Bitcoin
70万9,776円
-3.18%
Ethereum
2万4,268円
-8.55%
Ripple
50円
-18.68%
Bitcoin Cash
4万9,519円
-6.77%
EOS
591円
-8.77%
Stellar Lumens
26円
-11.65%
Litecoin
6,265円
-5.11%
Tether
109円
0.2%
Cardano
8円
-11.11%
Monero
1万2,561円
-6.02%
Dash
2万1,061円
-5.66%
IOTA
60円
-8.24%
TRON
2円
-10.12%
RaiBlocks
1,044円
-0.1%
NEO
1,965円
-6.78%
Ethereum Classic
1,183円
-5.49%
Binance Coin
1,075円
-3.96%
Tezos (Pre-Launch)
162円
-9.72%
NEM
10円
-6.01%
VeChain
1円
-6.92%
Walton
2,965円
-0.36%
Dogecoin
0円
-3.98%
Zcash
1万4,603円
0.95%
OmiseGO
367円
-7.8%
Bytecoin
0円
-5.55%
Bitcoin Gold
2,403円
-2.26%
Lisk
360円
-5.44%
0x
69円
-3.05%
Ontology
202円
-10.06%
Maker
4万9,251円
-3.36%
Qtum
402円
-8.94%
Decred
4,075円
-4.56%
BitShares
12円
-8.17%
Nano
240円
-7.94%
Bitcoin Diamond
200円
-8.47%
Zilliqa
3円
-6.44%
Steem
104円
5.84%
DigiByte
2円
-7.11%
ICON
69円
-10.54%
Siacoin
0円
-12.12%
Aeternity
104円
-6.27%
Waves
236円
-3.73%
Verge
1円
-7.21%
GXShares
347円
-11.32%
Metaverse ETP
395円
-2.82%
empowr coin
870円
63.68%
Bytom
18円
-6.29%
Basic Attention Token
17円
-7.57%
Pundi X
0円
-8.54%
  1. 仮想通貨 >
  2. 取引所 >
  3. Shift >
  4. 【解説】ShapeShiftの使い方!登録なしで仮想通貨が両替可能

【解説】ShapeShiftの使い方!登録なしで仮想通貨が両替可能

ShapeShiftというサービスをご存知でしょうか?ShapeShiftを利用することで、気軽に、かつ容易に仮想通貨同士の交換を行うことができます。この記事では、Shapeshiftの仕組みと使い方について解説していきます。

ShapeShiftとは

Shift ShapeShiftとは
会社名 ShapeShift
開始日 2014年8月1日
所在地 スイス
代表者 Erik Voorhees
取り扱い通貨 ビットコイン、イーサリアム、リップル他多数

ShapeShiftとは、仮想通貨同士を交換できる両替所の名称です。
ShapeShiftを利用することで自分が保有している銘柄を瞬時に他の銘柄に両替することができます。

ShapeShiftはWEBサービスの他にアプリも提供しているため、利便性の高いサービスとなっています。

ShapeShiftのWEBサービスの利用はこちら

↑目次に戻る

ShapeShiftの仕組み

それでは、ShapeShiftについてもう少し詳しく見ていきましょう。
ShapeShiftは一体どのようにしてレートを算出したり、取引所としての利益を上げているのでしょうか。

APIによって通貨の売買を自動で成立させる

ShapeShiftでは、APIを活用することで、アカウント登録や口座開設をすることなく、ウォレットのアドレスを指定するだけで通貨の両替を行うことができます。

また、ShapeShiftはKeepKeyやBitPayが提供しているウォレットとも連携をしており、これらのウォレットでもAPIを利用することでウォレット内での通貨交換が可能となっています。

交換レートをコイン保有量やマーケット状況に応じて算出

ShapeShiftでの通貨の交換レート(exchange rate)は、マーケット状況や同社の保有している通貨量に応じて算出されます。

同社のサポートセンターによると、マーケット状況は30秒ごとに更新され、表示されているレートからマイナー手数料を差し引いた量の通貨で両替することができます。

スプレッドで利益を上げている

ShapeShiftは、交換手数料やサービス手数料を支払うことなく利用することができ、支払う手数料はマイナー手数料のみとなっています。

では、ShapeShiftがどのようにして利益を出しているかというと、交換レートにスプレッドを含むことで利益をあげており、交換レートに含まれるスプレッドは一律で0.5%と決められています。

↑目次に戻る

ShapeShiftとChangellyの違い

Shift ShapeShiftとChangellyの違い

ShapeShiftと対をなすくらい有名な交換所に、Changellyがあります。
ここでは、ShapeShiftとChangellyを比較していきます。

両者共に非常に便利な仮想通貨交換所ですが、細かい部分で違いが設けられています。
それぞれの特徴を理解したうえで、用途にあった交換所を利用してみましょう。

ShapeShiftとChangellyの違いには以下のものが挙げられます。

  • 法定通貨と仮想通貨の交換ができない
  • 独自アプリを提供している

法定通貨と仮想通貨の交換ができない

Changellyでは、米ドル(USD)やユーロ(EUR)といった法定通貨を扱っており、法定通貨の両替をしたい場合には、changellyを利用することになります。

