Bitcoin
70万9,776円
-3.18%
Ethereum
2万4,268円
-8.55%
Ripple
50円
-18.68%
Bitcoin Cash
4万9,519円
-6.77%
EOS
591円
-8.77%
Stellar Lumens
26円
-11.65%
Litecoin
6,265円
-5.11%
Tether
109円
0.2%
Cardano
8円
-11.11%
Monero
1万2,561円
-6.02%
Dash
2万1,061円
-5.66%
IOTA
60円
-8.24%
TRON
2円
-10.12%
RaiBlocks
1,044円
-0.1%
NEO
1,965円
-6.78%
Ethereum Classic
1,183円
-5.49%
Binance Coin
1,075円
-3.96%
Tezos (Pre-Launch)
162円
-9.72%
NEM
10円
-6.01%
VeChain
1円
-6.92%
Walton
2,965円
-0.36%
Dogecoin
0円
-3.98%
Zcash
1万4,603円
0.95%
OmiseGO
367円
-7.8%
Bytecoin
0円
-5.55%
Bitcoin Gold
2,403円
-2.26%
Lisk
360円
-5.44%
0x
69円
-3.05%
Ontology
202円
-10.06%
Maker
4万9,251円
-3.36%
Qtum
402円
-8.94%
Decred
4,075円
-4.56%
BitShares
12円
-8.17%
Nano
240円
-7.94%
Bitcoin Diamond
200円
-8.47%
Zilliqa
3円
-6.44%
Steem
104円
5.84%
DigiByte
2円
-7.11%
ICON
69円
-10.54%
Siacoin
0円
-12.12%
Aeternity
104円
-6.27%
Waves
236円
-3.73%
Verge
1円
-7.21%
GXShares
347円
-11.32%
Metaverse ETP
395円
-2.82%
empowr coin
870円
63.68%
Bytom
18円
-6.29%
Basic Attention Token
17円
-7.57%
Pundi X
0円
-8.54%
  1. 仮想通貨 >
  2. ウォレット >
  3. NEM >
  4. 【使い方も解説】NEMを保管するならこれ!おすすめNEMウォレット

【使い方も解説】NEMを保管するならこれ!おすすめNEMウォレット

NEM(ネム)という仮想通貨銘柄をご存知でしょうか?コインチェックの流出事件によってその名前が一躍有名になったところがありますが、NEM自体はあくまでも数ある仮想通貨銘柄の一つです。 この記事では、NEMとは一体どのような銘柄か、そしてNEMの保管方法についてご説明します。

NEM(ネム)とは

NEM NEM(ネム)とは
公開日 2015年3月31日
単位 XEM
発行上限 8,999,999,999XEM
半減期 なし
アルゴリズム Proof of Importance
設立者 Lon Wong
時価総額 108,447,166,620
時価総額ランキング 19位(2018年8月29日時点)

NEM(ネム)とは、数多存在する仮想通貨の銘柄の一つです。
NEMはbitcointalkのフォーラム上で企画され、2015年の3月にリリースされました。

NEMという名称は「New Economy Movement」の頭文字を取ったものであり、直訳すると「新しい経済活動」という意味になります。

NEMの総発行量は8,999,999,999XEMで、ネットワークの維持に貢献しているユーザーに対し、ハーベスティングという形式で分配されます。

なお、NEMというのはプラットフォームの名称であり、その内部で使用される通貨はXEMと名付けられています。

↑目次に戻る

NEMの保管にはNanoWalletがおすすめ

NEMを保管する方法はさまざまですが、XEMの他にNEMのモザイクトークンを保管することも考慮するなら、NanoWalletを使用することをおすすめします。

NEMの公式がリリースするNEM専用ウォレット

NanoWalletとは、NEMの公式によってリリースされているNEM専用のウォレットです。
仮想通貨を保管するためのウォレットには、ハードウォレットやペーパーウォレットといったものもありますが、NanoWalletはデスクトップ上で動作するソフトウェアウォレットの1種になります。

↑目次に戻る

NanoWalletの特徴

NanoWalletは、MacやWindows、Linuxといった各種OSに対応しているため、どのパソコンでも無料で利用することが可能です。

マルチシグに対応

NanoWalletの特徴の一つとして、マルチシグに対応していることが挙げられます。

マルチシグとは、ウォレット内にある仮想通貨を送金しようとする場合に複数の署名が必要となる仕組みで、マルチシグを利用することで、不正アクセスによる被害を防ぐことができると言われています。

