおすすめします。

送金時間は通貨によって異なる

送金時間はどの仮想通貨を送金をするかによって異なります。

取引所から送金を行う場合、取引所による送金の手続きが完了してから、通貨ごとのネットワークにおいて、マイナーによる承認作業が行われます。

この承認作業の方法や、処理にかかる時間が通貨ごとに異なっているため、送金の処理にかかる時間も通貨ごとに異なります。

例えば、ビットコインでは1つのブロックを生成するのにおよそ10分かかり、6ブロック後にブロックを承認することが推奨されているため、送金が完了するまでにおよそ60分かかることが予想されます。

これに対して、リップルは送金の承認にかかる時間が4秒となっており、ビットコインと比べて、より早い送金を行うことができます。

GMOコインの口座開設はこちら

↑目次に戻る

他の取引所に送金する仮想通貨

この項目では他の取引所に海外の取引所に仮想通貨を送金する際の手数料や送金方法について解説していきます。

ビットコイン

ビットコインは基軸通貨となっているため、海外取引所の送金にも利用されています。
ビットコインはビットコインキャッシュのアドレス、ビットコインキャッシュはビットコインのアドレスには送金できないので注意しましょう。

GMOコインでビットコインを送金する場合の手数料などを下記にまとめておきます。

受付時間帯 24時間 365日
手数料 無料(マイナーに支払う手数料はお客様負担となります)
最低金額 0.02 BTC / 回
最高金額 10 BTC / 日
所要時間 最短30分

イーサリアム

イーサリアムもビットコインと同じように基軸通貨となっているため、海外取引所の送金によく利用されています。

GMOコインでイーサリアムを送金する場合の手数料などを下記にまとめておきます。

受付時間帯 24時間 365日
手数料 無料
最低金額 0.1 ETH / 回
最高金額 20 ETH / 日
所要時間 最短10分

リップル

最近ではビットコインとイーサリアムのマイナーに支払う送金手数料が高くなっていることから、リップルを海外取引所に送金し、その後ビットコインやイーサリアムの基軸通貨に交換するという方法も採られています。

また、取引所によってはリップル建てで取引を行うことができます。

送金時間も上記のビットコインやイーサリアムと比べても数秒となっており、短時間での送金を行うことができます。

GMOコインでリップルを送金する場合の手数料などを下記にまとめておきます。

受付時間帯 24時間 365日
手数料 無料
最低金額 50 XRP / 回
最高金額 4,000 XRP / 日
所要時間 数秒〜

ライトコイン

GMOコインでは、ライトコインも取り扱っているため、リップルと同様にライトコインを送金してから、ビットコインやイーサリアムに換えるという方法を採ることができます。

GMOコインでライトコインを送金する場合の手数料などを下記にまとめておきます。

受付時間帯 24時間 365日
手数料 無料
最低金額 0.1 LTC / 回
最高金額 60 LTC / 日
所要時間 最短10分

↑目次に戻る

まとめ

以上、ここまでGMOコインからの送金方法とそれに関連した注意点などをまとめてきましたがいかがでしたでしょうか?

下記に簡単にこの記事のまとめを載せておきますので参考にしてみてください。

  • GMOコインはGMOインターネットグループガ運営する仮想通貨交換所
  • GMOコインでは取引手数料、入出金の手数料が無料となっている
  • 送金は基軸通貨となっているビットコインやイーサリアムを使うことが多い
  • 送金時間短縮と手数料削減のためにリップルもよく使われている

GMOコインの口座開設はこちら

最終更新日: 2018-09-27

タグ:
GMOコイン

記事に関するお問い合わせ

「GMOコイン」に関する記事

GMOコインについてさらに詳しく知りたいならこちらをチェック

【徹底解説】仮想通貨を日本円に換金してみよう!GMOコインの出金方法
【徹底解説】仮想通貨を日本円に換金してみよう!GMOコインの出金方法
GMOコインのFX取引を始めよう!<手数料やレバレッジ倍率など他取引所と徹底比較>
GMOコインのFX取引を始めよう!<手数料やレバレッジ倍率など他取引所と徹底比較>
GMOコインで仮想通貨取引を始めよう!口座開設から入金までの流れ
GMOコインで仮想通貨取引を始めよう!口座開設から入金までの流れ

「取引所」に関する記事

取引所の記事は他にも多数!

【解説】<GMOコインの送金方法>送金にかかる時間や送金におすすめの仮想通貨は?
【解説】<GMOコインの送金方法>送金にかかる時間や送金におすすめの仮想通貨は?
【口コミ・評判あり】DMM Bitcoinを利用するのってどうなの?メリット・デメリットを総まとめ
【口コミ・評判あり】DMM Bitcoinを利用するのってどうなの?メリット・デメリットを総まとめ
大量の口コミを分析!Binance(バイナンス)の実際の評判から見るメリット・デメリット
大量の口コミを分析!Binance(バイナンス)の実際の評判から見るメリット・デメリット
【解説】bitbankの入金は銀行振込のみ?入金が反映されない原因や解決策を総まとめ
【解説】bitbankの入金は銀行振込のみ?入金が反映されない原因や解決策を総まとめ
【解説】ShapeShiftの使い方!登録なしで仮想通貨が両替可能
【解説】ShapeShiftの使い方!登録なしで仮想通貨が両替可能

人気の記事

Cryptulで人気の記事を集めました

人気のキーワード

今Cryptulで話題のキーワードを集めました。

LINE@

Cryptul(クリプタル)のLINEアットで仮想通貨・暗号通貨の最新情報をゲットしよう!