一方、ShapeShiftは、no fiat policyという理念を掲げており、すべての取引を仮想通貨で行っているため、現金を両替することはできません。

独自のアプリを提供している

Changellyでは独自のアプリが提供されていませんが、ShapeShiftはiOSとAndroidの両バージョンでアプリを提供しています。

ただし、Changellyもモバイルウォレットの一種であるCoinomiと提携していますので、そちらを使えば携帯用デバイスから仮想通貨の交換を行うことが可能です。

Coinomi Walletのダウンロードはこちら

また、上述したように、ShapeShiftはBitPayやKeepKeyとも連携しているため、これらのアプリを通して両替をすることが可能です(※ShapeShiftの公式アプリ以外のアプリを使用する場合は、両替可能な通貨の種類がウォレットが対応している通貨に限られます)。

BitPayのダウンロードはこちら

↑目次に戻る

ShapeShiftと仮想通貨取引所の違い

それでは、次にShapeShiftと仮想通貨取引所の違いについてみていきたいと思います。

ShapeShiftと仮想通貨取引所の違いには以下のものが挙げられます。

  • 資産を預けることなく通貨を交換できる
  • 本人確認などの手続きをすることなくサービスを利用可能

資産を預けることなく通貨を交換できる

仮想通貨取引所を利用して仮想通貨の交換を行う場合、一旦保有している仮想通貨を取引所に預ける必要がありますが、ShapeShiftではアドレスを指定すると自動で通貨の交換が行われ、指定のウォレットに取引結果が反映されるため、資産を預ける必要がありません。

資産を預ける必要がないため、取引所と異なりGOXや破綻による資産の消失のリスクを軽減することができます。

本人確認などの手続きをすることなくサービスを利用可能

仮想通貨取引所では、口座開設を行うためにアカウント情報の登録や本人確認を行う必要がありますが、ShapeShiftではアカウント情報を登録する必要はなく、メールアドレスとパスワードを登録するだけで利用することができます。

また、ログイン後はウォレットアドレスを指定するだけで、両替を行うことができるため、利便性が高く、匿名性が高いサービスとなっています。

一方で、2018年9月には、同社CEOのエリック・ボーヒーズ氏が自身のブログにおいて、Shapeshiftのユーザーは将来的にKYC(Known Your Customer/顧客確認)を求められることになるとの発言をしており、今後はサービスの利用に本人確認が求められるようになる可能性が高くなっています。

↑目次に戻る

ShapeShiftのメリット

続いて、ShapeShiftを利用することによるメリットを説明します。
ShapeShiftを利用するメリットには、下記のものが挙げられます。

  • 異なる仮想通貨銘柄を簡単に交換できる
  • ユーザー登録なしで利用できる
  • 手数料がかからない

異なる仮想通貨銘柄を簡単に交換できる

ShapeShiftを利用することで、ユーザーは異なる仮想通貨銘柄を簡単に交換することができます。

2018年9月現在、ShapeShift.ioではマイナーなものも含めると41種類のコインを取り扱っており、幅広い通貨との交換が可能となっています。

ShapeShiftで取り扱っているコインは、以下の画像の通りになります。

Shift 異なる仮想通貨銘柄を簡単に交換できる
Shift 異なる仮想通貨銘柄を簡単に交換できる
Shift 異なる仮想通貨銘柄を簡単に交換できる

ユーザー登録なしで利用できる

上述したように、ShapeShiftの利用にはユーザー情報の登録や本人確認が必要なく、第三者による審査なしに利用することができるため、匿名性が非常に高いサービスとなっています。

手数料がかからない

ShapeShiftは、マイナー手数料以外の手数料がすべて無料となっており、取引所のように入金や取引、送金の度に手数料を支払う必要がありません。

一方で、交換レートにはスプレッドも含まれているため、取引所での取引と同様に、頻繁に取引を行う場合には都度スプレッドが発生するため資産が目減りしてしまう可能性があることに留意してください。

↑目次に戻る

ShapeShiftのデメリット

この項では、ShapeShiftのデメリットについて説明します。
デメリットとしては下記のようなものが挙げられます。

  • 交換できる通貨の量に制限が設けられている
  • マネーロンダリング等に使用される可能性がある
  • セキュリティが不安定

交換できる通貨の量に制限が設けられている

ShapeShiftでは、一度の取引で両替できる通貨の量が限られています。
これは、ShapeShiftでは両替がユーザーと運営間で行われており、ShapeShiftの保有している通貨量を上回ってしまった場合に通貨の交換を行うことができなくなってしまうためです。

また、上限と同様に下限も設けられており、最低通貨量を下回ったり、上限を上回ってしまった場合には、トランザクションに失敗してしまうので、交換する通貨量には注意が必要です。

