Bitcoin
70万9,776円
-3.18%
Ethereum
2万4,268円
-8.55%
Ripple
50円
-18.68%
Bitcoin Cash
4万9,519円
-6.77%
EOS
591円
-8.77%
Stellar Lumens
26円
-11.65%
Litecoin
6,265円
-5.11%
Tether
109円
0.2%
Cardano
8円
-11.11%
Monero
1万2,561円
-6.02%
Dash
2万1,061円
-5.66%
IOTA
60円
-8.24%
TRON
2円
-10.12%
RaiBlocks
1,044円
-0.1%
NEO
1,965円
-6.78%
Ethereum Classic
1,183円
-5.49%
Binance Coin
1,075円
-3.96%
Tezos (Pre-Launch)
162円
-9.72%
NEM
10円
-6.01%
VeChain
1円
-6.92%
Walton
2,965円
-0.36%
Dogecoin
0円
-3.98%
Zcash
1万4,603円
0.95%
OmiseGO
367円
-7.8%
Bytecoin
0円
-5.55%
Bitcoin Gold
2,403円
-2.26%
Lisk
360円
-5.44%
0x
69円
-3.05%
Ontology
202円
-10.06%
Maker
4万9,251円
-3.36%
Qtum
402円
-8.94%
Decred
4,075円
-4.56%
BitShares
12円
-8.17%
Nano
240円
-7.94%
Bitcoin Diamond
200円
-8.47%
Zilliqa
3円
-6.44%
Steem
104円
5.84%
DigiByte
2円
-7.11%
ICON
69円
-10.54%
Siacoin
0円
-12.12%
Aeternity
104円
-6.27%
Waves
236円
-3.73%
Verge
1円
-7.21%
GXShares
347円
-11.32%
Metaverse ETP
395円
-2.82%
empowr coin
870円
63.68%
Bytom
18円
-6.29%
Basic Attention Token
17円
-7.57%
Pundi X
0円
-8.54%
  1. 仮想通貨 >
  2. 取引所 >
  3. GMOコイン >
  4. GMOコインのFX取引を始めよう!<手数料やレバレッジ倍率など他取引所と徹底比較>

GMOコインのFX取引を始めよう!<手数料やレバレッジ倍率など他取引所と徹底比較>

仮想通貨市場は株式やFXに比べて価格変動が大きく、動きが不安定です。そのため、売りでも利益の出せるレバレッジ取引に興味を持つ人も増えているのではないでしょうか?そんな人におすすめなのが、GMOコインの仮想通貨FXです。この記事ではGMOコインの仮想通貨FXについて解説し、使い方を紹介していきます。

GMOコインの特徴

取引所名 GMOコイン
運営会社名 GMOコイン株式会社
設立 2016年10月
資本金 17.58億円(準備金含む)
所在地 渋谷区桜丘町20-1 渋谷インフォスタワー
役員 代表取締役会長:高島 秀行
事業者登録 登録番号00006号
取扱通貨 5種類
取引手数料 無料

GMOコインには2つの大きな特徴があります。

  • レバレッジをかけて仮想通貨を取引することができる
  • ビットコインだけでなく、アルトコインのレバレッジ取引も可能

仮想通貨のレバレッジ取引ができるだけなら、そう珍しい特徴とは言えません。
レバレッジ取引が可能な日本の取引所は他にもあります。

GMOコイン最大の特徴は、アルトコインのレバレッジ取引ができるという点です。

GMOコインの口座開設はこちら

リップルを含むアルトコインのレバレッジ取引が可能

レバレッジ取引は、別名を証拠金取引とも言います。

レバレッジ取引では、取引所に預けた資金を証拠金とすることで、レバレッジをかけた取引ができます。

レバレッジは倍率であらわされ、5倍、10倍、20倍などがあります。
レバレッジ10倍なら、1万円で10万円分の取引ができます。

各取引所のレバレッジ取引が可能な仮想通貨は下の表のとおりです。

ビットコイン アルトコイン
GMOコイン イーサリアム
リップル
ビットコインキャッシュ
ライトコイン
BitFlyer 無し
zaif 無し
bitbank Trade 無し
DMM Bitcoin イーサリアム
リップル
ビットコインキャッシュ
ライトコイン
ネム
イーサリアムクラック


