Bitcoin
71万1,405円
2.11%
Ethereum
3万2,780円
2.78%
Ripple
34円
9.23%
Bitcoin Cash
5万9,684円
4.15%
EOS
531円
3.67%
Stellar Lumens
24円
4.76%
Litecoin
6,463円
5.29%
Tether
109円
0.17%
Cardano
11円
6.34%
Monero
1万515円
6.61%
Ethereum Classic
1,503円
-0.58%
TRON
2円
11.29%
IOTA
54円
7.72%
Dash
1万7,319円
3.19%
RaiBlocks
1,044円
-0.1%
NEO
1,991円
9.68%
NEM
12円
7.04%
Binance Coin
1,115円
4.42%
VeChain
1円
47.01%
Tezos (Pre-Launch)
144円
1.89%
Walton
2,965円
-0.36%
Zcash
1万5,660円
0.77%
OmiseGO
444円
10.72%
Lisk
437円
19.66%
0x
88円
11.81%
Qtum
508円
6.4%
Bytecoin
0円
17.5%
Decred
4,353円
5.08%
Bitcoin Gold
1,994円
1.17%
Ontology
224円
40.7%
Maker
4万7,765円
4.74%
DigiByte
2円
9.91%
BitShares
11円
7.02%
Dogecoin
0円
4.28%
Zilliqa
3円
19.85%
Steem
102円
9.85%
Nano
207円
54.55%
ICON
70円
18.91%
Aeternity
114円
13.44%
Verge
1円
24.1%
Basic Attention Token
23円
12.43%
Siacoin
0円
14.1%
MOAC
369円
2.89%
Waves
228円
7.16%
Populous
608円
30.03%
Augur
1,967円
2.43%
GXShares
347円
-11.32%
Pundi X
0円
29.93%
empowr coin
870円
63.68%
  1. 仮想通貨 >
  2. 取引所 >
  3. Zaif >
  4. 【口コミ・評判】Zaif(ザイフ)の口座は開設した方が良い?メリット・デメリットを総まとめ

【口コミ・評判】Zaif(ザイフ)の口座は開設した方が良い?メリット・デメリットを総まとめ

仮想通貨の取引所であるZaifを知っていますか?最近では、有名タレントを起用して大々的に広告を出しているので、名前を聞いたことがある方は多いのではないでしょうか。「Zaifって他の取引所と何がちがうの?」「仮想通貨の取引所って危険なんでしょ?」そんな疑問をお持ちの方もいるかと思います。この記事は、Zaifの特徴やメリット、今後の将来性などについて解説します。

Zaifとは

Zaif Zaifとは
取引所名 Zaif(ザイフ)
運営会社名 テックビューロ株式会社
設立 2014年6月16日
資本金 27億5,513万円(2018年2月1日時点、資本準備金含む)
所在地 大阪市西区靭本町1-5-18 ミフネ本町ビル10F
役員 代表取締役:朝山貴生
事業者登録 登録番号00002号
取り扱い通貨数 16種類
取引手数料 -0.01%〜0.10%

Zaifは、bitFlierやCoincheckとともに国内の主要な仮想通貨取引所として多くのユーザーが利用しています。

Zaifはテックビューロ社が運営しており、同社は取引所の運営はもちろん、独自トークンを発行やプライベートブロックチェーン「mijin」、ICOソリューション「COMSA」などの開発・提供もしています。

また同社は、COMSAのICOでは100億円以上の資金調達をしており、多くの投資家がプロジェクトに注目していることが伺えます。

Zaifの口座を開設はこちら

↑目次に戻る

Zaifのメリット

Zaifでは上述のようにさまざまなサービスを提供していますが、そのなかでも取引所を利用するにあたって以下のようなメリットがあります。

  • 取り扱い通貨の銘柄が豊富
  • 手数料が安く、ビットコイン取引はマイナス手数料
  • コイン積立のサービスを提供している
  • 7.77倍までのレバレッジ取引が可能
  • マネーフォワードと連携可能
  • セキュリティ体制の整備に注力している