さらに、トランザクションに失敗した場合、送金した通貨は基本的に返金されるようになっていますが、返金金額がマイナー手数料を下回る場合には返金が実行されない点にも留意する必要があります。

マネーロンダリング等に使用される可能性がある

ShapeShiftのデメリットには、匿名性の高さも挙げることができます。
先ほど匿名性の高さをメリットとして取り上げましたが、匿名性が高いとマネーロンダリング等に悪用されてしまう可能性があります。

ShapeShiftには、一度に交換できる通貨量に上限が設けられているため、大量の資金を即座にマネーロンダリングすることはできませんが、現在は全く規制されていないため、今後規制の対象になる可能性も考えられます。

セキュリティが不安定

ShapeShiftのデメリットとしては、セキュリティが不安定といった点も挙げられます。
2016年には、顧客資産の被害こそありませんでしたがハッキングの被害を受けており、一時サーバーが不安定になるという事態が起きました。

また、セキュリティに関する問題の他にも、ShapeShiftに似せたフィッシングサイトの存在も報告されており、攻撃の対象になっているようです。

↑目次に戻る

ShapeShiftの使い方

では、続いてShapeShiftの使い方を見ていきましょう。
ShapeShiftの使い方はそれほど難しくありませんが、アドレスや数量の入力を間違えないよう気をつけましょう。

イーサリアムからビットコインに交換する方法

それでは、ShapeShiftを使ってイーサリアムをビットコインに交換する(ETH to BTC)方法をご紹介します。
Webブラウザ版とアプリ版を共に記載しますので、使いやすい方を利用してください。

WEBブラウザで交換する場合

Webブラウザ版を利用する場合は、まず下記ShapeShiftの公式サイトにアクセスします。

ShapeShiftのWEBサービスの利用はこちら

トップページを開き、右上にある言語設定の部分から日本語を選択しましょう。

Shift WEBブラウザで交換する場合

次に、入金する通貨に「イーサリアム」を、受け取る通貨に「ビットコイン」を設定します。
その際に「クイック」ではなく「詳細入力」を選択することで、次画面で取引量を指定することができます。

「クイック」と「詳細入力」の違いは、交換する通貨の量を指定するかどうかの違いになります。
交換する通貨の量を指定する場合は、「詳細入力」を選択してください。

Shift WEBブラウザで交換する場合

交換する通貨のペアを設定したら、入金額とビットコインを受け取るウォレットのアドレス、そして万が一の時の返金用のイーサリアムウォレットのアドレスを記入し、規約に同意して取引を開始します。

後は画面の指示に従い、指定されたアドレスにコインを送金すれば、入力したアドレスに交換後のコインが送金されるといった仕組みになっています。

Shift WEBブラウザで交換する場合

スマホアプリで交換する場合

スマホアプリを開くと下記のような画面が表示されますので、両替通貨を選択し、それぞれのアドレスと交換量を入力します。

Shift スマホアプリで交換する場合
Shift スマホアプリで交換する場合

アプリ版は一画面で全ての情報を入力できるのでWebブラウザ版より分かりやすいですが、現時点では交換できる通貨の種類がそれほど多くありません。
もし自分が交換したい通貨がなければ、Webブラウザ版を使うことをおすすめします。

ShapeShiftのダウンロードはこちら

アプリで交換可能な仮想通貨

現在ShapeShiftのアプリで交換可能な通貨には、下記のようなものがあります。

  • ビットコイン
  • ビットコインキャッシュ
  • ダッシュ
  • イーサリアム
  • イーサリアムクラシック
  • ライトコイン
  • モネロ
  • リップル
  • ジーキャッシュ

一時的に交換が停止される場合もある

ShapeShiftでは、特定の銘柄の交換が一時的に停止される場合もあります。
現在はLiskやXEMといった通貨がその対象となっており、再開予定日などは公開されていません。

Shift 一時的に交換が停止される場合もある
Shift 一時的に交換が停止される場合もある

取り扱われていない主要通貨

仮想通貨は銘柄数が非常に多いため、ShapeShiftでは取り扱われていない銘柄も多々存在します。
例えば、IOTAはIoT向けの仮想通貨として注目を集めている主要銘柄ですが、ShapeShiftでは取り扱われていません。

↑目次に戻る

まとめ

ShapeShiftを利用することで、気軽かつ容易に仮想通貨同士の交換を行うことができます。
取引所で交換する場合は取引の相手方が見つかるまで取引できませんが、ShapeShiftのような交換所では即座に交換することができます。

また、ShapeShiftではマイナー手数料こそかかりますが、基本的に手数料無料で使用することができますので、比較的安いコストでの通貨交換が可能です。

ShapeShiftのダウンロードはこちら

最終更新日: 2018-09-12

タグ:
ShapeShift

記事に関するお問い合わせ

人気の記事

Cryptulで人気の記事を集めました

人気のキーワード

今Cryptulで話題のキーワードを集めました。

LINE@

Cryptul(クリプタル)のLINEアットで仮想通貨・暗号通貨の最新情報をゲットしよう!

Shiftに関する直近のイベント