Bitcoin
71万1,405円
2.11%
Ethereum
3万2,780円
2.78%
Ripple
34円
9.23%
Bitcoin Cash
5万9,684円
4.15%
EOS
531円
3.67%
Stellar Lumens
24円
4.76%
Litecoin
6,463円
5.29%
Tether
109円
0.17%
Cardano
11円
6.34%
Monero
1万515円
6.61%
Ethereum Classic
1,503円
-0.58%
TRON
2円
11.29%
IOTA
54円
7.72%
Dash
1万7,319円
3.19%
RaiBlocks
1,044円
-0.1%
NEO
1,991円
9.68%
NEM
12円
7.04%
Binance Coin
1,115円
4.42%
VeChain
1円
47.01%
Tezos (Pre-Launch)
144円
1.89%
Walton
2,965円
-0.36%
Zcash
1万5,660円
0.77%
OmiseGO
444円
10.72%
Lisk
437円
19.66%
0x
88円
11.81%
Qtum
508円
6.4%
Bytecoin
0円
17.5%
Decred
4,353円
5.08%
Bitcoin Gold
1,994円
1.17%
Ontology
224円
40.7%
Maker
4万7,765円
4.74%
DigiByte
2円
9.91%
BitShares
11円
7.02%
Dogecoin
0円
4.28%
Zilliqa
3円
19.85%
Steem
102円
9.85%
Nano
207円
54.55%
ICON
70円
18.91%
Aeternity
114円
13.44%
Verge
1円
24.1%
Basic Attention Token
23円
12.43%
Siacoin
0円
14.1%
MOAC
369円
2.89%
Waves
228円
7.16%
Populous
608円
30.03%
Augur
1,967円
2.43%
GXShares
347円
-11.32%
Pundi X
0円
29.93%
empowr coin
870円
63.68%
  1. 仮想通貨 >
  2. ブロックチェーン >
  3. マイニング >
  4. 【解説】マイニングにはアルトコインが狙い目!CPUとGPUの違いとは

【解説】マイニングにはアルトコインが狙い目!CPUとGPUの違いとは

マイニングとは、仮想通貨で取引を行う際に、その取引データの整合性を確かめる承認作業によって仮想通貨を報酬として受け取る仕組みを指します。マイニングの手段は仮想通貨ごとに異なっており、CPUで承認作業を行うことができるものから、マイニングに特化したASICで行うものまでさまざまです。この記事では、それぞれのマイニング手段の解説とマイニング対象となる仮想通貨の紹介をします。

マイニングとは

マイニング マイニングとは

仮想通貨で取引が行われる際には、取引データの整合性を確かめる「承認作業」を行う必要があり、承認されたブロックは新たにブロックチェーンにつながれます。

この承認作業を行うインセンティブとして、実行者には新規に発行された仮想通貨が報酬で支払われるようになっており、このような仕組みを「マイニング」、マイニングの実行者を「マイナー」と呼びます。

例えば、ビットコインではマイニングに複雑な計算処理を必要としており、最初に計算を終えたマイナーに対し、12.5BTC(2018年7月時点)の報酬が支払われます。

また、マイニングには採掘難易度(Difficulty)が設けられており、上述のビットコインでは、承認作業に10分程度の時間がかかるよう2週間に1度のペースで調整が行われています。

コンセンサスアルゴリズムの種類

コンセンサスアルゴリズムとは、管理主体が存在しないネットワークにおいて、正当性を決定するための仕組みを意味します。

例えば、ビットコインで採用されているProof of Work(PoW)の場合、複雑な計算処理を最初に終えたマイナーに発言権(承認権限)が与えられるようになっています。

一方、イーサリアムが導入を目指しているProof of Stakeでは、発言権(承認権限)はトークンの保有量によって決められるようになっています。

このように、コンセンサスアルゴリズムに応じて承認者の決定方法は異なりますが、承認作業によって実行者が報酬を受け取るという基本的な仕組みはパブリック型ブロックチェーンを採用するすべての仮想通貨で共通しています。

