Bitcoin
71万1,405円
2.11%
Ethereum
3万2,780円
2.78%
Ripple
34円
9.23%
Bitcoin Cash
5万9,684円
4.15%
EOS
531円
3.67%
Stellar Lumens
24円
4.76%
Litecoin
6,463円
5.29%
Tether
109円
0.17%
Cardano
11円
6.34%
Monero
1万515円
6.61%
Ethereum Classic
1,503円
-0.58%
TRON
2円
11.29%
IOTA
54円
7.72%
Dash
1万7,319円
3.19%
RaiBlocks
1,044円
-0.1%
NEO
1,991円
9.68%
NEM
12円
7.04%
Binance Coin
1,115円
4.42%
VeChain
1円
47.01%
Tezos (Pre-Launch)
144円
1.89%
Walton
2,965円
-0.36%
Zcash
1万5,660円
0.77%
OmiseGO
444円
10.72%
Lisk
437円
19.66%
0x
88円
11.81%
Qtum
508円
6.4%
Bytecoin
0円
17.5%
Decred
4,353円
5.08%
Bitcoin Gold
1,994円
1.17%
Ontology
224円
40.7%
Maker
4万7,765円
4.74%
DigiByte
2円
9.91%
BitShares
11円
7.02%
Dogecoin
0円
4.28%
Zilliqa
3円
19.85%
Steem
102円
9.85%
Nano
207円
54.55%
ICON
70円
18.91%
Aeternity
114円
13.44%
Verge
1円
24.1%
Basic Attention Token
23円
12.43%
Siacoin
0円
14.1%
MOAC
369円
2.89%
Waves
228円
7.16%
Populous
608円
30.03%
Augur
1,967円
2.43%
GXShares
347円
-11.32%
Pundi X
0円
29.93%
empowr coin
870円
63.68%
  1. 仮想通貨 >
  2. 取引所 >
  3. レバレッジ >
  4. 【一目でわかる】仮想通貨FXと外国為替証拠金取引(FX)の違い

【一目でわかる】仮想通貨FXと外国為替証拠金取引(FX)の違い

外国為替証拠金取引のことをforeign exchangeの頭文字からFXと言います。しかし仮想通貨取引の種類の中にもFXが存在します。 今回は仮想通貨FXと外国為替証拠金取引(FX)の違いについて説明します。

仮想通貨FXとは

レバレッジ 仮想通貨FXとは

現物ではなく差金決済で取引を行う

仮想通貨FXでは、実際に仮想通貨を購入する必要がありません。
仮想通貨FXでは、売買の都度、代金の受け渡しを行うのではなく、決済時に生じた損益(差額)のみの受け渡しを行います。

現物取引では、仮想通貨を購入するために代金を支払う必要があるため、買いからしか取引を始めることができませんが、仮想通貨FXでは、差分による損益の受け渡しのみを行うため、売りから取引に入ることも可能です。

逆に実際に購入するわけではないので、仮想通貨を所有することはできません。

現物取引に比べて取り扱い通貨数が少ない

現物取引では仮想通貨取引所が取り扱っている仮想通貨全てで取引を行うことができ、少ないところでも4・5種類の仮想通貨を取り扱っています。

また、多いところであれば100種類を超える銘柄を取り扱っている海外の仮想通貨取引所も存在します。

一方で、仮想通貨FXでは、ビットコインやイーサリアムといった主要銘柄しか取り扱っていない取引所が大半になります。

仮想通貨FXでアルトコインを最も多く取り扱っている国内の取引所は、DMMビットコインになります。

DMMビットコインのFX取引については、以下の記事にまとめていますので、参考にしてください。

↑目次に戻る

仮想通貨FXとFX(外為取引)の類似点

自己資金以上の金額で取引が可能

外国為替証拠金取引にはレバレッジという特殊な取引ルールがあります。
レバレッジ(leverage)とは英語で「てこ」を意味する言葉です。

レバレッジ10倍であれば自己資金が1万円であっても、10万円分のポジションを持つことができるわけです。

このレバレッジは自己資金だけではなく、損益に対しても掛けられます。
仮定の上では10万円の利益が出たとしても実際には1万円の利益しか得ることは出来ません。
10万円の損失が出ても実際の損失は1万円だけです。

なお2018年7月現在日本国内の外国為替証拠金取引のレバレッジは、25倍までと規定されています。
この規則に合わせて日本国内の仮想通貨FXでも最大レバレッジは25倍に抑えているところが多いです。

