Bitcoin
71万1,405円
2.11%
Ethereum
3万2,780円
2.78%
Ripple
34円
9.23%
Bitcoin Cash
5万9,684円
4.15%
EOS
531円
3.67%
Stellar Lumens
24円
4.76%
Litecoin
6,463円
5.29%
Tether
109円
0.17%
Cardano
11円
6.34%
Monero
1万515円
6.61%
Ethereum Classic
1,503円
-0.58%
TRON
2円
11.29%
IOTA
54円
7.72%
Dash
1万7,319円
3.19%
RaiBlocks
1,044円
-0.1%
NEO
1,991円
9.68%
NEM
12円
7.04%
Binance Coin
1,115円
4.42%
VeChain
1円
47.01%
Tezos (Pre-Launch)
144円
1.89%
Walton
2,965円
-0.36%
Zcash
1万5,660円
0.77%
OmiseGO
444円
10.72%
Lisk
437円
19.66%
0x
88円
11.81%
Qtum
508円
6.4%
Bytecoin
0円
17.5%
Decred
4,353円
5.08%
Bitcoin Gold
1,994円
1.17%
Ontology
224円
40.7%
Maker
4万7,765円
4.74%
DigiByte
2円
9.91%
BitShares
11円
7.02%
Dogecoin
0円
4.28%
Zilliqa
3円
19.85%
Steem
102円
9.85%
Nano
207円
54.55%
ICON
70円
18.91%
Aeternity
114円
13.44%
Verge
1円
24.1%
Basic Attention Token
23円
12.43%
Siacoin
0円
14.1%
MOAC
369円
2.89%
Waves
228円
7.16%
Populous
608円
30.03%
Augur
1,967円
2.43%
GXShares
347円
-11.32%
Pundi X
0円
29.93%
empowr coin
870円
63.68%
  1. 仮想通貨 >
  2. 取引所 >
  3. レバレッジ >
  4. 【証拠金取引の総まとめ】仮想通貨FXとは?仮想通貨信用取引や仮想通貨先物取引との違い

【証拠金取引の総まとめ】仮想通貨FXとは?仮想通貨信用取引や仮想通貨先物取引との違い

仮想通貨FXという取引をご存知でしょうか?仮想通貨FXとは、預け入れている証拠金にレバレッジをかけることで、より大きな金額で取引を行うことのできる取引手法のことで、大きなリターン利益を狙うことができます。この記事ではそんな仮想通貨FXについて解説します。

仮想通貨FXとは

仮想通貨取引には、現物取引の他に仮想通貨FX取引を行うことができます。
仮想通貨FXとは、通常の仮想通貨取引とは異なり、預け入れた資金を元により大きな金額で取引を行うことができるハイリスクハイリターンの取引手法のことです。

この記事では仮想通貨FXについて、他の証拠金取引と比較しながら解説していきます。

証拠金取引の1種

仮想通貨FXは仮想通貨の証拠金取引の一つで、預け入れた証拠金にレバレッジをかけ、保有している資金以上の額で取引を行う手法のことを指します。

証拠金取引は、上述のように預け入れた証拠金を元に取引を行うもので、損失が生じた場合には、証拠金から補填する必要があります。

また仮想通貨取引では、FX取引の他にも先物取引や信用取引といった証拠金取引を行うこともできます。

証拠金取引は、それぞれ特徴が異なるので、取引を行う前に確認することをおすすめします。

仮想通貨FXとFXのスワップポイントは異なる

FX取引を行う際に、「スワップポイント」という用語がでてきますが、仮想通貨FXとFX(外国為替証拠金取引)では用語の用いられ方が異なります。

ここでは、それぞれの取引でのスワップポイントの定義について説明します。

スワップポイントとは、元は外国為替証拠金取引(FX)において用いられる用語の一つで、通貨間の金利差によって利益を出す方法のことを指します。

例えば、日本よりも金利の高い国の通貨を日本円で購入した場合、日本と他国の金利差分の利益を受け取ることができます。

すなわち、他国の通貨を保有しているだけで金利差分の利益が得られることになります。
反対に、日本より金利の低い国の通貨を購入した場合には、金利差分のスワップポイントを支払うことになります。

