Bitcoin
71万5,137円
0.96%
Ethereum
2万2,576円
0.69%
Ripple
50円
0.63%
Bitcoin Cash
4万9,668円
2.22%
EOS
597円
1.57%
Stellar Lumens
26円
-0.55%
Litecoin
5,844円
0.52%
Tether
107円
0.16%
Cardano
8円
-0.05%
Monero
1万1,540円
1.48%
TRON
2円
1.13%
IOTA
54円
-0.09%
Dash
1万7,061円
1.24%
Binance Coin
1,072円
0.75%
RaiBlocks
1,044円
-0.1%
NEO
1,831円
1.0%
Ethereum Classic
1,063円
0.7%
NEM
10円
5.52%
Tezos (Pre-Launch)
146円
2.28%
Walton
2,965円
-0.36%
Zcash
1万3,813円
0.3%
VeChain
1円
-0.71%
Dogecoin
0円
1.06%
Maker
7万5,674円
2.39%
0x
96円
-2.1%
OmiseGO
367円
0.42%
Bitcoin Gold
2,857円
-1.53%
Qtum
469円
8.45%
Ontology
201円
1.19%
Decred
4,185円
0.14%
Lisk
318円
-0.04%
Aeternity
151円
-0.8%
BitShares
11円
4.2%
Nano
224円
-0.09%
ICON
76円
1.15%
Zilliqa
3円
0.31%
Bitcoin Diamond
190円
0.12%
DigiByte
2円
2.87%
Siacoin
0円
1.27%
Basic Attention Token
28円
10.1%
Bytecoin
0円
0.91%
Steem
90円
0.26%
Bytom
24円
6.37%
Verge
1円
2.9%
Pundi X
0円
14.52%
Waves
219円
2.02%
GXShares
347円
-11.32%
empowr coin
870円
63.68%
TrueUSD
111円
0.57%
  1. 仮想通貨 >
  2. 取引所 >
  3. Binance >
  4. 大量の口コミを分析!Binance(バイナンス)の実際の評判から見るメリット・デメリット

大量の口コミを分析!Binance(バイナンス)の実際の評判から見るメリット・デメリット

Binance(バイナンス)は仮想通貨ブームの最中に設立され、現在では、世界でも有数の取引所になりました。海外の仮想通貨取引所のなかでも使いやすく、取扱い通貨も豊富なので日本にも多くのユーザーが存在してます。この記事では、そんなBinanceのメリット、デメリット、評判を紹介していきます。

Binanceとは

Binance Binanceとは
取引所 Binance(バイナンス)
設立 2017年7月
本拠地 マルタ
CEO Changpeng Zhao(CZ)
取り扱い通貨数 約150種類 (2018年8月27日時点)
取引手数料 0.10% (※BNBトークン保有者は0.05%)

Binance(バイナンス)は、2017年7月14日に中国で設立された仮想通貨取引所で、元々は香港に本社を置いていましたが、現在はマルタに拠点を移動させています。

Binanceは、設立から半年後の2017年12月にはユーザー数500万人を突破し、24時間の取引量が世界最大を記録するなど、急成長を遂げており、現在ではユニコーン企業として評価されるまでになっています。

また、同取引所は、2018年6月のマルタでの銀行口座取得や、2018年7月の韓国市場への進出計画の公表など、各国への展開や取引所サービスの拡充などに取り組んでおり、今後もさらなる成長が期待されています。

Binance(バイナンス)の口座を開設はこちら

↑目次に戻る

Binanceのメリット

上述のように急成長を遂げているBinanceですが、同取引所を利用するメリットには、以下のものが挙げられます。

  • 取引銘柄が100種類以上
  • 独自トークンを発行している
  • 上場銘柄を人気投票で決めることができる
  • セキュリティに優れている

取り扱い銘柄が100種類以上

Binance(バイナンス)のメリットには、取り扱い銘柄がとても豊富であることが挙げられます。

2018年8月現在、取り扱い通貨数は150種類以上となっており、主要な仮想通貨からフォークコインや草コインまで上場させています。

同取引所はハードフォークに柔軟に対応しており、2017年にビットコインがフォークした際には、ガイドラインの基準を満たしたフォークコインを上場させることで対応しています。

また、この他にもオンラインで申請されたトークンやコインを審査し、優良とみなされたものを上場させたり、後述するように人気投票で上位になった通貨を上場させたりしているため、今後も取り扱い銘柄がさらに増えていくことが予想されます。

このような対応に対し、Binanceを優秀だと評価する一方で、銘柄が増えすぎていることを多少マイナスに評価しているユーザーもいるようです。

独自トークンを発行している

Binance 独自トークンを発行している

Binanceのメリットには、BNB(Binance coin)と呼ばれる独自トークンを発行していることも挙げられます。

BNBは、取引所での利用が主となっており、上場を決める人気投票やBinanceLaunnchpadでのICOに参加したり、BNB建の取引で手数料の割引が受けられるなど、他の取引所にはないメリットを得ることができます。

