Bitcoin
70万9,776円
-3.18%
Ethereum
2万4,268円
-8.55%
Ripple
50円
-18.68%
Bitcoin Cash
4万9,519円
-6.77%
EOS
591円
-8.77%
Stellar Lumens
26円
-11.65%
Litecoin
6,265円
-5.11%
Tether
109円
0.2%
Cardano
8円
-11.11%
Monero
1万2,561円
-6.02%
Dash
2万1,061円
-5.66%
IOTA
60円
-8.24%
TRON
2円
-10.12%
RaiBlocks
1,044円
-0.1%
NEO
1,965円
-6.78%
Ethereum Classic
1,183円
-5.49%
Binance Coin
1,075円
-3.96%
Tezos (Pre-Launch)
162円
-9.72%
NEM
10円
-6.01%
VeChain
1円
-6.92%
Walton
2,965円
-0.36%
Dogecoin
0円
-3.98%
Zcash
1万4,603円
0.95%
OmiseGO
367円
-7.8%
Bytecoin
0円
-5.55%
Bitcoin Gold
2,403円
-2.26%
Lisk
360円
-5.44%
0x
69円
-3.05%
Ontology
202円
-10.06%
Maker
4万9,251円
-3.36%
Qtum
402円
-8.94%
Decred
4,075円
-4.56%
BitShares
12円
-8.17%
Nano
240円
-7.94%
Bitcoin Diamond
200円
-8.47%
Zilliqa
3円
-6.44%
Steem
104円
5.84%
DigiByte
2円
-7.11%
ICON
69円
-10.54%
Siacoin
0円
-12.12%
Aeternity
104円
-6.27%
Waves
236円
-3.73%
Verge
1円
-7.21%
GXShares
347円
-11.32%
Metaverse ETP
395円
-2.82%
empowr coin
870円
63.68%
Bytom
18円
-6.29%
Basic Attention Token
17円
-7.57%
Pundi X
0円
-8.54%
  1. 仮想通貨 >
  2. ブロックチェーン >
  3. 【解説】取引所を介さず取引できるアトミックスワップとは?DEXでの採用事例や問題点を総まとめ

【解説】取引所を介さず取引できるアトミックスワップとは?DEXでの採用事例や問題点を総まとめ

アトミックスワップという技術をご存知でしょうか?アトミックスワップを利用することで、ユーザーは異なる仮想通貨を直接交換することができます。この記事では、そんなアトミックスワップについて解説していきます。

アトミックスワップとは

アトミックスワップとは、取引所などの第三者を介することなく異なる仮想通貨同士をユーザー間で直接交換できる技術です。

後述しますが、アトミックスワップは、その仕組みから不正な取引が行われるリスクが軽減されており、ユーザーが安全に通貨を交換できるようになっています。

また、アトミックスワップは主としてビットコインから派生したコイン間での取引に活用されていますが、異なるブロックチェーン間の通貨を交換するクロスチェーン技術を利用したアトミックスワップも開発が進められており、注目を集めています。

現段階で、アトミックスワップに成功している仮想通貨には以下のものが挙げられます。

  • ビットコイン
  • イーサリアム
  • ライトコイン
  • モナコイン
  • Vertcoin
  • Viacoin
  • Decred

クロスチェーンとは

クロスチェーンは、異なるブロックチェーンをつなぐ技術です。
現状、異なる仮想通貨のブロックチェーンはつながっていないため、取引所などの第三者が仲介に入ることによって、オフチェーンで通貨の取引を行い、その後、それぞれの通貨に取引記録を書き込むことで、ブロックチェーン間の取引が可能になっています。

しかし、クロスチェーン技術が実現することで、上述のように第三者を仲介することなく、ブロックチェーンをまたいだデータ管理等が可能になります。
そして、このような取引の信頼性を担保する仕組みが先述したアトミックスワップ技術になります。

このように、異なるブロックチェーンがつながっている状態のことを「インターオペラビリティ(相互運用性)」と呼びます。

クロスチェーン技術の実現を目指しているプロジェクトとしては、PolkadotやCOSMOSといったものが挙げられます。

なかでも、COSMOSでは、各ブロックチェーンをハブに接続することで、異なるブロックチェーン(Zone)間のやり取りが可能なネットワークを構築しようとしています。

ビットコインとイーサリアム間での交換も可能

アトミックスワップを使用することで、ビットコインとイーサリアム間の交換が可能となります。
現在でも取引所を介することで両コインの交換は可能ですが、アトミックスワップでは取引所を介することなくトラストレスで交換できるのが大きな特徴です。

2017年10月には、スマートコントラクトを利用することにより、ビットコインとイーサリアム間で同量の通貨をアトミックスワップすることに成功しています。

↑目次に戻る

アトミックスワップの仕組みとは

それでは、続いてアトミックスワップの仕組みについて見ていきましょう。
アトミックスワップは、一体どのようなやり方で仮想通貨同士の交換を可能にしているのでしょうか。