差金決済で利益を出す

FXと仮想通貨FXともに「安く買って高く売る」が基本となっており、購入時の値段と売却時の値段の差額が利益となります。

また、差金決済の場合には、売り(ショート)から入ることもできるため、「高く売って安く買う」ことで利益を出すことも可能になっています。

そのため、市場が上げ相場の時には、「安く買って高く売る」が基本ですが、下げ相場の際には、「高く売って安く買う」ことが基本となります。

↑目次に戻る

仮想通貨FXとFX(外為取引)の違い

仮想通貨FXとFXでは取り扱い商品が大きく異なります。
そのため仮想通貨FXとFXで同じ単語を使っていても、異なる意味を含んでいることもあります。

仮想通貨FXではマイナスのスワップポイントが発生する

FXのスワップポイントは、買いと売りで異なることが多いです。
買いがプラスのスワップポイントであれば、売りはマイナスのスワップポイントとなる傾向にあります。

逆に売りがプラスのスワップポイントであれば、大半の場合買いはマイナスのスワップポイントになっています。

しかし仮想通貨FXでは、売りも買いもマイナスのスワップポイントになります。
これはスワップに対する考え方がFXと仮想通貨FXで異なるためです。
FXでいうスワップポイントとは、ペアとなっている通貨を発行している2国の金利差です。

これに対し仮想通貨FXのスワップポイントとはポジション維持などの手数料の合計を意味します。
そのため買いでも売りでもマイナスのスワップポイントが発生することになります。

仮想通貨FXはボラティリティが大きい

ボラティリティとは価格変動の幅の大きさのことです。
FXでは比較的この変動幅が小さく収まっており、変動幅が大きい事で知られる英ポンドと日本円でも、1日平均のボラティリティが2円以内で収まっていることが多いです。

一方、仮想通貨では1日で10%を超える変動を見せることが多々あります。
ビットコインと日本円の価格変動幅を見ても1日10万円前後も相場が値動きしています。

元々ボラティリティが大きいため、レバレッジをかけると更に変動幅が大きくなるため、上手く行けば利益は大きいですが、逆に失敗した時は損失も大きくなります。

↑目次に戻る

仮想通貨FXのメリット

レバレッジ 仮想通貨FXのメリット

24時間365日取引可能

FXでは取引所が稼動している時間しか取引ができません。
日本の取引所の多くは土曜日の午前5時から月曜日の午前7時まで取引不可となっています。
更に取引時間であっても祝日の場合は値動きが少ない場合が多いです。

一方、仮想通貨FXでは24時間365日常に取引が可能です。
平日仕事をして土日を仮想通貨FXに当てるという時間の使い方も可能になっています。

ただしこれはデメリットも含んでいます。
FXでは必ず取引不可の時間があるため、そこで機器のメンテナンスを行うことができます。
一方で仮想通貨FXは常に取引状態にあるため定期的なメンテナンスを行いにくい環境にあります。

また、仮想通貨FXの取引所を選ぶ時には、サーバーダウンしにくい取引所を選ぶというのもポイントのひとつです。

少額から取引に参加することができる

日本国内のFX取引所では、一部を除いて3,000円~5,000円が最低投資額になります。
しかし仮想通貨FXであれば、1,000円未満からも始めることができます。

↑目次に戻る

仮想通貨FXのデメリット

スワップポイントを支払う必要がある

上記でも説明していますが仮想通貨FXのスワップポイントとは手数料のことです。
基本的に支払うものだと考えておいた方が良いです。

長期的にポジションを保有しておくとスワップポイントだけで大きな損失に繋がります。

取引所破綻の可能性がある

2018年7月現在、国や地域によって仮想通貨に対する考え方は異なっています。
取引所が破綻するという例も少なくありません。
日本でも2014年にMt.GOXという仮想通貨取引所が破綻しています。

破綻した場合に投資家が取引所に保管していた法定通貨・仮想通貨の取り扱いについても問題があります。
まず第一に返還までに長く時間がかかります。
Mt.GOXの返金に関する問題は2018年7月になってもまだ終結していません。

一方で、外国為替証拠金取引(FX)では、顧客資産の分別管理や信託保全による顧客資産の保証がされています。

しかし、最近では金融庁より認可を得ている仮想通貨取引所の多くが顧客資産を分別管理しており、なかには信託保全を行っている取引所も見られます。

↑目次に戻る

仮想通貨FXを利用する際の注意点

証拠金維持率やロスカットに注意する

仮想通貨FXで決済していない状態での評価損失のことを含み損といいます。
含み損を出さない取引は難しく、基本的にどこの取引所でも一定の含み損を許容しています。

しかし行き過ぎた含み損に対しては取引所は、ロスカット(未決済取引の強制決済)や追証(証拠金の追加要求)などの措置をとります。
どの程度からロスカットや追証が発生するのか、事前に確認しておくと安心して投資に望めます。