取り扱い通貨の銘柄が豊富

Zaifは国内取引所のなかでは比較的多くの通貨を取り扱っており、なかには国内ではZaifしか購入できないトークンもあります。

Zaifが取り扱っている通貨は以下になります。

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • ネム(XEM)
  • モナコイン(MONA)
  • Zaifトークン(ZAIF)
  • CounterPartyトークン(XCP)
  • Bitcrystals(BCY)
  • Storjcoin X(SJCX)
  • フィスココイン(FSCC)
  • Pepe Cash(PEPECASH)
  • カイカコイン(CICC)
  • ネクスコイン(NCXC)
  • COMSA : XEM(CMS)
  • COMSA : ETH(CMS)

独自トークンを取り扱っている

Zaifの運営会社しているテックビューロ社は、カウンターパーティのプロトコルを利用して独自トークンを発行しました。

Zaifトークンは、2016年7月より取引所に上場しており、Zaifでのみ取引可能となっています。

また、ZaifトークンはZaif内のサービスで利用可能となっており、例えば、COMSAによるICOの際には、ビットコインやイーサリアム、ゼムに加えて、Zaifトークンでのセール参加が可能となっていました。

現在は、COMSAによるICO以外にZaifトークンの使い道はありませんが、今後テックビューロ社のサービスが拡大していくうえで、用途が増えることが期待されています。

Zaifの口座を開設はこちら

手数料が安い

Zaifでは取引の手数料が比較的安く、現物取引の場合、takerには0.1%~0.3%の手数料が掛かるものの、makerの場合は無料となっています。
※ビットコイン取引の場合はMaker、Takerともに手数料無料となっています。

*Makerは注文を新たに作る人、Takerはすでにある注文の引き受け手です

また、取引の決済手数料は現物取引、信用取引、AirFX取引のすべてで無料となっています。

コイン積立のサービスを提供している

Zaifコイン積立では、「ドルコスト平均法」という投資手法で仮想通貨を購入しています。

ドルコスト平均法とは、仮想通貨のレートが上がっても下がっているも、常に一定の金額分を仮想通貨に投資し続ける方法です。

ドルコスト平均法では、価格が上がったときには一定額で購入できる通貨の量は減りますが、一方で高値掴みを最小限に抑えられるという特徴があります。

反対に、価格が下がったときには一定額で購入できる通貨の量が増えるため、将来的な値上がりによって多めに利益を得ることができます。

このようにドルコスト平均法は、長期的かつ継続的に積立を行っていくことで、ローリスクで安定的な収益を狙いたい方におすすめの投資手法となっています。

コイン積立はbitFlyerでもできますが、購入可能な通貨はビットコインしかないため、4種類の通貨からポートフォリオを設定することのできるZaifのコイン積立をおすすめします。

7.77倍までのレバレッジ取引が可能

信用取引とは、証拠金を担保にお金を借りることで、保有している資産以上の金額を投資することを指します。

Zaifではこの信用取引を行うことができ、レバレッジ倍率は最大で7.77倍となっています。

また、Zaifの信用取引では追証がないため、証拠金以上の損失が出た場合にその損失を追加証拠金で補填する必要がありません。

信用取引についての詳しい説明は以下の記事にまとめていますので、参考にしてください。

AirFXは最大25倍のレバレッジ取引が可能

Zaifには「AirFX取引」 というサービスもあります。
AirFX取引では、信用取引よりもさらに高いレバレッジをかけることができ、最大25倍まで可能となっています。
これは、国内取引所のなかで最も高いレバレッジ倍率となっています。

AirFXの場合も信用取引と同様に追証は不要となっています。

マネーフォワードと連携可能

Zaifは、資産管理アプリサービスを提供している「マネーフォワード」との連携が可能となっており、マネーフォワード上でZaifの資産の確認することができます。

Zaifとマネーフォワードの家計簿の連携は以下の手順で行うことができます。

  • STEP1.マネーフォワードにログインする
  • STEP2.口座ページから金融機関を追加する
  • STEP3.カテゴリのなかから仮想通貨を選び、Zaifを選択する
  • STEP4.Zaifページに遷移し、ログインする
  • STEP5.データ取得日を選択する