BNBによる取引手数料の割引率は変動制となっており、年数ごとの割引率は以下の通りになっています。

1年目 50%
2年目 25%
3年目 12.5%
4年目 6.75%
5年目 0%

また、BNBは既に全枚数発行済みですが、Binanceが四半期ごとに利益の20%をBNBの買い戻しに充てているため、通貨への需要が高まり、今後価値が上昇していくことが予想されています。

上場銘柄を人気投票で決めることができる

Binance 上場銘柄を人気投票で決めることができる

Binance(バイナンス)では、定期的に新規上場させる通貨をユーザーの投票によって決めています。

この投票には、1票につき0.1BNBを支払うことで参加することができ、自身が注目しているコインを上場させることができる可能性があることはもちろん、他の投票者が注目しているコインを知ることができます。

Binanceでの人気投票については、以下の記事に詳しくまとめていますので、参考にしてください。

セキュリティに優れている

Binance セキュリティに優れている

Binanceは、セキュリティが優れている点も利用するうえでのメリットとなっています。

Binanceは、セキュリティ体制の構築に力を入れており、アカウントの二段階認証はもちろん、他の取引所にはないパズル認証も導入しています。

アカウントの二段階認証は、元々「Google Authenticator」による認証しかありませんでしたが、最近では携帯での認証も始めたため、それを評価する声もあるようです。

また、普段とは異なるIPアドレスからログインがあった場合には、登録したメールアドレス宛に通知がくるように設定されており、メール本文に記載されているURLをクリックすることでアカウントに利用を一時的に止めることができるようになっているため、不正アクセス対策も万全となっています。

なお、Binanceでは、以前一部ユーザーが使用しているシステムトレードBOTがフィッシングサイトによってAPIを不正に抜かれ、ユーザーが保有してい
るアルトコインとVIAが売買されるという事件が起きました。

しかし、不正な取引を検知したBinanceは、取引所をメンテナンス状態にし、取引を行えないようにしたうえで、資金をロールバックやAPIの再作成といった対応をすることで、事態を収束させました。

さらに、同取引所はハッキングを受け、以下の対策も追加で講じました。

  • ユーザー資産保護のため基金設立
  • 被害を受けたユーザーは期間限定で取引手数料無料
  • 全ユーザーへ70%取引手数料を還元
  • 犯人を見つけた人に賞金

このように、Binanceでは常にセキュリティ体制の強化し、予防策を講じることで、安全性の向上に取り組んでいます。

Binance(バイナンス)の口座を開設はこちら

↑目次に戻る

Binanceのデメリット

上述のようなメリットがある一方で、Binanceを利用するうえで、以下のようなデメリットも存在します。

  • iPhoneはアプリ対応していない
  • 日本円での入金ができない
  • 日本語に対応していない
  • 本人確認はパスポート書類しか利用できない

iPhoneはアプリ対応していない

Binanceが提供しているアプリは、操作性に優れており、簡単に取引できることから非常に人気となっています。

しかし、公式アプリがダウンロードできるのはAndroidに限定されており、iPhoneでは公式アプリをダウンロードすることはできません。

以前はAppStoreでアプリが配信されていましたが、仮想通貨への対応が厳しくなり、アプリのダウンロードが停止され、その後、アプリそのものも利用できなくなりました。

このことに対し、多くのモバイルユーザーからは、取引をするうえで不便だとの声があがっています。

また、2018年8月現在、BinanceはiOS用のアプリのベータ版を提供していますが、こちらのアプリはAppStoreでダウンロードすることはできず、ウェブサイトからダウンロードするものとなっています。

このようにiPhone版のアプリはAppStoreの審査を受けていないため、ダウンロードは可能であるものの、万が一セキュリティ面に問題があった場合などに、Apple Storeなどで対応してもらえない可能性がある点に留意してください。

日本円での入金ができない

Binance 日本円での入金ができない

海外取引所なので日本円での入金はできません。

あらかじめ国内の仮想通貨取引所で口座開設し、仮想通貨を購入してBinanceに送金することになります。

日本円に換金する際も同様に、Binanceから国内取引所へと送金し、国内の仮想通貨取引所から出金することで日本円に戻すことになります。

Binanceへの送金方法は以下の記事に記載していますので、参考にしてください。

日本語に対応していない

以前は日本語対応をしていたのですが、現在は未対応になっています。

これは、金融庁が許可していないにもかかわらず、Binanceは日本人向けにサービスを提供していることが問題となったためで、金融庁がBinanceに対し、警告を出したため、日本語対応のサービスの提供を取りやめられました。

※取引所のサービスは基本的に英語で提供されていますが、日本語で利用したい方は、Google翻訳を利用することで日本語で取引することができます。

Binanceの日本語対応が外されてしまったので、不便になったとの声がある一方、Google翻訳機能が実装されたため、それほど不便にはなっていないとの声もあるようです。

本人確認書類はパスポートしか利用できない

Binance 本人確認書類はパスポートしか利用できない

Binanceでは、本人確認書類の提出にパスポートしか受け付けていません。
以前は、運転免許証やマイナンバーカードなど、日本語表記の身分証でも問題なかったのですが、現在はパスポートのみ本人確認書類として利用可能です。

