Bitcoin
71万5,137円
0.96%
Ethereum
2万2,576円
0.69%
Ripple
50円
0.63%
Bitcoin Cash
4万9,668円
2.22%
EOS
597円
1.57%
Stellar Lumens
26円
-0.55%
Litecoin
5,844円
0.52%
Tether
107円
0.16%
Cardano
8円
-0.05%
Monero
1万1,540円
1.48%
TRON
2円
1.13%
IOTA
54円
-0.09%
Dash
1万7,061円
1.24%
Binance Coin
1,072円
0.75%
RaiBlocks
1,044円
-0.1%
NEO
1,831円
1.0%
Ethereum Classic
1,063円
0.7%
NEM
10円
5.52%
Tezos (Pre-Launch)
146円
2.28%
Walton
2,965円
-0.36%
Zcash
1万3,813円
0.3%
VeChain
1円
-0.71%
Dogecoin
0円
1.06%
Maker
7万5,674円
2.39%
0x
96円
-2.1%
OmiseGO
367円
0.42%
Bitcoin Gold
2,857円
-1.53%
Qtum
469円
8.45%
Ontology
201円
1.19%
Decred
4,185円
0.14%
Lisk
318円
-0.04%
Aeternity
151円
-0.8%
BitShares
11円
4.2%
Nano
224円
-0.09%
ICON
76円
1.15%
Zilliqa
3円
0.31%
Bitcoin Diamond
190円
0.12%
DigiByte
2円
2.87%
Siacoin
0円
1.27%
Basic Attention Token
28円
10.1%
Bytecoin
0円
0.91%
Steem
90円
0.26%
Bytom
24円
6.37%
Verge
1円
2.9%
Pundi X
0円
14.52%
Waves
219円
2.02%
GXShares
347円
-11.32%
empowr coin
870円
63.68%
TrueUSD
111円
0.57%
  1. 仮想通貨 >
  2. 取引所 >
  3. DMMビットコイン >
  4. 【口コミ・評判あり】DMM Bitcoinを利用するのってどうなの?メリット・デメリットを総まとめ

【口コミ・評判あり】DMM Bitcoinを利用するのってどうなの?メリット・デメリットを総まとめ

仮想通貨の取引に関心がある人は、DMM Bitcoinという取引所の名前を聞いたことがあるのではないでしょうか?同取引は、複数のアルトコインレバレッジ取引することができることや、UIが見やすいことに定評があります。この記事では口コミや評判から、DMM Bitcoinのメリット・デメリットを分析していきます。

DMM Bitcoinとは?

取引所 DMM Bitcoin
運営会社 株式会社DMM Bitcoin
設立 2016年11月7日
資本金 12億9,000万円
所在地 東京都中央区日本橋2-7-1東京日本橋タワー10階
役員 代表取締役社長:田口
事業者登録 関東財務局長 第00010号
事業内容 仮想通貨交換業及び金融付帯業(差金決済取引)
取扱い通貨数 7種類



DMM Bitcoinは株式会社DMM Bitcoinが運営している仮想通貨取引所です。
2016年にオープンした前身である東京ビットコイン取引所が2017年12月12日に現在の社名になりました。

株式会社DMM Bitcoinが所属しているDMMグループでは、DMM FXを長年運営しており、金融サービスのノウハウを蓄積してきました。
DMM Bitcoinは、それらのノウハウを活かしながら、仮想通貨取引所を運営しています。

DMM Bitcoinの口座を開設

↑目次に戻る

DMM Bitcoinのメリット

DMMビットコイン DMM Bitcoinのメリット
出典:bitcoin.dmm.com

この項目では、DMM Bitcoinの以下のメリットについて紹介します。

  • さまざまな手数料が無料
  • アルトコインでのレバレッジ取引が可能
  • 24時間365日対応のカスタマーサポート

さまざまな手数料が無料

DMM Bitcoiのメリットには、主要な手数料が無料に設定されていることが挙げられます。

入金手数料や出金手数料については、日本円の場合には銀行の振込手数料を、仮想通貨の場合にはマイナーへの手数料を除き、無料となっています。
そのため、頻繁に資金を出し入れしながら運用している人にとっては利用しやすい手数料体系となっています。