以下、さまざまな種類のコンセンサスアルゴリズムと、それぞれのコンセンサスアルゴリズムを採用する主要な仮想通貨を紹介します。

名称 仕組み 承認速度 メリット デメリット 代表的な通貨
PoW (Proof of Work) 計算能力に応じて承認権を得る 遅い 改ざんや二重送金に対する安全性が高い 51%攻撃のリスクが高い電気消費量が多い BTC
BCH
PoS (Proof of Stake) トークンの保有量に応じて承認権を得る 51%攻撃が難しい トークンの流動性の低下 ADA
FCT
PoI (Proof of Importance) スコアリングに応じて承認権を得る 51%攻撃が難しいトークンの流動性の担保 参入障壁が高い XEM
PoC (Proof of Consensus) 承認権を特定の主体に委託 速い 承認速度が速いマイニング投資が不要 承認作業の不透明性 XRP
XLM
DPoS (Delegated Proof of Stake) 代表者を選んで承認権を与える 速い 承認速度が速いマイニング投資が不要 承認作業の不透明性 EOS
LISK
DBFT (Delegated Byzantin Fault Tolerant) 複数の代表者による投票結果に応じて承認権を得る 速い PoCやDPoSに比べて不正行為が行われにくい承認速度が速いマイニング投資が不要 中央集権的な体制 NEO
ONT

先述したように、ビットコインではコンセンサスアルゴリズムにPoWが採用されているため、複雑な計算を最初に終えたマイナーに承認権が与えられます。

一方で、PoWではブロックの承認に10分程度の時間を要するため、承認速度が遅く、スケールしづらいという問題があります。

このような問題を解決するために、複雑な計算を行わなくてもネットワークの安全性を維持することが可能なPoSやPoIが考案されました。

PoW、PoS、PoIについては以下の記事で詳しく説明しているので、参考にしてください。

CPUとGPUの違い

先述したように、ビットコインではASICによるマイニングが行われていますが、なかにはCPUやGPUによるマイニングが適しているトークンもあります。

ここでは、CPUとGPUの違いについて説明していきます。

CPUは家庭用パソコンに標準搭載されている演算処理装置(プロセッサ)で、直列的に計算処理を行うため、複雑な計算処理に適しています。

GPUは主に3Dグラフィックなどの画像を描写する際に必要な計算処理に用いられ、並列的な計算処理に特化したプロセッサです。

CPUとGPUの違いをまとめると以下の表のようになります。

CPU GPU
主な役割 コンピュータ動作に関する計算処理 画像描写に必要な計算処理
得意な計算処理 直列的な計算処理 並列的な計算処理
コア数 数個 数千個


ビットコインが誕生した当初は、CPUによるマイニングが行われていましたが、その後、GPUを用いたマイニングに移行していきました。

しかし、最近ではASICによるマイニングが主流となってしまったため、ビットコインではCPUやGPUによるマイニングは困難となってしまいました。

一方、イーサリアムやモネロのようなASIC耐性をもつ仮想通貨ではGPUによるマイニングが適しており、トークンが採用しているハッシュ関数によって最適なマイニング手法が異なるというのが現状です(*しかし、それぞれの仮想通貨でASICが出現する可能性は常に存在します)。

↑目次に戻る

【2018年】仮想通貨マイニングの現状

マイニング 【2018年】仮想通貨マイニングの現状

上述したように、ビットコインではマイニング手法がGPUからASICに移り、その後もASICの改良が続いているため、ハッシュレートは非常に高いものとなっています。

ビットコイン(BTC)マイニングの収益化は難しい

ビットコインのマイニングによる収益化が難しい要因は「ハッシュレートの高さ」と「電気代の高さ」が挙げられます。

以下、それぞれの要素についてみていきます。

ハッシュレートが高い

マイニング ハッシュレートが高い

ハッシュレートとは、マシンの計算力の測定単位を意味し、1秒間あたりの計算量は「hash/s」で表されます。

上記のグラフはビットコインのブロックチェーン全体におけるハッシュレートの推移を表しています。
ブロックチェーン全体のハッシュレートが上昇しているということはマイニングに必要なマシンパワーが極めて高くなっていることを意味します。