このようにFX(外国為替証拠金取引)の場合はポジションに応じてスワップポイントを受け取れる場合と支払わなければならない場合とがあります。

しかし、仮想通貨FXではポジションに関係なく、売り買い両方でマイナスのスワップポイントが発生するため、事実上の手数料となっています。

例えば、bitFlyer Lighitningでは、スワップポイントが「0.04%の支払/日」となっているため、建玉の0.04%を毎日支払わなければなりません。

なお、取引所によっては「レバレッジ手数料」という名前を使っているところもあります。

↑目次に戻る

仮想通貨信用取引との類似点

次に仮想通貨FXと証拠金取引の1種である仮想通貨信用取引について以下の類似点について見ていきます。

  • ショートポジションをもつことができる
  • レバレッジ倍率に応じた額で取引することができる

ショートポジションをもつことができる

レバレッジ ショートポジションをもつことができる

仮想通貨FXと仮想通貨信用取引の類似点としては、まずショートポジションを持つことができる点が挙げられます。

ショートポジションとは、いわゆる売りポジションのことで、取引に売りから入ることで価格が下落傾向にある状態でも利益を出すことが可能となります。

例えば、1BTC=100万円の時に売りポジションから取引をスタートした場合、通貨価格が1BTC=90万円に下落したときに買い戻すことで差額分の利益を挙げることができます。

レバレッジ倍率に応じた額で取引することができる

仮想通貨FXと仮想通貨信用取引の類似点としては、レバレッジをかけて保有している資産額以上の取引ができる点も挙げることができます。

レバレッジとは、預けた証拠金に所定の倍率(レバレッジ倍率)を掛けた額で取引できる仕組みのことです。

レバレッジをかけることで、より大きな額での取引ができるため、リターンも大きくなります。
反対に、取引額が大きいため、損失額も大きくなります。

そのため、レバレッジ取引を行う際にはリスクの大きさも考慮に入れたうえで取引を行うようにしましょう。

↑目次に戻る

仮想通貨信用取引との相違点

次に仮想通貨FXと仮想通貨信用取引との相違点を見ていきます。

FXと信用取引はどちらも証拠金取引の1種ですが、資金の扱いや手数料の発生の仕方が異なります。

ここでは、以下の相違点について説明していきます。

  • 信用取引には取引期限がある
  • FXは差金決済、信用取引は借入れ
  • 手数料の発生の仕方が異なる

信用取引には取引期限がある

信用取引には取引期限がありますが、FXにはありません。
これは何故かというと、信用取引とFXではレバレッジをかけた分の資金の扱いが異なるためです。

詳しくは後述しますが、これは信用取引ではレバレッジをかけた分の資金を借り入れとして扱うため、通常の借金と同様に返済期限が設けられており、返済期限に合わせてポジションを決済する必要があります。

FXは差金決済、信用取引は借入れ

上述したように、信用取引ではレバレッジをかけた分の資金は借入れ扱いとなります。

一方、FX取引では売り買いの差額の授受で決済を行うため、現物の受け渡しは行われておらず、従って現物の受け渡しが行われる信用取引とはレバレッジ分の資金の扱いが異なります。

手数料の発生の仕方が異なる

仮想通貨信用取引と仮想通貨FXは手数料の発生の仕方が異なります。

具体的には、仮想通貨信用取引の場合は、日ごとに借入額に対して一定の割合で手数料が発生するのに対し、仮想通貨FXの場合はポジション(約定している金額)に対し、日ごとに手数料がかかります。

また、通常のFXの場合は、異なる通貨間の金利差に応じてプラスのスワップポイントとマイナスのスワップポイントの両方が発生し得ます。
しかし、仮想通貨FXの場合は、ポジションに関係なく毎日マイナスのスワップポイントが発生します。

仮想通貨信用取引についての解説は以下の記事にまとめていますので、参考にしてください。

↑目次に戻る

仮想通貨先物取引との違い

ここでは、仮想通貨FXと仮想通貨先物取引について見ていきます。

先物取引は、あらかじめ決済期限を設け、決済日までの価格の変動によって利益を出す仕組みのことです。

仮想通貨FXと仮想通貨先物取引の違いには取引に期限があることが挙げられます。

仮想通貨先物取引には決済期限がある

仮想通貨FXでは、取引に期限がないためポジションを維持し続けることができますが、仮想通貨先物取引では、「限月」と呼ばれる満期日が設定されており、決済日を迎えると自動で差金決済されるようになっています。