スマホ版のNEMモバイルウォレットと連携可能

NanoWalletはデスクトップウォレットですが、スマホ版アプリのNEMモバイルウォレットと連携することで、スマートフォンでも利用できます。

NEMモバイルウォレットは、Androidはもちろん、iOSにも対応しているため、iPhoneでも使用することが可能です。

モバイルウォレットの機能には、残高の確認やNEMの送受信、ハーベスティング履歴の確認といったものが挙げられます。

NanoWallet(iOS)のダウンロードはこちら

NanoWallet(Android)のダウンロードはこちら

モザイク機能による独自通貨の発行が可能

NEMでは、モザイク機能を利用して独自トークンを発行することが可能となっており、一連の操作はNanoWalletで行えるようになっています。

なお、独自トークンを発行する際には所定の手数料がかかりますので、注意してください。

ハーベストを委任することができる

NEMは既に全ての通貨を発行しているということもあり、マイニングによる採掘は行われていません。
しかし、NEMのブロックチェーンネットワークの維持に寄与したユーザーは、ハーベストに参加することができ、ハーベスティングを行った場合には、報酬としてXEMを得ることができます。

ハーベストを行える条件を満たしている場合、NanoWalletを利用してハーベストを委任することができます。
ハーベストを委任することで、常にパソコンを立ち上げておくことなく、報酬を得ることができます。

↑目次に戻る

NanoWalletの使い方

それでは、NanoWalletの具体的な使い方を紹介します。
NanoWalletはPCのデスクトップ上で利用するツールですので、グラフィカル、かつ比較的容易に扱うことができます。

STEP1.公式サイトからダウンロード

まず、下記公式サイトからNanoWalletをダウンロードします。

NEMの公式サイトはこちら

ダウンロードしたファイルを解凍し、開くことでNanoWalletを利用することができます。
なお、NanoWalletはブラウザベースで動作するアプリケーションですので、予め対応しているブラウザをPCにインストールしておきましょう。

NEM STEP1.公式サイトからダウンロード

STEP2.アカウントの作成とパスワード設定

ダウンロードしたアプリケーションを起動するとNanoWalletの画面が開くので、生成するウォレットのタイプを選択します。
ここでは、自動で秘密鍵を生成してくれる「Simple Wallet」を選択します。

※ウォレットのタイプを選択した際、PCがインターネットにつながっているとウォレットとバックアップデータの生成中は接続を切るように忠告されるので注意してください。

NEM STEP2.アカウントの作成とパスワード設定
NEM STEP2.アカウントの作成とパスワード設定

インターネットの接続を切り、ウォレットのタイプを選択したら、次にネットワーク、ウォレット名、パスワードを設定していきます。

NEM STEP2.アカウントの作成とパスワード設定
NEM STEP2.アカウントの作成とパスワード設定
NEM STEP2.アカウントの作成とパスワード設定

STEP3.ウォレットのファイルをダウンロードする

ネットワーク、ウォレット名、パスワードを設定したら、次はブラウザローカルストレージが消えてしまったときのバックアップとインポートデータとして使用することができるウォレットファイルをダウンロードします。

NEM STEP3.ウォレットのファイルをダウンロードする

STEP4.プライベートキーを保管する

ウォレットのファイルをダウンロードしたら、最後にプライベートキーを保管します。

下の画像のように「Show private key」と表示されるので、クリックして秘密鍵を表示させます。

この秘密鍵は、ウォレットを復元するときなどに必要となるので、なくさないように大切に保管しておきましょう。

NEM STEP4.プライベートキーを保管する

STEP5.ログインして入金や送金を行う

ウォレットを無事作成することができたら、ウォレット名とパスワードを入力してログインします。

ウォレットにログインすることで入金や送金といった各種機能を使うことができます。

NEMの受け取りを行うためには、右上の「Account」をクリックし、表示されたアドレスにNEMを送金します。

取引所からウォレットにNEMを送金する場合は取引所規定の送金手数料がかかる点に留意してください。

NEM STEP5.ログインして入金や送金を行う

送金をする場合は、画面左上の「Send」をクリックします。
クリックすると、下の画像のように、送金先のアドレスと送金する通貨の枚数を入力する項目があるので、入力したら画面下部の「Send」を押して送金完了です。

※入金や送金をする際は、絶対にアドレスの指定を間違えないようにしましょう。
一文字でも間違えてしまうと存在しないアドレスもしくは他人のアドレスにNEMが送金されてしまい、取り戻すのが非常に困難になってしまいます。

NEM STEP5.ログインして入金や送金を行う

↑目次に戻る

NanoWalletを使用する際の注意点

次に、NanoWalletを使用する際の注意点をみていきます。
ウォレットを使用する際の注意点には以下のものが挙げられます。

  • 復元ができるようバックアップをしっかり取る
  • パスワードを忘れたときに備えてメモを取る
  • 二段階認証ができないため、セキュリティ管理をしっかり行う

復元ができるようバックアップをしっかり取る

NanoWalletをインストールしているPCに何かトラブルが生じたときのために、しっかりと復元用バックアップを取っておく必要があります。

ログイン画面の右上にある「Account」クリックし、アカウント画面からバックアップを取ることができます。

その際にバックアップファイルを保存する場所を尋ねられますので、なるべくNanoWalletを使用しているドライブ以外の場所に保存するようにしましょう。

そうすることで、万が一NanoWalletをインストールしたドライブが破損したとしても復元することができるからです。

パスワードを忘れたときに備えてメモを取る

NanoWalletにアクセスするためには自分で設定したパスワードが必要になりますので、それを忘れてしまったらログインすることができません。

パスワードを設定した際には、それをどこかにしっかりとメモしておくことが大切です。
そうすることでパスワードを忘れてしまった際に備えることができ、煩雑な手続きなくウォレットにアクセスすることができます。

