Bitcoin
71万1,405円
2.11%
Ethereum
3万2,780円
2.78%
Ripple
34円
9.23%
Bitcoin Cash
5万9,684円
4.15%
EOS
531円
3.67%
Stellar Lumens
24円
4.76%
Litecoin
6,463円
5.29%
Tether
109円
0.17%
Cardano
11円
6.34%
Monero
1万515円
6.61%
Ethereum Classic
1,503円
-0.58%
TRON
2円
11.29%
IOTA
54円
7.72%
Dash
1万7,319円
3.19%
RaiBlocks
1,044円
-0.1%
NEO
1,991円
9.68%
NEM
12円
7.04%
Binance Coin
1,115円
4.42%
VeChain
1円
47.01%
Tezos (Pre-Launch)
144円
1.89%
Walton
2,965円
-0.36%
Zcash
1万5,660円
0.77%
OmiseGO
444円
10.72%
Lisk
437円
19.66%
0x
88円
11.81%
Qtum
508円
6.4%
Bytecoin
0円
17.5%
Decred
4,353円
5.08%
Bitcoin Gold
1,994円
1.17%
Ontology
224円
40.7%
Maker
4万7,765円
4.74%
DigiByte
2円
9.91%
BitShares
11円
7.02%
Dogecoin
0円
4.28%
Zilliqa
3円
19.85%
Steem
102円
9.85%
Nano
207円
54.55%
ICON
70円
18.91%
Aeternity
114円
13.44%
Verge
1円
24.1%
Basic Attention Token
23円
12.43%
Siacoin
0円
14.1%
MOAC
369円
2.89%
Waves
228円
7.16%
Populous
608円
30.03%
Augur
1,967円
2.43%
GXShares
347円
-11.32%
Pundi X
0円
29.93%
empowr coin
870円
63.68%
  1. 仮想通貨 >
  2. 取引所 >
  3. 分散型取引所(DEX) >
  4. 【解説】分散型取引所(DEX)とは?トラストレスな取引所の仕組み

【解説】分散型取引所(DEX)とは?トラストレスな取引所の仕組み

分散型取引所(DEX)は次世代型の仮想通貨取引所と言われており、大きな注目を集めています。DEXは、管理主体を持たず、非中央集権型で運営される取引所です。この記事では、現在、世界中で数を増やしているDEXについて解説していきます。

分散型取引所(DEX)とは

分散型取引所(DEX)は、中央管理する主体がいないタイプの取引所で、取引の参加者は連携しているウォレットを使ってP2Pで仮想通貨を取引することができます。

従来の中央集権的な取引所では、資産や取引データを管理する管理主体が存在していますが、DEXでは、ブロックチェーン上で取引が行われており、取引データはすべて分散型台帳で管理することができるため、特定の管理主体を必要としていません。

そのため、既存のBinanceやbitFlyerなどのような中央集権型の取引所にはない特徴を多く持っています。

今回は、分散型取引所(DEX)の特徴や具体例などを中心に解説していきます。

分散型取引所(DEX)の仕組み

分散型取引所(DEX) 分散型取引所(DEX)の仕組み

DEXでは、利用者は秘密鍵を各自で管理しており、同様に手持ちの資産も個人が管理することになります。

また、DEXで取引を実行する際には、スマートコントラクトが用いられ、取引記録はすべてブロックチェーン上に記録されるため、各自のウォレット間でP2Pの取引をすることが可能となっています。

一方、多くの人が利用している中央集権的な取引所では、取引所がウォレットに預けている資産や秘密鍵を管理しており、取引を実行する際には、管理主体によって各自の資産が移動されることになります。

このように、DEXは従来の取引所とは異なり、トラストレスな仕組みの取引所となっています。

中央集権型取引所との違い

既存の中央集権型取引所とDEXの主な違いは以下の表の通りになります。

中央集権型取引所 分散型取引所(DEX)
管理主体 あり なし
資産管理 管理者 個人
取引記録 独自データベース
※一部ブロックチェーンに記録
ブロックチェーン

資産管理

中央集権型取引所では、分散型取引所(DEX)と異なり、資産管理は取引所が行っているため、取引所がハッキング等に遭うと顧客の資産がまとめて奪われてしまうリスクがあります。

これまでにも、マウントゴックス事件やコインチェック事件のように取引所がハッキングの被害に遭い、顧客が被害を受けるという事態が起きています。

一方、DEXの場合は個人が資産と秘密鍵を各自で管理されているため、ハッキングのリスクも少なく、また管理主体が存在しないためカウンターパーティリスクが起こることはありません。

取引記録

中央集権型取引所では、各取引所が独自のデータベースに取引データを記録しており、取引所が管理するウォレット間に実際に資金を移動した場合のみがブロックチェーンに履歴が記録されます。