マネーフォワードは家計簿アプリも提供していますが、今回はパソコン画面での連携手順を紹介していきます。

STEP1.マネーフォワードにログインする

まずはマネーフォワードの公式サイトにアクセスし、画面右上にある「ログイン」からログインします。

まだアカウントを作成していない方は、画面左下のメールアドレスとパスワード入力欄を埋めて、「無料で家計簿を試す」をクリックし、ユーザー登録してください。

マネーフォワードのユーザー登録はこちら

Zaif STEP1.マネーフォワードにログインする

STEP2.口座ページから金融機関を追加する

ログインしたら、次はログイン画面上部の「口座」をクリックし、「金融機関追加」を選択します。

Zaif STEP2.口座ページから金融機関を追加する

STEP3.カテゴリのなかから仮想通貨を選び、Zaifを選択する

金融機関追加をクリックすると、下の画像のようにカテゴリが表示されるので、「仮想通貨・FX・貴金属」をクリックし、カテゴリ欄の下に表示されたリストのなかから「Zaif」を選択します。

選択するとZaifへ遷移するためのページが表示されるので、「Zaifと連携する」をクリックしてZaifのサイトを開きます。

Zaif STEP3.カテゴリのなかから仮想通貨を選び、Zaifを選択する
Zaif STEP3.カテゴリのなかから仮想通貨を選び、Zaifを選択する

STEP4.Zaifページに遷移し、ログインする

Zaifページに遷移したら、マネーフォワードにアカウント利用を許可するために、Zaifにログインします。

Zaif STEP4.Zaifページに遷移し、ログインする

STEP5.データ取得日を選択する

Zaifにログインしたら、最後に自動取得対象の開始日を選択して、保存すれば、マネーフォワードとの連携は完了です。

Zaif STEP5.データ取得日を選択する

セキュリティ体制の整備に注力している

Zaifはセキュリティ体制の整備にも力を入れています。
Zaifのセキュリティ体制には以下のようなものがあります。

  • 二段階認証
  • 仮想通貨をオフラインで保管
  • 経営資金と預かり金を分別管理
  • マルチシグの導入
  • 堅牢性の高いシステムインフラ

取引に必要な仮想通貨以外をオフラインで保管することで、外部からのハッキングによる通貨の流出を防止しています。

また、マルチシグを導入することで、仮想通貨移動の際には複数の**秘密鍵による署名が必要となり、これによって、外部から不正アクセスされた場合にも送金するのが困難になっています。
*

金融庁から認可を受けた取引所

Zaifを運営するテックビューロ株式会社は、2017年9月に
近畿財務局(金融庁)より、仮想通貨交換業者として正式に登録されました。

2017年の改正資金決済法により、仮想通貨を取り扱う業者への法規制が厳しくなりましたが、同社は国が認める最適基準を満たしており、登録業者として認可を得ることができました。