イーサリアムやリップルといったアルトコインのレバレッジ取引ができる日本の取引所は、GMOコインとDMM Bitcoinだけです。

レバレッジ倍率は最大10倍

ビットコイン アルトコイン
GMOコイン 10倍 5倍
BitFlyer 15倍 無し
zaif 7.77倍 無し
bitbank Trade 20倍 無し
DMM Bitcoin 5倍 5倍


GMOコインの最大レバレッジは10倍になっています。
レバレッジ10倍が設定できるのはビットコインのみで、アルトコインのレバレッジは5倍固定で変更できません。

表を見ればわかるように、GMOコインのレバレッジは特段優れているというわけではありません。

しかし、GMOコインと同様にアルトコインのレバレッジ取引が可能なDMM Bitcoinと比較すると、ビットコインのレバレッジが最大10倍という点で優れています。

また、仮想通貨のレバレッジ取引に関しては、気になる情報も出てきています。
(2018/08/22時点)

日本の仮想通貨自主規制団体である日本仮想通貨交換協会(JVCEA)が、証拠金の上限を4倍にするという自主規制ルールを定ようとしているという情報があります。

日本仮想通貨交換業協会は24日、投資家が担保に預けた資金の何倍もの金額で取引ができる「証拠金取引」について、現在は上限が無制限の倍率を証拠金の4倍以内とするよう推奨する自主ルールを設ける方向で調整に入った。

引用元: www.jiji.com

まだ本決まりではありませんが、昨今の金融庁の取引所への対応等を考慮しても、この4倍ルールは実現する可能性が高そうです。

レバレッジ4倍が実現すれば、bitFlyerやbitbank Tradeと比べてレバレッジ倍率が劣る、というデメリットが無くなるため、相対的にGMOコインの優位性は上昇します。

↑目次に戻る

GMOコインのメリット

GMOコインを利用するメリットは、以下の3つです。

  • 少額から取引可能
  • 取引手数料が無料
  • 追証なし

この3点について見ていきましょう。

少額からの取引が可能

GMOコインの各仮想通貨の最低取引単位(仮想通貨FX)を確認しましょう。

最低取引単位 1単位の価格 最低取引価格
ビットコイン 0.01BTC 715,289円 715円
イーサリアム 0.1ETH 31,806円 636円
リップル 100XPR 32円 640円
ビットコインキャッシュ 0.1BCH 57,864円 1,157円
ライトコイン
1LTC 6,261円 1252円

注1:各仮想通貨の価格は2018年8月15日のもの
注2:最低取引価格の算出は最低取引単位×現在価格÷レバレッジ倍率
注3:ビットコインのレバレッジ倍率は10倍、アルトコインは5倍

表から分かるように、1,000円前後の少額からレバレッジ取引を始めることができます。
少額からスタートできるというのは大きな魅力です。

ただし、後ほど説明する強制ロスカットのことを考えると、スタート時の資金は1万円程度は欲しいところです。

取引手数料がすべて無料

GMOコインのレバレッジ取引手数料は無料となっています。

また、GMOコインではクイック入金手数料、出金手数料も無料となっています。
資金を追加したいときに無料で素早くできるため、チャンスを逃す心配はありません。
取引で利益が出たら、それを出金するのも無料でできます。

GMOコインは入出金が無料で行えるため、気軽に利用できる取引所です。

追証がない(注意点あり)