マイニングによる収益性を上げるためには、マシンパワーを向上させる必要があり、マイニングファームなどによるマイニング専用マシンの開発競争が激化したことで、ハッシュレートの上昇が続いています。

電気代がかかる

例えば、ASICでマイニングを行う場合、ASICをフル稼働させておく必要があるため、大量の電気を消費することになります。

これまでは、ハッシュレートの上昇に伴い、ASICマイニングにかかる電気代が高くなっても、ビットコインの価格が上昇によって採算をとることができました。

しかし、現状ではビットコインの価格は下がっているため、今後もハッシュレートが上がり続ける一方で、ASICの1TH(テラハッシュ)にかかる電気消費量の改善ペースが鈍化した場合、ビットコインのマイニングで採算をとるのが難しくなる可能性があります。

中国大手マイニングファームの台頭

マイニングで利益を得るためには、マイニング投資が必須となっており、マイニング専用の演算処理システムである「ASIC」の購入には15~25万円程かかります。

また、上述したように、マイニングには大量の電気が必要となるため、高い電気代を支払う必要があります。

このように、マイニングには固定費用がかかるため、マイニングで収益を上げるためには、電気代を抑えることが必要となってきます。

そこで、マイニングを行う企業などには、必要な電気代を抑えるために、石炭発電などで電気代の比較的安くなっている中国などでマイニングを行う企業が増えており、このような企業を「マイニングファーム」と呼びます。

マイニングファームは保有しているASICを安い電気で大量稼働させているため、ビットコインでは一部のマイニングファームによるマイニングの寡占化が進むなどの問題が起きています。

マイニングプールに参加することで収益化は可能

マイニングプールは、複数のマイナーが協力してマイニングを行う仕組みを指します。

マイニングプール参加者は、プール管理者に対し計算力を提供し、マイニングに成功した際には、報酬を受け取ったプール管理者から、提供した計算能力に応じて配当が与えられるようになっています。

プールマイニングを行うことで、個々のマイナーの計算能力が低くても、トータルの計算能力がハッシュレートに達していればマイニングに成功することが可能となります。

↑目次に戻る

アルトコインのマイニングが狙い目

マイニング アルトコインのマイニングが狙い目

ビットコインのマイニングは、投資コストやハッシュレートが高いため、ソロマイニングで利益を上げるのは困難となっています。

そのため、個人でマイニングを行う場合には、ASICを購入してビットコインやビットコインキャッシュのマイニングプールに参加するか、ソロマイニングをするのであればハッシュレートが低いアルトコインやASIC耐性のあるアルトコインをマイニングすることになります。

以下ではアルトコインのマイニングについてご紹介します。

アルトコインマイニングのメリット

  • 家庭用のパソコン(CPU)でも参加できる
  • 将来10倍、20倍の値上がりも期待できる
  • マイニングで得たコインをBTCやETHに換えることができる

CPUやGPUでも参加できる

アルトコインのなかには、マイニングの競争率が低いものもあります。
そのようなコインでは採掘難易度が低めに設定されているため、CPUやGPUでも比較的容易にマイニングに成功することが可能です。

また、先述したように、アルトコインのなかにはASIC耐性のあるコインもあるため、そのようなコインであれば、CPUやGPUでマイニングに成功する確率が高いといえるでしょう。

将来10倍、20倍の値上がりも期待できる

アルトコインのなかには、現状価値が低く、マイナーにとって魅力的ではない通貨も存在します。

このような通貨はCPUでマイニング可能ですが、このような通貨は将来、価値が10倍や20倍になる可能性もあります。

現在、時価総額1位のビットコインも、価値が低いうちはCPUでマイニング可能でしたが、その時期にマイニングによってBTCを得ていたマイナーのなかにはかなりのリターンを得ることができた人もいたでしょう。