Binanceでは、本人確認書類を提出しなくても、取引所は利用できますが、その場合、仮想通貨の引き出しが1日2BTCまでに制限されてしまいます。

しかし、2BTC以上の出金など行いたい方は、本人確認書類を提供しなければならないので、パスポートを持っていない方は、新規に発行する必要があります。
なお、本人確認をすれば1日100BTCまでの引き出しが可能となります。

ユーザーのなかには、パスポートを取得していなかったため、アカウントがロックされてしまい、解除のために手続きに行く人も出てきているようです。

Binance(バイナンス)の口座を開設はこちら

↑目次に戻る

良い評判・口コミ

これまでBinanceの会社概要やメリットについて紹介してきましたが、この項ではBinanceの良い口コミについて紹介していきます。

良い口コミには、以下のようなものがあります。

  • トラブル時のサポートがとても速い
  • 日本の取引所よりもセキュリティやサーバーが優れている
  • サーバーが優れており、落ちない
  • サーバーが落ちた際の対応が速い
  • 入出金が他と比べて速くて助かる
  • Binanceは使いやすい
  • 注文価格が市場価格より高い場合にはアラートしてくれて親切
  • アルトコインを安くトレードできる
  • バイナンスは登録が簡単

↑目次に戻る

悪い評判・口コミ

次に、Binanceの悪い口コミについて紹介していきます。
利用しているユーザーたちの不満には、以下のようなものが挙げられます。

  • アプリが利用できないと不便
  • 日本語対応していないのは不便
  • バイナンスに入れないことがある
  • ビットコインのフォークを全部サポートしていない
  • BOTが注文を被せてくるので邪魔
  • 円建てがないのは不便

↑目次に戻る

まとめ

  • Binanceは世界有数の仮想通貨取引所であり、ユーザー数、取引所ともに世界規模となっている
  • 取扱い銘柄が150種類以上と豊富かつ、ユーザー数が多いため取引が成立しやすい
  • 独自トークンBNBを発行しており、保持していれば手数料が安くなったり、上場銘柄を決める人気投票に参加できる
  • セキュリティも優れており、問題発覚後の対応が迅速である
  • AppStore公式のアプリがなく、iPhoneユーザーには不便である
  • AppStore経由でなければアプリをダウンロードすることが可能
  • 日本円での入金ができず、国内の仮想通貨取引所から送金する必要がある
  • 日本語対応でないため、英語でサービスを受けることになる
  • 本人確認書類はパスポートのみ利用可能

Binanceは、取り扱い銘柄の多さや、サポート対応の迅速さ、独自トークンの発行など、他の取引所にはないメリットがあります。

また、公式サイトでは、分散型取引所の設立や、各国の市場への進出など、今後の取り組みについてアナウンスしており、さらなる成長が期待されています。

まだ、仮想通貨取引所の口座を開設していない人は、ぜひBinanceで口座開設をしてみてください。

Binance(バイナンス)の口座を開設はこちら

最終更新日: 2018-09-26

タグ:
Binance

記事に関するお問い合わせ

「Binance」に関する記事

Binanceについてさらに詳しく知りたいならこちらをチェック

Binanceへの上場を決める人気投票!参加方法や過去の投票結果を総まとめ
Binanceへの上場を決める人気投票!参加方法や過去の投票結果を総まとめ
【画像付き】世界最大規模の取引所Binance(バイナンス)の登録方法<本人確認や二段階認証の流れ>
【画像付き】世界最大規模の取引所Binance(バイナンス)の登録方法<本人確認や二段階認証の流れ>
【2018年1月~2月】出来高1日2000億円!Binanceニュースまとめ
【2018年1月~2月】出来高1日2000億円!Binanceニュースまとめ

「取引所」に関する記事

取引所の記事は他にも多数!

【解説】<GMOコインの送金方法>送金にかかる時間や送金におすすめの仮想通貨は?
【解説】<GMOコインの送金方法>送金にかかる時間や送金におすすめの仮想通貨は?
【口コミ・評判あり】DMM Bitcoinを利用するのってどうなの?メリット・デメリットを総まとめ
【口コミ・評判あり】DMM Bitcoinを利用するのってどうなの?メリット・デメリットを総まとめ
大量の口コミを分析!Binance(バイナンス)の実際の評判から見るメリット・デメリット
大量の口コミを分析!Binance(バイナンス)の実際の評判から見るメリット・デメリット
【徹底解説】仮想通貨を日本円に換金してみよう!GMOコインの出金方法
【徹底解説】仮想通貨を日本円に換金してみよう!GMOコインの出金方法
【解説】bitbankの入金は銀行振込のみ?入金が反映されない原因や解決策を総まとめ
【解説】bitbankの入金は銀行振込のみ?入金が反映されない原因や解決策を総まとめ

人気の記事

Cryptulで人気の記事を集めました

人気のキーワード

今Cryptulで話題のキーワードを集めました。

LINE@

Cryptul(クリプタル)のLINEアットで仮想通貨・暗号通貨の最新情報をゲットしよう!