レバレッジ取引では、取引所に預け入れている金額以上の損失を出してしまう可能性があります。
取引の損失額が証拠金を上回った場合、口座残高はマイナスになります。

口座残高がマイナスになると、取引所はマイナス分の支払いを求めてきます。
マイナス資金分の証拠金の追加請求、これを追証といいます。

投資で借金を背負うというのは、たいていがこの追証によるものです。
レバレッジ取引は利益の極大化を狙える一方、コントロールできない損失を出す可能性があるというマイナス面もあります。

レバレッジ取引をする人にとって、追証にだけはなりたくないというのが共通の願いでしょう。

GMOコインでは、顧客が追証を求められるという状況にならないために、ロスカット制度を採用しています。

証拠金維持率が80%を下回ると、顧客の意志に関係なく強制的にポジションを処理します。

証拠金維持率の算出方法は以下のとおりです。

  • 証拠金維持率=時価評価総額÷必要証拠金×100
  • 必要証拠金=ポジション数量×仮想通貨の時価×0.2(レバレッジ5倍)
  • 時価評価総額=口座残高+評価損益

下の条件で具体例を上げてみます。

  • 証拠金10万
  • ビットコイン価格70万
  • レバレッジ5倍

ビットコイン価格70万の時に、0.1BTCの買いで入ります。
ポジション中(取引中の状態をこういいます)にビットコイン価格が600,000円になると、以下のようになります。

評価損益:600,000−700,000×0.1 = -10,000円
時価評価総額:100,000(口座残高)−10,000(評価損益)= 90,000円
必要証拠金:0.1(ポジション数量)×600,000(仮想通貨の時価)×0.2(レバレッジ5倍) = 12,000円
証拠金維持率:90,000(時価評価総額)÷12,000(必要証拠金)×100 = 750%

ビットコイン価格が10万円下落しても、証拠金維持率は750%です。
レバレッジ5倍なら余裕をもって取引できることが確認できます。

ただし、GMOコインの追証なしには注意が必要です。
GMOコインの追証なしは、絶対に口座残高がマイナスにならないという意味ではありません。
また、口座残高がマイナスになった場合、不足分の支払いが不要という意味でもありません。

GMOコインでは、万が一口座残高がマイナスになれば、不足分の支払いが必要です。

ロスカットの執行により、お口座に不足金が発生した場合は、不足分を請求させていただきます。

不足金の詳細についてはこちらよりご確認ください。

引用元: support.coin.z.com

このように、口座残高がマイナスになった場合は不足分の支払いが必要と公式ホームページに明記されています。

GMOコインの追証不要は、あくまで追証がでないような努力をしています、という意味です。

↑目次に戻る

GMOコインのデメリット

次はGMOコインのデメリットについてみていきましょう。

  • 円建てでしか取引できない
  • スプレッドが高い?

この2点について詳しく見ていきます。

円建てでしか取引できない

日本国内でFXを始めるのであれば、日本円を入金して証拠金とするのが普通です。

ですが、証拠金は必ずしも日本円である必要はないのです。
実際、DMM BitcoinやbitbankTradeでは、ビットコインを証拠金として使えます。

このビットコインを証拠金として、イーサリアムを買ったり、売ったりができます。
日本円でイーサリアムを買うのと同じように、ビットコインでイーサリアムを買うことができるのです。

日本円でイーサリアムを買うのを日本円建て(ETH/JPY)、ビットコインでイーサリアムを買うのをビットコイン建て(ETH/BTC)といいます。

ビットコイン建てを採用している取引所では、ビットコインをすでに所有している人は、日本円を使う必要なくレバレッジ取引ができます。

残念ですが、GMOコインは日本円建てにしか対応していません。
これはビットコイン建てでFXをしたい人にはデメリットです。

他取引所に比べてスプレッドが広い

GMOコイン DMM Bitcoin BitFlyer
BTC/JPY 1,066 1,900 71.3
ETH/JPY 930 1,500 無し
XRP/JPY 1.21 1.60 無し
LTC/JPY 184 360 無し
BCH/JPY 1,766 2,800 無し