つまり、ユーザーが行った取引がすべてブロックチェーン上に記録されているわけではありません。

一方、DEXの場合には、ブロックチェーンプラットフォーム上で取引が行われるため、すべての取引がブロックチェーンに記録されています。
そのため、DEXは従来の取引所に比べて、透明性が高い取引所となっています。

以上のような点から、DEXは次世代型の仮想通貨取引所と呼ばれており、非中央集権というブロックチェーン技術や仮想通貨の思想を反映した取引所として注目を集めています。

↑目次に戻る

分散型取引所(DEX)のメリット

分散型取引所のメリットは主に以下の3つが挙げられます。

  • セキュリティの安全性が高い
  • 取引に時間的制約がない
  • 取引所の破綻リスクがない

セキュリティの安全性が高い

先述のように、DEXは管理主体がいないため、取引所を狙ったハッキングやシステム障害といったカウンターパーティリスクがありません。

特にシステム障害に関しては、ブロックチェーン上で取引が行われ、ネットワークは分散的に管理されているめ、単一障害点がなく、サーバーダウンが発生する可能性は極めて小さいといえるでしょう。

また、その他にも管理主体内部での不正行為や人的ミスが起きないことを考慮すると、中央集権型取引所に比べ、セキュリティの安全性は比較的高いものとなっています。

取引に時間的制約がない

DEXでの取引はスマートコントラクトを活用してP2Pで行われるため、取引相手がいれば24時間365日取引をすることが可能となっています。

中央集権型取引所でも24時間取引可能な取引所も多いですが、こちらはシステムのメンテナンス等で取引を行うことができない時間もあるため、厳密には24時間365日取引が行えるわけではありません。

また、取引時間の他にも、DEXには中央集権型取引所に比べて手数料が安く済むというメリットもあります。

これは、中央集権型取引所の場合、ハッキング対策やシステムの維持に多額の費用がかかり、その費用を手数料といった形で補う必要があるためです。

取引所の破綻リスクがない

先述したように、DEXでは管理主体が存在しないため、取引所自体の破綻するということがありません。
そのため、取引所の運営主体の経営体制などを気にする必要がなく、比較的安心して取引することが可能です。

実際、国内の仮想通貨取引所(中央集権型取引所)では、金融庁から経営体制の整備などで業務改善命令を受けており、運営による対応が続いています。

↑目次に戻る

分散型取引所(DEX)のデメリット

分散型取引所にはデメリットもあります。
主には以下の3つが挙げられます。

  • 取引の流動性が低い
  • フィッシング詐欺に注意する必要がある
  • 取引ペアが少ない

取引の流動性が低い

分散型取引所で取引をしている人はまだそれほど多くはありません。
そのため、トークンの流動性が低く、なかなか取引が約定しないといった弱点があります。

取引が約定しないことは取引所としての魅力が半減してしまうため、今後いかに利用者を増やしていくかが課題です。

このような課題を克服するために、例えば0xでは第三者をリレイヤーと呼ばれる仲介者として募り、ユーザーを集めさせることで0xのプラットフォーム利用者を増やそうとしています。

取引を処理するのに時間がかかる

中央集権型取引所では、取引データをすべてブロックチェーンに記録しているわけではないので、取引の処理にかかる時間が短く、従ってリアルタイムでの取引成立が可能となっています。

一方、DEXの場合は、すべての取引をブロックチェーンに記録するため、取引承認までには時間がかかるため、取引成立にも時間がかかってしまうというデメリットがあります。

また、イーサリアムをベースにしたDEXの場合、スケーラビリティの問題はもちろん、副次的に送金の際にかかる手数料(gas)が高くなるといったデメリットもあります。

カスタマーサポートがない

分散型取引所は、特定の管理主体がいないため、取引に関するトラブルが起きた場合に、すべて自己責任となってしまいます。

例えば、パスワードを紛失した場合に、中央集権型取引所では運営に問い合わせることでパスワードを再設定することが可能ですが、DEXの場合は管理主体がいないため、パスワードを再設定することはできません。

また、中央集権型取引所のなかにはサーバーがダウンした場合の損失を保険でカバーしてくれる取引所もありますが、このような保険サービスもDEXにはありません。

以上のように、DEXでは取引に関わる全ての事項が自己責任となってしまうというデメリットがあります。

↑目次に戻る

主な分散型取引所(DEX)