一方で、2018年3月に同社は金融庁より業務改善命令が出されており、経営体制やセキュリティ体制をより高い水準のものにしていくことが求められています。

↑目次に戻る

Zaifのデメリット

システム面でのトラブルが多い

Zaifではこれまでにシステム面での問題が起きており、度々ニュースに取り上げられています。

同取引所では、事業者登録初日からデータベースへの接続が遅くなり、処理プロセスが滞るといった事態が起きました。

また、なかには出金時にエラーが起きてしまい、保有していた仮想通貨が消失してしまうという事態を経験したユーザーもいるようです。

その他にも、2018年2月には、システムトラブルによって仮想通貨が0円で販売されてしまうといった問題も発生しています。

損害補償サービスを提供していない

Zaifでは、損害補償サービスを提供していません。

Zaifで取引している場合には、システムが落ちた場合の損害などはすべて自己責任となる点に留意してください。

一方、bitFlyerやcoincheckなどでは、条件はあるものの、損害補償サービスが導入されています。

↑目次に戻る

良い口コミ

これまでZaifの特徴やメリットについて紹介してきましたが、ここではZaifの良い口コミについて紹介していきます。

Zaifの良い口コミには、以下のようなものがあります。

  • Zaifはユーザー数が増えていて飛躍しそう
  • 企業発行トークンが増えていくことが楽しみ
  • 積立ができて便利
  • 手数料が安くてうれしい

↑目次に戻る

悪い口コミ

Zaifには良い口コミもありますが、一方で悪い口コミもあります。
悪い口コミのなかには以下のようなものがみられます。

  • サポートに問い合わせても連絡がこない
  • 資産凍結させて放置はあり得ない
  • アプリが使いにくすぎてほぼ使わなかった

↑目次に戻る

他取引所との比較

Zaif bitFlyer coincheck
取り扱い銘柄 16種類 7種類 9種類
セキュリティ
手数料 安い 普通 普通
コイン積立 あり あり あり
本人確認 遅い 早い 早い
サポート体制 ×
損害補償 なし あり あり
アプリの操作性 ×

ZaifとbitFlyer、coincheckの比較を表にしてみました。

Zaifは他の取引所に比べ、取り扱い銘柄の種類や手数料などは優れていますが、アプリの操作性や顧客対応などが課題となっているようです。

↑目次に戻る

まとめ

Zaifのメリット、デメリット、良い口コミ、悪い口コミをまとめると以下のようになります。

  • 取扱い銘柄が豊富
  • コイン積立を提供している
  • 手数料が比較的安い
  • 信用取引のレバレッジは最大7.77倍で取引可能
  • AirFXは最大25倍のレバレッジをかけることができる
  • セキュリティ体制の構築に注力している
  • システム面での問題が多い
  • 損害補償サービスがない
  • 本人確認が遅い
  • サポートの対応が遅い
  • スマホアプリが使いづらい

Zaifはセキュリティや顧客対応、スマホアプリなどに課題があるので、今後どのように改善していくのか注目です。

Zaifの口座を開設はこちら

最終更新日: 2018-08-03

タグ:
Zaif

記事に関するお問い合わせ

「Zaif」に関する記事

Zaifについてさらに詳しく知りたいならこちらをチェック

【買い方・売り方】徹底解説!Zaif(ザイフ)での仮想通貨売買方法
【買い方・売り方】徹底解説!Zaif(ザイフ)での仮想通貨売買方法
【初心者必見】Zaifコイン積立の仕組みや手数料まとめ<評判・口コミあり>
【初心者必見】Zaifコイン積立の仕組みや手数料まとめ<評判・口コミあり>
【解説】Zaifの口座開設の方法!登録時の本人確認から入金までの流れ
【解説】Zaifの口座開設の方法!登録時の本人確認から入金までの流れ

「取引所」に関する記事

取引所の記事は他にも多数!

【初心者必見】BTCBOXの入金から買い方までを総まとめ
【初心者必見】BTCBOXの入金から買い方までを総まとめ
【解説】分散型取引所(DEX)とは?トラストレスな取引所の仕組み
【解説】分散型取引所(DEX)とは?トラストレスな取引所の仕組み
【初心者必見】BTCBOXの登録・口座開設!本人確認から入金までの流れ
【初心者必見】BTCBOXの登録・口座開設!本人確認から入金までの流れ
【口コミ・評判】Zaif(ザイフ)の口座は開設した方が良い?メリット・デメリットを総まとめ
【口コミ・評判】Zaif(ザイフ)の口座は開設した方が良い?メリット・デメリットを総まとめ
【一目でわかる】仮想通貨FXと外国為替証拠金取引(FX)の違い
【一目でわかる】仮想通貨FXと外国為替証拠金取引(FX)の違い

人気の記事

Cryptulで人気の記事を集めました

人気のキーワード

今Cryptulで話題のキーワードを集めました。

LINE@

Cryptul(クリプタル)のLINEアットで仮想通貨・暗号通貨の最新情報をゲットしよう!