注:2018年8月21日のもの

上の表はスプレッドの比較表になります。
アルトコインのレバレッジ取引のできるDMM Bitcoinと比較すると、通常であればGMOコインのスプレッドは狭いのです。

なぜ、「GMOコインのスプレッドは大きい」という印象があるのかというと、原因はスプレッドが変動制であることにあります。

スプレッドは、仮想通貨のボラティリティ(値動き)、取引の集中などによって変動します。

ボラティリティが大きくなる時にスプレッドが広がるのは、GMOコインだけではありません。
これはどこの取引所も同じです。

しかし、GMOコインはスプレッドの変動幅が大きく、通常時ならビットコインのスプレッドは1,000円程度ですが、ボラティリティが高まると、このスプレッドが数万円にまで広がる場合があります。

平時であれば、GMOコインのスプレッドは小さいため、ボラティリティが大きい時は取引しない、というスタンスの人であれば、GMOコインのスプレッドはメリットでしょう。

逆に、ボラティリティが大きい時に、積極的に取引するという人の場合は、変動の大きすぎるGMOコインのスプレッドはデメリットになります。

自身の取引スタンスによって、GMOコインのスプレッドはメリットかデメリットか分かれるといえそうです。

↑目次に戻る

仮想通貨FXのやり方

仮想通貨FXを始めるには、GMOコインに口座を開設する必要があります。

口座を開設すれば、あとは入金するだけです。
先ほども書きましたが、GMOコインはクイック入金の手数料が無料です。
入金時はクイック入金を利用すると良いでしょう。

次から、仮想通貨FXの具体的な使い方を解説していきます。

レバレッジ取引の売買方法

仮想通貨FXでの買い方を解説していきます。
ビットコインを成行で最低単位の0.01BTC買ってみましょう。

GMOコインの公式ホームページからマイページへログインします。

GMOコイン レバレッジ取引の売買方法

①初期画面は現物売買のページになっているので、左のメニューから仮想通貨FXを選択し、画面を上のものに切り替えます。
②の矢印の先をクリックすると、取引ペアの選択ができます。

今回はビットコインを買うのでそのまま。

GMOコイン レバレッジ取引の売買方法

①の数字がスプレッドです。
②の数字が現在の買い値になります。
この時に1BTC買うと、699,375円です。
売る場合は、BID(売)の下の数字、698,001円になります
③で注文方法を選択。
今回は成行なので、一番左の成行を選択
④で買い、売りをクリックで選択
⑤で、取引数量を入力
⑥は注文時にどれだのスリップを許容するか設定することができます

スリップページについて解説します。
成行で700,000に買い注文を入れても、確実にその値段で約定するわけではありません。
ボラティリティが大きい状況だと、注文価格から大きく離れたところ702,000などで買い注文が約定してしまうことがあります。

スリップページを設定する目的は、一定以上値段がズレて約定するのを防ぐことにあります。

スリップページを1,000円に設定しておけば、上の例では注文が約定しません。

スリップページをあまりに狭く設定するのは考え物です。
スリップページを0にすれば、注文価格以外では約定しなくなります。
ですが、これだと注文が通らなくなる可能性も出てきます。

スリップページは自分が許容できる範囲内で設定しておきましょう。

スリップページは1pips単位で設定可能で、任意入力です。
スリップページは、成行注文でのみ設定可能で、設定しないこともできます。

  • 1pips=0.01円
  • 最大設定値9,999,999=99,999円

すべて入力(スリップページは任意)したら、確認画面をクリックします。
(確認省略にチェックを入れると、確認画面を飛ばしてそのまま注文を確定できますが、慣れないうちはこのチェックは外しておきましょう)