分散型取引所(DEX)の基本的な仕組みと特徴について紹介してきましたが、ここでは、具体的にどのようなDEXがあるのかについてみていきます。

海外の分散型取引所

分散型取引所(DEX)は海外で開発されており、イーサリアムをベースに開発されているものと、トークン独自のプラットフォームの上に開発されたものがあります。

ここでは、まずイーサリアムをベースに開発されているDEXのうち以下の2つについて説明します。

  • IDEX
  • Kyber Network
  • 0x

IDEX

分散型取引所(DEX) IDEX
出典:idex.market

IDEXは2017年10月に稼働し始めた分散型取引所で、以下のような特徴があります。

  • 注文が素早く通る
  • キャンセル料金がかからない
  • 取引成立がリアルタイムで行われる

IDEXはイーサリアムベースで構築されています。
同じイーサリアムベースのDEXとしてEtherDeltaがありますが、EtherDeltaは注文がなかなか通らず、手数料も割高となってしまうという欠点がありました。
一方、IDEXはそのような欠点をクリアして使いやすくしたものとして人気が高まっています

取り扱いトークンは、基本的にイーサリアムベースのトークンの扱いしかありません。
しかし、DEXの中でも取り扱い銘柄はかなり多く、基本的にどのトークンでも取引が可能になっています。

Kyber Network

分散型取引所(DEX) Kyber Network
出典:kyber.network

Kyber Networkも同様にイーサリアムをベースに開発されたDEXで、使いやすさの追求を目指しています。

Keyber Networkでは、他の取引所のレートを参照しながら、自動的に取引者に最適なレートで取引を決済してくれるという特徴があります。
これによって、有利な条件で取引を行うことが可能になります。

2018年2月11日にメインネットの試運転が開始されることが発表され、同年4月まで稼働されました。
期間中はICO参加者など一部のユーザーのみがアクセスできましたが、今後その範囲を広げていく予定です。
2019年の前半にはクロスチェーンで交換できるように開発が進められています。

Kyber Network(KNC)のチャートはこちら

0x(ZRX)

分散型取引所(DEX) 0x(ZRX)

0xは2017年8月に公開されましたDEXで、取引所のほかにも、このプラットフォームを利用することでさまざまなアプリケーションを作ることができます。

0xでは、オーダーブック等はオフチェーンで処理され、実施にトークンを売買するときだけオンチェーンで処理されます。

そのため、IDEXなどと比べて手数料が安くなっています。

0x(ZRX)のチャートはこちら

トークン独自のプラットフォームを利用したDEX

次に独自のブロックチェーンプラットフォームの上に構築されているDEXのうち、以下の2つを紹介します。

  • Lisk
  • Waves

Lisk

分散型取引所(DEX) Lisk
出典:lisk.io

Liskはイーサリアムのようにスマートコントラクトが実装されているプラットフォームです。
最も大きな特徴はサイドチェーンという技術を実装している点です。
サイドチェーンはメインのブロックチェーンとは別に存在しているチェーンのことで、処理速度や柔軟性に大きく貢献するものです。

Liskを利用したDEXは2018年秋に公開予定で、仮想通貨LSKを基軸通貨として取引ができるようになります。
詳しい情報は今後順次公開される予定ですが、Liskの特徴であるサイドチェーンを活かすことで利便性の高いDEXが開発されると期待されます。

Lisk(LSK)のチャートはこちら

Waves

分散型取引所(DEX) Waves

WavesプラットフォームのDEXは、取引速度や手数料の安さの面で優れている反面、取引可能な仮想通貨の数が他のDEXに比べて少ないという弱点があります。

一方、Wavesでは、独自通貨であるWAVESを経由することで、法定通貨とも取引することができるという特徴があります。

Wavesは既にさまざまな機能を持ったプラットフォームとして多くの利用者を抱えており、なかでも非常に簡単に独自通貨を発行することができるため注目されています。

1WAVES支払うことで、発行者のニーズや特徴に応じた独自トークンを作ることができ、WavesのDEX上で発行した独自トークンも取引することも可能になっています。

Waves(WAVES)のチャートはこちら

↑目次に戻る

まとめ

  • 分散型取引所(DEX)は管理主体をもたない取引所
  • スマートコントラクトによるトラストレスな仕組みによってP2Pの取引が可能
  • 中央集権型取引所とは異なり、秘密鍵を各自で管理する
  • DEXの取引記録はすべてブロックチェーンに記録される
  • DEXはカウンターパーティリスクがない
  • 現状、DEXの流動性は低く、取引可能な通貨ペアも限られている

次世代の取引所である分散型取引所(DEX)が、今後どのように普及していくのか注目です。

最終更新日: 2018-08-03

タグ:
分散型取引所(DEX)

記事に関するお問い合わせ

人気の記事

Cryptulで人気の記事を集めました

人気のキーワード

今Cryptulで話題のキーワードを集めました。

LINE@

Cryptul(クリプタル)のLINEアットで仮想通貨・暗号通貨の最新情報をゲットしよう!