仮想通貨先物取引では満期日が設定されているものの、決済処理が行われるまでは反対売買によってポジション(建玉)を解消することもできます。

先物取引は性質上、満期日が近づくと先物価格は現物価格に近づいていくという傾向があるので、その値動きを確認しながら、ポジションの維持・解消を判断する必要があります。

↑目次に戻る

仮想通貨FXのメリット

証拠金取引のそれぞれの特徴について説明しましたが、ここでは仮想通貨FXのメリットについてみていきます。

仮想通貨FXには以下のメリットがあります。

  • レバレッジをかけることで大きな金額で取引ができる
  • ショートポジションをもつことができる

レバレッジをかけることで大きな金額で取引ができる

仮想通貨FXでは、所定倍率のレバレッジをかけることでより大きな金額で取引を行うことができます。

将来的に通貨価格が上がる可能性が濃厚であると判断した場合、思い切ってレバレッジをかけることで、通常よりも大きなリターンを狙いことができます。

また、仮想通貨FXでは信用取引や先物取引とは異なり、取引に期限が設けられていないため、レバレッジをかけた場合でも証拠金維持率さえキープしていれば、半永久的にポジションを持つことができます。

そのため、万が一通貨価格が下がった場合でもポジションを維持し続ければ損失を確定しないで済みます。

一方で、通貨価格の下落傾向が続くと追証をする必要があり、リスクも大きくなってしまうので注意が必要です。

ショートを持つことができる

仮想通貨FXでは、ロングとショートどちらのポジションからでも持つことができます。

すなわち、今後価格が下がる可能性が高い時でも利益を上げるチャンスがあるということになります。

価格の上昇が見込まれる場合はロングポジションを、そして下落が見込まれる時にはショートポジションを仕込むことで、市場がどちらに変化しても利益を得ることができるようになります。

↑目次に戻る

仮想通貨FXのデメリット

続いて仮想通貨FXについて以下のデメリットを説明します。

  • 通貨価格下落時の損失額が大きくなる
  • 通貨価値が急落した際に追証を請求される可能性がある

通貨価値の下落による損失額が大きくなる

仮想通貨FXのデメリットとしては、通貨価格の下落による損失額が大きくなる点が挙げられます。

仮想通貨FXでは、前述した通り預けている証拠金にレバレッジ倍率をかけた金額で取引できますが、金額が大きいため、下落時に生じる損失の額も必然的に大きなものになります。

そのため、自身の保有している資産に見合う以上のレバレッジをかけてしまうと、損失が生じた際のリスクが極めて大きなものとなってしまうので、適切なレバレッジ倍率で取引をするように注意しましょう。

通貨価値の急落時に追証請求される可能性がある

仮想通貨FXでは、基本的に証拠金維持率をキープしておかなければポジションを保有し続けることはできません。

仮想通貨FX取引において証拠金維持率を下回った場合、一定期間までに証拠金を追加する必要があり、追証を行わなかった場合には決済が行われ、証拠金から損失が補填されます。

また、仮想通貨FX取引では多くの場合に強制ロスカットが設定されていますが、通貨価格が急落した場合にロスカットが発動しない場合があり、その場合損失を補填するために追証を行う必要があります。
この場合、証拠金以上の損失が発生してしまうと、その分の追証は借金扱いとなります。

追証は自身の借金を拡大させることになるので注意が必要です。

追証なしの取引所もある

追証が仮想通貨FXのデメリットになるのは前述の通りですが、なかには追証不要の取引所も存在します。

追証が不要ということは、すなわち預けた証拠金以上の損失を被ることはないということになりますので、ある程度は安心して取引を行うことができるでしょう。

↑目次に戻る

仮想通貨FXのコツ

最後に仮想通貨FXを行う際の取引のコツについて見ていきたいいと思います。
仮想通貨取引に必勝法はありませんが、レバレッジを活かしてコツコツと利益を積み上げるも1つの方法です。

スキャルピンクで細かく利益を得る

仮想通貨FXの取引のコツとしては、スキャルピングで細かく利益を得る方法が挙げられます。

スキャルピングとは、数銭から数十銭という少額の利幅を狙い、1日に何度も取引を繰り返すことで利益を積み重ねていく売買手法です。

スキャルピングでは取引回数が多くなるため、支払い手数料も増えてしまいますが、価格の変動がそれほど大きくない場合はレバレッジを活かし小さい利益を積み上げることも可能です。