パスワードは紙に書いてもいいですし、PCに保存しても構いませんが、絶対に他人に見られないようにしましょう。
もしPCに保存する場合、ある程度セキュリティの高いパスワード保管用ツールを使うのも1つの手段です。

二段階認証ができないため、セキュリティ管理をしっかり行う

NanoWalletは基本的に二段階認証に対応していないため、自身でセキュリティ管理をしっかりと行う必要があります。
具体的には、NanoWalletやブラウザ、OSのバージョンを常に最新に保つようにしたり、場合によってはセキュリティソフトを導入することも検討しましょう。

NanoWalletはインターネットを介してどこか別の場所にアクセスして利用するという類のものではないため、取引所のようにWeb上のセキュリティはあまり考慮する必要はありません。
しかし、ソフトウェアやOSの脆弱性をついて攻撃される可能性もゼロではありませんので、そちらの管理は怠らないようにしましょう。

↑目次に戻る

その他のNEMを保管可能なウォレット

NanoWallet以外にもNEMを保管できるウォレットは存在するのでしょうか?引き続き、その辺りを見ていきましょう。

Wechat上のウォレット

NEM Wechat上のウォレット

中国のメッセージアプリであるWechatを利用することで、NEMを保管することができます。
正しくは、Wechat上で動作するサードパーティー製のウォレットアプリにNEMを保管できるといった仕組みになります。

日本ではあまり馴染みがありませんが、Wechatは中国でNo.1ともいえる人気を誇るメッセージアプリになりますので、そのなかで気軽にNEMをやり取りできるのはユーザーにとって利便性が高いと言えるでしょう。

TREZOR

NEM TREZOR

TREZORというウォレットにもNEMを保管することができます。
TREZORはNanoWalletとは異なり、ハードウェアウォレットになります。

ハードウォレットは、ソフトウェアウォレットよりセキュリティが高いと言われています。
その理由としては、まずソフトウェアウォレットは基本的にネットワークに繋がっていることが多いため、ハッキングやウイルスに感染する可能性が高いからです。

しかし、ハードウォレットはネットワークにつながっていないため、ソフトウェアウォレットに比べると、安全性が高くなっています。

ちなみに、ネットワークに繋がっていないウォレットをコールドウォレットを呼びます。
仮想通貨の保管方法がコールドであるか否かによって、そのウォレットのセキュリティレベルをある程度判断することができるでしょう。

Trezorを公式サイトで購入

↑目次に戻る

まとめ

NEMをNanoWalletで保管することによって、マルチシグを設定することができたりハーベスティングを委任することができます。
また、取引所に預けるのとは違ってデータは自分のローカルストレージに保存されることになりますので、オンラインウォレットに比べるとセキュリティが高いと言えるでしょう。

しかし、NanoWalletをインストールしているデバイスがネットワークに繋がっている以上完全とは言えませんので、PC自体のセキュリティを考慮する必要があります。
もしどうしても心配だという場合には、ハードウォレットを導入したり、ネットワークに繋がっていないデバイスを用意することをおすすめします。

最終更新日: 2018-08-29

タグ:
NEM

記事に関するお問い合わせ

「NEM」に関する記事

NEMについてさらに詳しく知りたいならこちらをチェック

NEM財団とは?財団の詳細や活動内容、NEMの仕組み、評判を詳しく解説
NEM財団とは?財団の詳細や活動内容、NEMの仕組み、評判を詳しく解説
NEM (ネム)のハーベストとは?仕組みとやり方を完全解説
NEM (ネム)のハーベストとは?仕組みとやり方を完全解説

「ウォレット」に関する記事

ウォレットの記事は他にも多数!

【使い方も解説】NEMを保管するならこれ!おすすめNEMウォレット
【使い方も解説】NEMを保管するならこれ!おすすめNEMウォレット
【解説】Ledger Nano Sの対応通貨・仕組み・購入方法総まとめ
【解説】Ledger Nano Sの対応通貨・仕組み・購入方法総まとめ
【ステップバイステップで解説】仮想通貨ウォレット「Trezor」の使い方マニュアル
【ステップバイステップで解説】仮想通貨ウォレット「Trezor」の使い方マニュアル
【画像付き】Ledger Nano Sの設定・使い方をわかりやすく解説
【画像付き】Ledger Nano Sの設定・使い方をわかりやすく解説
【一覧表付き】<目的別>仮想通貨ウォレットおすすめ14選
【一覧表付き】<目的別>仮想通貨ウォレットおすすめ14選

人気の記事

Cryptulで人気の記事を集めました

人気のキーワード

今Cryptulで話題のキーワードを集めました。

LINE@

Cryptul(クリプタル)のLINEアットで仮想通貨・暗号通貨の最新情報をゲットしよう!

NEMに関する直近のイベント