ロスカットが発生しなかった場合に追証なしかを確認する

取引所によって追証が発生するかどうか異なります。
元々ボラティリティの大きな仮想通貨で更にレバレッジをかけていれば損失も大きくなります。
損失を抑える仕組みがロスカットですが、肝心な時に決済が遅れるという事例も発生しています。

そんな時に追証が発生するかどうかは大きな問題です。
もし追証が発生した場合は、多額の負債を背負うことにもなります。
追証の有無は必ず確認しておきましょう。

↑目次に戻る

仮想通貨FXに対応している取引所

レバレッジ 仮想通貨FXに対応している取引所
取引所名 レバレッジ倍率 証拠金維持率 追証
bitFlyer
最大15倍 80%
あり
※証拠金維持率50%以下で自動ロスカット
GMOコイン
5倍・10倍 75%
なし(自動ロスカット)
DMM Bitcoin 5倍 80% なし(自動ロスカット)
BitPoint 2倍・5倍・10倍・25倍 100% なし
※証拠金維持率100%未満の場合は、100%以上になるまで強制決済

bitFlyer

レバレッジ bitFlyer

bitFlyerでは現物取引を行っているbitFlyerと仮想通貨FXの取引をしているLightning FXに分かれています。
またbitFlyerはロスカットと追証の両方が設定されています。

急激な高騰あるいは下落によりロスカットが発生しなかった場合は、追証を要求されることになります。
レバレッジをかけすぎないように注意してください。

bitFlyerの口座開設はこちら

GMOコイン

レバレッジ GMOコイン

GMOコインの特徴は、IFD-OCOといった注文方法やMACDやボリンジャーバンドなどのテクニカル分析が充実しているところです。

GMOコインの運営元でもあるGMOは、以前からFX取引を行っていたFXプライムbyGMOの運営も行っています。
実績面からも信頼度が高いです。

GMOコインの口座開設はこちら

DMM Bitcoin

レバレッジ DMM Bitcoin

DMM Bitcoinでは、0.001BTCを最低取引単位にしています。
これにさらにレバレッジをかけられますので、200円~300円もあれば取引を始められることになります。
ただし少なすぎればロスカットされる可能性もあるため、1,000円程度は入金しておくことをお勧めします。

DMMビットコインの口座開設はこちら

BITPoint

レバレッジ BITPoint

BitPointの仮想通貨FXでは、世界的にもFX取引ツールとして親しまれているMT4(Meta Trader4)を使うことができます。
自分独自の取引システムを考案し導入することも可能です。
ただしBitPointの仮想通貨FXを行うためには、ビットポイントFX取引という特別な口座を開設する必要があります。

BITPointの口座開設はこちら

最終更新日: 2018-07-27

タグ:
レバレッジ

記事に関するお問い合わせ

「レバレッジ」に関する記事

レバレッジについてさらに詳しく知りたいならこちらをチェック

【証拠金取引の総まとめ】仮想通貨FXとは?仮想通貨信用取引や仮想通貨先物取引との違い
【証拠金取引の総まとめ】仮想通貨FXとは?仮想通貨信用取引や仮想通貨先物取引との違い
【証拠金取引の総まとめ】仮想通貨信用取引と仮想通貨FXの類似点と違い
【証拠金取引の総まとめ】仮想通貨信用取引と仮想通貨FXの類似点と違い

「取引所」に関する記事

取引所の記事は他にも多数!

【買い方・売り方】徹底解説!Zaif(ザイフ)での仮想通貨売買方法
【買い方・売り方】徹底解説!Zaif(ザイフ)での仮想通貨売買方法
【初心者必見】BTCBOXの入金から買い方までを総まとめ
【初心者必見】BTCBOXの入金から買い方までを総まとめ
【解説】分散型取引所(DEX)とは?トラストレスな取引所の仕組み
【解説】分散型取引所(DEX)とは?トラストレスな取引所の仕組み
【初心者必見】BTCBOXの登録・口座開設!本人確認から入金までの流れ
【初心者必見】BTCBOXの登録・口座開設!本人確認から入金までの流れ
【口コミ・評判】Zaif(ザイフ)の口座は開設した方が良い?メリット・デメリットを総まとめ
【口コミ・評判】Zaif(ザイフ)の口座は開設した方が良い?メリット・デメリットを総まとめ

レバレッジの人気の記事

「レバレッジ」で人気の記事を集めました

人気の記事

Cryptulで人気の記事を集めました

人気のキーワード

今Cryptulで話題のキーワードを集めました。

LINE@

Cryptul(クリプタル)のLINEアットで仮想通貨・暗号通貨の最新情報をゲットしよう!