また、現物取引やレバレッジ取引の取引手数料も無料となっており、取引しやすい取引所となっています。

一方、レバレッジ取引は取引手数料は無料ですが、ポジションを持っている場合には建玉の0.04%/日のレバレッジ手数料がかかる点に留意してください。

アルトコインでのレバレッジ取引が可能

DMM Bitcoinの最大の特徴はアルトコインでレバレッジ取引ができることです。

レバレッジ取引とは、取引所に証拠金として資産を預けその数倍の金額の取引をするものです。
レバレッジの意味が梃子(てこ)であることからも分かる通り、手持ちの資産以上の金額で取引ができるようになるので、リターンが大きくなるものの、損失が出れば損失額も大きくなってしまうためハイリスクハイリターンの取引となっています。

DMM Bitcoinの場合、最大で5倍の倍率をかけてレバレッジ取引をすることが可能です。

レバレッジ取引ができるアルトコインは以下の7種類です。

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • ネム(NEM)
  • リップル(XRP)
  • ライトコイン(LTC)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)

多くの取引所では、レバレッジ取引ができるアルトコインはイーサリアムのみのところがほとんどでしたが、DMM Bitcoinではリップルやライトコインなども取り扱っています。

24時間365日対応のカスタマーサポート

DMM Bitcoinでは、24時間365日対応のカスタマーサポートを提供しています。
そのため、何かトラブルがあった時などは、すぐに連絡をすることができます。

また、DMM Bitcoinは、LINEによるカスタマーサポートも提供しているため、電話を掛けるのが苦手な人でもカスタマーサポートを利用しやすくなっています。

↑目次に戻る

DMM Bitcoinのデメリット

次に、DMM Bitcoinのデメリットについて紹介します。

デメリットには、以下のものを挙げることができます。

  • 販売所形式のため売買価格が高い
  • 現物取引の取り扱い銘柄が2種類しかない

販売所形式のため売買価格が高い

DMM Bitcoinは厳密に定義すると取引所ではなく販売所になります。

取引所とは売りたい人と買いたい人が双方で売買する場を提供しているものです。

一方、販売所は販売所を運営している企業が保有している仮想通貨を個人と企業の間で売買するものになります。
販売所の場合は、企業がスプレッドを設定しているため、ユーザー間で約定させる取引所よりも売買価格が高くなる傾向にあります。

取引のタイミングにもよりますが、DMM Bitcoinはスプレッドが大きくなりがちです。
スプレッドとは仮想通貨の買値と売値の差額のことです。
基本的には買値の方が売値よりも高くなります。

例えば、仮想通貨のある時点での買値が150円、売値が100円だとすれば、スプレッドが50円ということになります。
150円で購入した場合、利益を出そうとすれば、スプレッドの50円分の価格上昇を待ってから、売却しなければいけません。
そのため、スプレッドは取引における隠れた手数料と呼ばれています。

DMM Bitcoinのような販売所形式の場合、スプレッドが比較的大きくなるため、多少取引が不利になることがあります。

現物取引の取り扱い銘柄が2種類しかない

DMM Bitcoinはレバレッジ取引ができる仮想通貨の銘柄が多いことをメリットとして挙げましたが、その一方で現物取引できる銘柄が2種類しかありません。
現物取引できるのは以下の2種類です。

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)