アトミックスワップを行う上での前提条件

アトミックスワップは、現段階では以下の条件を満たしている通貨間でのみ行うことができます。

  • トランザクションスクリプトで使用されているハッシュ関数が同じ
  • トランザクションスクリプトにデジタル署名がある
  • トランザクションスクリプトでCLTVとCSVのタイムロックの設定が可能

オフチェーン上で処理される

当初、アトミックスワップはオンチェーン上で行われていましたが、現在ではペイメントチャネルを開設し、オフチェーン上でアトミックスワップを行うことに成功しています。

アトミックスワップをオフチェーン上で処理するメリットとしては、すべての取引をブロックチェーン上に記録する必要がなく、最終的な取引の結果のみをブロックに記録することになるため、処理が高速になることが挙げられます。

オフチェーンでの取引については、以下の記事に詳しくまとめていますので、参考にしてください。

HTLCによって信頼性を担保している

アトミックスワップでは、Hashed Time Lock Contract(HTLC)という仕組みを使ってトラストレスな処理を可能にしています。

HTLCでは、受取者が生成したハッシュ値を送金者が受け取り、仲介者はそのハッシュ関数と受取者がもつハッシュ元の値を照らし合わせることで、取引の信頼性担保しており、ハッシュ元の値と署名がそろわなかった場合には、一定期間経たのちに、マルチシグアドレスにデポジットされた通貨は元の送金者に戻るようになっているため、トラストレスな取引が可能となっています。

↑目次に戻る

アトミックスワップのメリット

それでは、続いてアトミックスワップのメリットを見ていきたいと思います。
アトミックスワップを利用することによるメリットは数多くありますが、主なメリットとしては以下のものが挙げられます。

  • 第三者による仲介の必要がない
  • 異なるブロックチェーン間の取引が容易になる

第三者による仲介の必要がない

アトミックスワップを活用することで、第三者による仲介がなくともトラストレスな取引を行うことが可能になります。

第三者による仲介がなくなることで、取引所へのハッキングによるGOXや、不正取引などのカウンターパーティリスクが軽減されることになります。

また、ユーザー間で直接取引ができるため、仲介手数料を支払う必要がなく、極めて安い送金手数料で通貨を交換することが可能になります。

取引にかかる手数料を安く抑えることができる

上述のように、ユーザー間で直接取引するため仲介手数料を支払う必要がなく、取引にかかる手数料を抑えることに加え、取引所のように一度通貨をBTCやETHに換えることなく交換できるため、取引回数も最小に抑えることができます。

また、アトミックスワップはオフチェーンでの取引にも成功しているため、複数回の取引を1回の手数料で行うことができます。

↑目次に戻る

アトミックスワップのデメリット

それでは、次にアトミックスワップのデメリットを紹介します。
アトミックスワップはまだ実証段階にある技術ですので、様々な制限が設けられています。
現段階では、アトミックスワップには以下のデメリットがあります。

  • 取引可能な仮想通貨が限られている
  • 取引承認に時間がかかる
  • 取引手数料が高い

取引可能な仮想通貨が限られている

現在、アトミックスワップ可能な仮想通貨銘柄はそれほど多くありません。
現時点でアトミックスワップを成功させている主要な仮想通貨銘柄には以下のものがあります。

  • ビットコイン
  • ビットコインキャッシュ
  • イーサリアム
  • ライトコイン
  • モナコイン

これらの銘柄間でしか通貨を交換することはできないため、現状は取引所の方が利便性が高くなっています。

将来的には、より多くの銘柄間でアトミックスワップが可能になることが予想されますが、異なるブロックチェーン間で取引を行うためには、クロスチェーンの実用化が不可欠となっているため、現状では段階的な実証実験や開発に留まっています。

取引の承認に時間がかかる

現状アトミックスワップはオンチェーンで処理されている部分も大きいため、取引の承認に時間がかかる点もデメリットです。
前述した通りオフチェーンでの処理事例もありますが、まだメインストリームになっているわけではありません。

取引の承認速度は各通貨で採用されているコンセンサスアルゴリズムや、採掘難易度によって左右され、例えばビットコインの場合には、マイニングによるブロックの生成には10分程度の時間がかかり、最終的な承認には60分程度の時間が必要となっています。

取引手数料が高い

取引手数料が高いというのもアトミックスワップのデメリットの一つです。

アトミックスワップの利点として、取引所のような第三者を介する必要がないことを挙げましたが、現段階ではビットコインやイーサリアムなど、アトミックスワップ可能な通貨のスケーラビリティ問題が解決していないため、マイナーに支払う手数料が高くなっており、従ってアトミックスワップにかかるマイナー手数料も高額になっています。