GMOコイン レバレッジ取引の売買方法

注文内容に誤りがなければ、下部の確定をクリックで注文が確定します。

成行以外の注文方法

仮想通貨FXは、成行以外にも指値(逆指値)、IFD、OCO、IFD-OCOの4つの注文パターンがあります。

成行以外の注文方法は、約定価格を自分で指定することができます。
そして、指定した価格が実現すれば、注文が実行されます。

自分がビットコインを1BTC、100,000円で欲しいからと指値をいれても、ビットコイン価格が100,000円まで下がらない限り、この注文は約定しません。

指値注文から解説していきます。

指値注文

指値注文は、現在の価格より安く買いたい時、高く売りたいときに使用します。

ビットコインの現在価格が700,000円の時、680,000円まで下がったら買いたいという場合に、指値注文が使えます。

GMOコイン 指値注文

また、上の例で、ビットコイン価格が720,000円になったら売りたいという場合にも指値注文が使えます。

指値注文の具体的な使い方を確認してみましょう。
下の画像は、ビットコインが680,000円になったら買いたい、というケースの注文例です。

GMOコイン 指値注文

①で注文タイプから指値を選択
②で買い注文
③で注文数量を決定
④で指値をクリックして選択
⑤で注文価格を入力します

あとは確認画面を押して、注文に誤りがないか確認して、注文を確定しましょう。

逆指値注文

逆指値注文は、指値注文の逆です。
逆指値注文は、現在の価格より高く買いたい、安く売りたい時に使用します。

ビットコインの現在価格が700,000円の時、価格が680,000円になったら売るという場合に逆指値注文が使えます。

GMOコイン 逆指値注文

逆指値注文の具体的な使い方は、価格のブレイクアウトを考えると分かりやすくなります。

ビットコイン価格が680,000円を下回ったら、さらに下がりそうだから売ろう、という場合に逆指値注文が使えます。

OCO注文

OCO注文は、指値と逆指値注文を同時に出すことのできる注文方法です。

ビットコインが680,000円になったら買いたい、720,000円になったら買いたいというケースで注文例を見てみます。

GMOコイン OCO注文

①でOCOをクリックして選択
②で買いを選択
③で数量を入力
④で指値680,000を入力
⑤で逆指値720,000を入力

最後に確認をして、間違いがなければ注文を確定します。

OCO注文で指値が約定した場合、逆指値の注文は自動で取り消されます。
逆指値が約定すれば、指値が取り消されます。

OCO注文は、決済の時も使用できます。
現在ビットコインを700,000円で保有中の場合、指値720,000に注文を置き、逆指値680,000に逆指値を置くOCO注文を出したとします。

こうしておけば、720,000になったら20,000の儲け、680,000になったら20,000負けで損切撤退というのが自動で執行されます。

IFD注文

IFD注文は、新規注文と同時に決済の予約注文を入れることができます。

具体例を見てみましょう。
ビットコインを680,000で指値買い、利益目標の720,000に決済指値売り注文を入れておきます。

GMOコイン IFD注文

①でIFDを選択
②で買いを選択
③で数量を入力
④で指値を選択
⑤で新規注文注文の指値価格を入力
⑥で決済数量を入力
⑦で指値を選択
⑧で決済指値価格を入力

確認画面で間違いがなければ、注文を確定。

IFDの決済注文は、新規の注文が約定しない限り意味をもちません。
上の例だと、価格が680,000にならずに740,000になったとしても、買い注文は入りません。

IFD注文は応用の幅が広いです。
決済注文を逆指値に置けば、自動で損切ができます。

IFD-OCO注文

IFD-OCO注文は、その名の通りIFDとOCOを組み合わせた注文方法です。
注文の時点で指値(もしくは逆指値)で約定価格を指定し、利益確定の価格、損切の価格まで予約注文を入れておきます。

具体例を見てみましょう。
指値680,000に買い注文を入れ、720,000に指値買いの利益確定注文、660,000に逆指値損切注文を入れます。

GMOコイン IFD-OCO注文

①でIFD-OCOを選択
②で買いを選択
③で数量を入力
④で指値を選択
⑤で指値注文価格を入力
⑥で決済数量を入力
⑦で決済指値価格を入力
⑧で決済逆指値価格を入力