このように、将来の値上がりに備えて、現在価値が低く、マイナーがあまり参加していないコインのマイニングを行うことも戦略の1つです。

マイニングで得たコインをBTCやETHに換えることができる

アルトコインのなかには、マイニング効率が高いコインもあるため、そのようなコインをマイニングして、得た通貨をアルトコインと比較して安定性が高いBTCやETHに換えるといった戦略をとることも可能です。

アルトコインマイニングのデメリット

  • 流動性が低い可能性が高い
  • 無価値同然になる可能性がある(草コイン)

流動性が低い可能性が高い

マイナーなコインかつ取引規模が大きい場合、取引の流動性が低く、売りたいときに売れないといった事態が起きる可能性があります。

そのため、アルトコインのなかでもマイナーなコインをマイニングする際は、ある程度取引所などで取引量のあるコインをマイニングするのが良いといえるでしょう。

無価値同然になる可能性がある(草コイン)

草コインはアルトコインの中でも、「特に目的もなく作られた通貨」や、「実用性や信用が低い通貨」を指します。

なかには高騰する通貨もあり、それらのコインをマイニングで得ることができれば、高いリターンを得られる可能性があります。

一方、草コインの場合は取引所の上場が廃止さえるといった可能性もあり、将来的に無価値になってしまう恐れもあります。

↑目次に戻る

【CPU/GPU別】アルトコインの紹介

マイニング 【CPU/GPU別】アルトコインの紹介

CPU、GPUを使ってマイニングできるアルトコインをそれぞれ紹介していきます。

CPUマイニングのアルトコイン

Monero(モネロ)

マイニング Monero(モネロ)

MoneroはBytecoinをベースにした匿名通貨であり、CryptoNightというアルゴリズムを採用しています。

CryptoNightアルゴリズムを採用している通貨はGPUと同様のレベルのハッシュレートを出すことができるため、CPUでマイニングしている人が多い通貨の一つです。

BitZeny(ビットゼニー)

マイニング BitZeny(ビットゼニー)

BitZenyは日本発のアルトコインで、2014年にリリースされたました。

BitZenyはYescryptというアルゴリズムを採用しており、GPUやASICに耐性を持っているため、CPUでも十分なマイニングができるコインです。

GPUマイニングのアルトコイン

Ethereum(イーサリアム)

マイニング Ethereum(イーサリアム)

イーサリアムは、今後予定されているハードフォークによってコンセンサスアルゴリズムが変更予定です。

現行のPoW(プルーフ・オブ・ワーク)から、PoS(プルーフ・オブ・ステーク)へ移行することになっています。

PoSに移行した際はマイニングにおける計算が不要になり、通貨の保有量に重み付けされた確率で承認権を得ることができます。

そのため、GPUによるイーサリアムのマイニングはコンセンサスアルゴリズムの移行までとなっています。

一方、直近ではBitmainがイーサリアム対応のASICを開発したとの発表をしており、今後はGPUでのマイニングは困難になるかもしれません。

MONA(モナコイン)

マイニング MONA(モナコイン)

モナコインもBitZenyと同じく日本で生まれた仮想通貨です。
2ちゃんねる発祥の仮想通貨ということもあり、ユニークな銘柄として有名になりました。

モナコインではプロセッサに対して採掘難易度の差がないためCPUに比べるとGPUやASICの方がかなりマイニング効率が上がります。

そのため、GPUやASICを用いたマイニングの方が主流となっています。

WhatToMineを使って採掘効率の良い通貨を見つける

マイニング WhatToMineを使って採掘効率の良い通貨を見つける
出典:whattomine.com

WhatToMineとは、GPUやASICの種類、枚数といったパラメータを入力すると自身のツールと最も親和性が高く採掘効率の良い仮想通貨を計算してくれるサイトです。