日本の他の主要な取引所がネムやビットコインキャッシュなどが取引できることを考慮しても、見劣りしてしまうラインナップと言えます。

↑目次に戻る

良い口コミ

DMM Bitcoinについての良い口コミをいくつかピックアップしました。

DMMの良い口コミには以下のようなものが挙げられています。

  • 業務改善命令を受けておらず、コンプライアンスがしっかりしている
  • アプリが使いやすい
  • チャート上から注文から決済までできるのが便利
  • アルトコイン分析に優れている

↑目次に戻る

悪い口コミ

次に、DMM Bitcoinの悪い口コミについてみていきたいと思います。

悪い口コミには以下のようなものがあります。

  • 使いにくい
  • 送金が遅い
  • 対応が遅い

↑目次に戻る

他取引所との比較

Zaif bitFlyer coincheck DMM Bitcoin
取り扱い通貨 16種類 7種類 9種類 7種類
セキュリティ
手数料 安い 普通 普通 大きい(スプレッド)
本人確認 遅い 早い 早い 遅い
サポート体制 ×
損害補償 なし あり あり なし
アプリの操作性 ×

*2018/9/21時点

日本の主要な取引所であるZaif、bitFlyer、coincheckと比較してみると、DMM Bitcoinの特徴がより明確に見えてきます。

特に取り扱い通貨は、他の取引所と比べても少ないことが目立っています。
bitFlyerも7種類ですが、DMM Bitcoinの場合はレバレッジ取引でのみ取引できる銘柄も含まれており、現物取引できる銘柄は2種類のみとなっています。

一方で、サポート体制やアプリの操作性には優れているといえます。

↑目次に戻る

まとめ

今回は、DMM Bitcoinについての特徴や評判について整理すると以下のようになります。

  • さまざまな手数料が無料
  • 最大5倍のレバレッジ取引ができる
  • 取引画面がみやすく、操作性に優れている
  • スプレッドが大きいことや現物取引できる銘柄が少ない

結論としては、DMM Bitcoinは中級者から上級者向けの取引所ということが言えるでしょう。
特にFXでの取引経験がある人にとっては魅力的な取引所といえるでしょう。

DMM Bitcoinの口座を開設

最終更新日: 2018-09-26

タグ:
DMMビットコイン

記事に関するお問い合わせ

「DMMビットコイン」に関する記事

DMMビットコインについてさらに詳しく知りたいならこちらをチェック

DMMビットコインで仮想通貨取引を始めよう!登録から入金までの流れ
DMMビットコインで仮想通貨取引を始めよう!登録から入金までの流れ
【解説】DMMビットコインのFX(レバレッジ)取引<よくある問題と対処法まとめ>
【解説】DMMビットコインのFX(レバレッジ)取引<よくある問題と対処法まとめ>

「取引所」に関する記事

取引所の記事は他にも多数!

【解説】<GMOコインの送金方法>送金にかかる時間や送金におすすめの仮想通貨は?
【解説】<GMOコインの送金方法>送金にかかる時間や送金におすすめの仮想通貨は?
【口コミ・評判あり】DMM Bitcoinを利用するのってどうなの?メリット・デメリットを総まとめ
【口コミ・評判あり】DMM Bitcoinを利用するのってどうなの?メリット・デメリットを総まとめ
大量の口コミを分析!Binance(バイナンス)の実際の評判から見るメリット・デメリット
大量の口コミを分析!Binance(バイナンス)の実際の評判から見るメリット・デメリット
【徹底解説】仮想通貨を日本円に換金してみよう!GMOコインの出金方法
【徹底解説】仮想通貨を日本円に換金してみよう!GMOコインの出金方法
【解説】bitbankの入金は銀行振込のみ?入金が反映されない原因や解決策を総まとめ
【解説】bitbankの入金は銀行振込のみ?入金が反映されない原因や解決策を総まとめ

人気の記事

Cryptulで人気の記事を集めました

人気のキーワード

今Cryptulで話題のキーワードを集めました。

LINE@

Cryptul(クリプタル)のLINEアットで仮想通貨・暗号通貨の最新情報をゲットしよう!