最後に確認を行い、間違いがないなら注文を確定。

IFD-OCOは、注文を入れておけば放置で決済までの注文が執行されます。

両建てとは

両建てとは、同一の仮想通貨の買い、売りのポジションを同時に持つことを言います。

70,000円でビットコインの買いポジションを持つと同時に、700,000円でビットコインの売りのポジションを持つという状態が両建てです。

両建ては取引所によっては禁止されていますが、GMOコインでは禁止されていません。

ポジションの維持にレバレッジ手数料がかかる

レバレッジ手数料とは、ポジションを維持するのに必要になる手数料です。
ポジションをニューヨーククローズ(日本の午前7時、サマータイム中は午前6時)をまたいで保有すると、レバレッジ手数料がかかります。

手数料は、建て玉ごとに0.04%が徴収されます。
1BTCが700,000円だった場合に、0.1BTCにかかる手数料は

0.1BTC×700,000×0.04=28

28円になります。

レバレッジ手数料
GMOコイン 0.04%
BitFlyer 0.04%
zaif 0.039%
bitbank Trade 0
DMM Bitcoin 0.04%

↑目次に戻る

GMOコインの評判は?

  • ロスカット率が低く、FXで高いレバレッジがかけやすい
  • サイト・アプリが使いやすい
  • スプレッドが大きく、トレードで利益が出しにくい

↑目次に戻る

まとめ

GMOコイン

GMOコイン

0円

  • GMOインターネット運営
  • アルトコインのレバレッジ取引が可能
  • サイト・アプリが使いやすい!

GMOコインの口座開設はこちら

GMOコインの特徴は、アルトコインのレバレッジ取引が可能な点にあります。

GMOコインの仮想通貨FXは、最低1,000円の少額から取引可能で、取引手数料も無料と始めやすい条件がそろっています。
取引画面も分かりやすく、使い勝手も悪くありません。

アルトコインのレバレッジ取引をしたい人には、GMOコインがおすすめできます。

GMOコインの口座開設はこちら

最終更新日: 2018-09-04

タグ:
レバレッジ GMOコイン

記事に関するお問い合わせ

「GMOコイン」に関する記事

GMOコインについてさらに詳しく知りたいならこちらをチェック

【徹底解説】仮想通貨を日本円に換金してみよう!GMOコインの出金方法
【徹底解説】仮想通貨を日本円に換金してみよう!GMOコインの出金方法
GMOコインで仮想通貨取引を始めよう!口座開設から入金までの流れ
GMOコインで仮想通貨取引を始めよう!口座開設から入金までの流れ

「取引所」に関する記事

取引所の記事は他にも多数!

【口コミ・評判あり】DMM Bitcoinを利用するのってどうなの?メリット・デメリットを総まとめ
【口コミ・評判あり】DMM Bitcoinを利用するのってどうなの?メリット・デメリットを総まとめ
大量の口コミを分析!Binance(バイナンス)の実際の評判から見るメリット・デメリット
大量の口コミを分析!Binance(バイナンス)の実際の評判から見るメリット・デメリット
【解説】bitbankの入金は銀行振込のみ?入金が反映されない原因や解決策を総まとめ
【解説】bitbankの入金は銀行振込のみ?入金が反映されない原因や解決策を総まとめ
【解説】ShapeShiftの使い方!登録なしで仮想通貨が両替可能
【解説】ShapeShiftの使い方!登録なしで仮想通貨が両替可能
GMOコインのFX取引を始めよう!<手数料やレバレッジ倍率など他取引所と徹底比較>
GMOコインのFX取引を始めよう!<手数料やレバレッジ倍率など他取引所と徹底比較>

人気の記事

Cryptulで人気の記事を集めました

人気のキーワード

今Cryptulで話題のキーワードを集めました。

LINE@

Cryptul(クリプタル)のLINEアットで仮想通貨・暗号通貨の最新情報をゲットしよう!