↑目次に戻る

アトミックスワップを搭載したDEXも存在する

ユーザー間で直接取引する方法としてDEXがありますが、このDEXのなかにもアトミックスワップを採用しているものがあります。

アトミックスワップを採用しているDEXには、以下の取引所を挙げることができます。

  • altcoin.io
  • Komodo
  • Blocknet

altcoin.io

altcoin.io

altcoin.ioは現在開発中のDEXであり、早期登録のみ受付をしている状態です。
以前はアトミックスワップメインでシステムを構築しようとしていたのですが、現在はイーサリアムネットワーク上のスマートコントラクトフレームワークであるPlasmaという技術を使ったDEXに転向しています。

アトミックスワップではなくPlasmaを選んだ理由としては、やはりスケーラビリティの問題があるようです。
Plasmaを利用することで取引の多くの部分をオフチェーンで処理することができ、結果的に処理時間とコストを節約することができます。

厳密に言うとaltcoin.coはアトミックスワップを使用したDEXとは言い難いかもしれませんが、当初はアトミックスワップを実践しようとしていたところ、そして本旨としての分散型取引による異なる仮想通貨同士の交換という部分に大きな変化はないでしょう。

公式サイトはこちら

Komodo

Komodo

Komodoは仮想通貨の一種であり、Zcashからフォークされた銘柄です。
Zcashといえば匿名性の高さで有名なコインですが、Komodoも同様に匿名性の高いトランザクションを行うことが可能です。

そして、Komodoの大きな特徴としては、アトミックスワップが実装されている点です。
Komodoは仮想通貨銘柄の一つでもありますが、その実態はイーサリアムと同じようなプラットフォームです。

ユーザーはKomodoプラットフォームを使って独自のICOを行うことができたり、法定通貨のゲートウェイにもなりますので、ペッグ通貨を発行することも可能です。
アトミックスワップとの関連は、例えば自分がICOを行った銘柄がBarterDEXに統合され、発行したトークンが取引可能になること等が挙げられるでしょう。

公式サイトはこちら

Komode(KMD)のチャートはこちら

Blocknet

Blocknet

Blocknetも仮想通貨銘柄の一種であり、その実態はプラットフォームです。
クロスチェーン技術によって異なるブロックチェーンを繋ぎ、異なるブロックチェーン上にある通貨を分散型で取引ができるような未来を目指しています。

また、現在の仮想通貨の取引価格は上場や上場廃止など、取引所の決定によって左右されることがあり、Blocknetはこれを中央集権的な決定による影響とみなしているため、P2Pの取引を実現することによって、取引所による上場の有無で価格が左右されないネットワークの構築に取り組んでいます。

公式サイトはこちら

↑目次に戻る

まとめ

  • アトミックスワップはP2Pでの直接取引を可能にする技術
  • クロスチェーンによって異なるブロックチェーン間の取引が可能になり、その取引の信頼性を担保するのがアトミックスワップ技術
  • アトミックスワップはオンチェーン上での処理が実験されている
  • アトミックスワップではHTLCと呼ばれるタイムロック方式が採用されている
  • 第三者の仲介がなく、複数回の取引をオフチェーンで行うことができるため手数料を安く抑えることができる
  • 現段階では、アトミックスワップを行ううえで前提条件があるため取引できる通貨が少ない
  • 分散型取引所(DEX)でもアトミックスワップを導入しているものがある

アトミックスワップは、現時点ではまだ取引手数料が高めに設定されていますので頻繁な利用は難しいところですが、いずれ技術が浸透すれば改善される可能性もあります。

仮想通貨が法定通貨と同じように使われるためには、ある程度銘柄間の流動性が必要となりますので、アトミックスワップのような技術には大きな期待が寄せられています。

今後のアトミックスワップやクロスチェーン技術の動向に注目です。

最終更新日: 2018-09-12

タグ:

記事に関するお問い合わせ

「ブロックチェーン」に関する記事

ブロックチェーンの記事は他にも多数!

【解説】クラウドマイニングとは?仕組みと利益計算の方法まとめ
【解説】クラウドマイニングとは?仕組みと利益計算の方法まとめ
【解説】取引所を介さず取引できるアトミックスワップとは?DEXでの採用事例や問題点を総まとめ
【解説】取引所を介さず取引できるアトミックスワップとは?DEXでの採用事例や問題点を総まとめ
【解説】スケーラビリティ問題の解決につながるライトニングネットワークの仕組み!
【解説】スケーラビリティ問題の解決につながるライトニングネットワークの仕組み!
【イーサリアムで話題】仮想通貨のスマートコントラクトの仕組みと事例
【イーサリアムで話題】仮想通貨のスマートコントラクトの仕組みと事例
NEM (ネム)のハーベストとは?仕組みとやり方を完全解説
NEM (ネム)のハーベストとは?仕組みとやり方を完全解説

人気の記事

Cryptulで人気の記事を集めました

人気のキーワード

今Cryptulで話題のキーワードを集めました。

LINE@

Cryptul(クリプタル)のLINEアットで仮想通貨・暗号通貨の最新情報をゲットしよう!