しかし、現状、仮想通貨市場はボラティリティが大きいため、取引量の調整が必須となってきます。

スキャルピングは上述のように細かくリスク管理をする必要があるため、初心者の方にはあまりおすすめできない方法かもしれません。

↑目次に戻る

仮想通貨FXができる取引所

それでは、仮想通貨FX取引が可能な取引所をいくつかご紹介します。
それぞれレバレッジ倍率等や取り扱い銘柄が異なりますので、しっかり確認するようにしましょう。

bitFlyer

レバレッジ bitFlyer

ビットコインの取引量日本一を謳っているbitFlyerでは、最大15倍までレバレッジをかけて取引を行うことが可能です。

売買手数料は無料に設定されていますが、0.04%/日のスワップポイントがかかります。

なお、bitFlyerのLightning FXで取り扱っているコインは、ビットコイン(BTC)の1種類です。

bitFlyerの口座開設はこちら

DMMビットコイン

レバレッジ DMMビットコイン

DMMビットコインでは、5倍固定のレバレッジをかけて仮想通貨取引を行うことができます。

取引手数料は無料ですが、0.04%/日のレバレッジ手数料がかかります。

なお、DMMビットコインが扱っているコインは、ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、ネム(XEM)、リップル(XRP)、ライトコイン(LTC)、イーサクラシック(ETC)、ビットコインキャッシュ(BCH)の7種類です。

DMMビットコインのFX取引についての詳しい説明は以下の記事にまとめていますので、参考にしてください。

DMMビットコインの口座開設はこちら

GMOコイン

レバレッジ GMOコイン

GMOコインでは、ビットコインは最大10倍、その他のアルトコインは最大5倍のレバレッジをかけて仮想通貨取引を行うことが可能です。

基本的に取引手数料は無料ですが、レバレッジ手数料は0.04%/日に設定されています。

なお、GMOコインが扱っているコインは、ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、リップル(XRP)、ライトコイン(LTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)の5種類です。

GMOコインの口座開設はこちら

↑目次に戻る

まとめ

仮想通貨FXはレバレッジをきかせることで、上手くいけば大きな利益を得ることができます。

しかし、その反面損をする時も額が大きくなってしまいますので、徹底したリスク管理と慎重さが求められるでしょう。

また、場合によっては強制ロスカットになってしまったり、追証を支払わなければいけない点にも注意が必要です。

仮想通貨はただでさえハイリスクハイリターンな取引と言われていますので、仮想通貨FXを行う際には、自分が取ることのできるリスク量をしっかりと計算し、適切なレバレッジ倍率を設定することをおすすめします。

最終更新日: 2018-07-28

タグ:
レバレッジ

記事に関するお問い合わせ

「レバレッジ」に関する記事

レバレッジについてさらに詳しく知りたいならこちらをチェック

【一目でわかる】仮想通貨FXと外国為替証拠金取引(FX)の違い
【一目でわかる】仮想通貨FXと外国為替証拠金取引(FX)の違い
【証拠金取引の総まとめ】仮想通貨信用取引と仮想通貨FXの類似点と違い
【証拠金取引の総まとめ】仮想通貨信用取引と仮想通貨FXの類似点と違い

「取引所」に関する記事

取引所の記事は他にも多数!

【買い方・売り方】徹底解説!Zaif(ザイフ)での仮想通貨売買方法
【買い方・売り方】徹底解説!Zaif(ザイフ)での仮想通貨売買方法
【初心者必見】BTCBOXの入金から買い方までを総まとめ
【初心者必見】BTCBOXの入金から買い方までを総まとめ
【解説】分散型取引所(DEX)とは?トラストレスな取引所の仕組み
【解説】分散型取引所(DEX)とは?トラストレスな取引所の仕組み
【初心者必見】BTCBOXの登録・口座開設!本人確認から入金までの流れ
【初心者必見】BTCBOXの登録・口座開設!本人確認から入金までの流れ
【口コミ・評判】Zaif(ザイフ)の口座は開設した方が良い?メリット・デメリットを総まとめ
【口コミ・評判】Zaif(ザイフ)の口座は開設した方が良い?メリット・デメリットを総まとめ

レバレッジの人気の記事

「レバレッジ」で人気の記事を集めました

人気の記事

Cryptulで人気の記事を集めました

人気のキーワード

今Cryptulで話題のキーワードを集めました。

LINE@

Cryptul(クリプタル)のLINEアットで仮想通貨・暗号通貨の最新情報をゲットしよう!