マイニングツールによってマイニングする通貨の種類は千差万別なため、WhatToMineを利用して自分にあった通貨を見つけましょう。

WhatToMine

↑目次に戻る

マイニングソフトを利用する

NiceHash

マイニング NiceHash

NiceHashは、ハッシュパワーを売買するマーケットプレイスで、売り手はハッシュパワーを貸し出すことで、報酬をBTCで受け取ることができます。

NiceHashではマイニングプールのように特定の仮想通貨をマイニングするわけではなく、さまざまなアルゴリズムに対応しているため最も採掘効率の良い仮想通貨を自動選択してマイニングを実行してくれます。

NiceHash

MinerGate

マイニング MinerGate

MinerGateは初心者でも簡単にマイニングを行うことができるソフトで、こちらも対応している仮想通貨の中から効率の良いものを自動選択してマイニングをしてくれます。

対応している仮想通貨は以下の通りです。

  • ジーキャッシュ(ZEC)
  • ビットコインゴールド(BTG)
  • イーサリアム(ETH)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • バイトコイン(BTC)
  • モネロ(XMR)
  • モネロオリジナル(XMO)
  • ファントムコイン(FCN)
  • カザールコイン(QCN)
  • ディジタルノート(XDN)
  • ダッシュコイン(DSH)
  • イーオン(AEON)

MinerGate

↑目次に戻る

まとめ

  • 仮想通貨の取引ではマイニングによってブロックの承認作業が行われる
  • コンセンサスアルゴリズムによって承認権を得る方法が異なる
  • CPU、GPU、ASICのいずれかでマイニングを行うことができる
  • ASICの開発競争によってハッシュレートが高くなっている
  • アルトコインのなかにはCPUやGPUでマイニングできるものがある
  • プールマイニングによって複数のマイナーが協力してマイニングを行うことができる
  • ハッシュパワーの売買を仲介するサービスがある
  • マイニングソフトによってマイニングに最適なコインを見つけることができる

ビットコインはマイニング専用のASICが必要ですが、比較的安いコストでソロマイニングを行いたい場合には、マイニングソフトなどを使って、適切なアルトコインをマイニングすることをおすすめします。

最終更新日: 2018-08-07

タグ:
マイニング

記事に関するお問い合わせ

「マイニング」に関する記事

マイニングについてさらに詳しく知りたいならこちらをチェック

【画像付き】<おすすめ構成>GPU4枚刺しでマイニング用自作PCを作る方法
【画像付き】<おすすめ構成>GPU4枚刺しでマイニング用自作PCを作る方法

「ブロックチェーン」に関する記事

ブロックチェーンの記事は他にも多数!

【イーサリアムで話題】仮想通貨のスマートコントラクトの仕組みと事例
【イーサリアムで話題】仮想通貨のスマートコントラクトの仕組みと事例
NEM (ネム)のハーベストとは?仕組みとやり方を完全解説
NEM (ネム)のハーベストとは?仕組みとやり方を完全解説
【解説】マイニングにはアルトコインが狙い目!CPUとGPUの違いとは
【解説】マイニングにはアルトコインが狙い目!CPUとGPUの違いとは
【解説】ビットコインの基盤となるブロックチェーンの仕組みをわかりやすく解説
【解説】ビットコインの基盤となるブロックチェーンの仕組みをわかりやすく解説
ビットコインで採用されているプルーフオブワーク(Proof of Work)の仕組みと問題点まとめ
ビットコインで採用されているプルーフオブワーク(Proof of Work)の仕組みと問題点まとめ

人気の記事

Cryptulで人気の記事を集めました

人気のキーワード

今Cryptulで話題のキーワードを集めました。

LINE@

Cryptul(クリプタル)のLINEアットで仮想通貨・暗号通貨の最新情報をゲットしよう!