Bitcoin
70万9,776円
-3.18%
Ethereum
2万4,268円
-8.55%
Ripple
50円
-18.68%
Bitcoin Cash
4万9,519円
-6.77%
EOS
591円
-8.77%
Stellar Lumens
26円
-11.65%
Litecoin
6,265円
-5.11%
Tether
109円
0.2%
Cardano
8円
-11.11%
Monero
1万2,561円
-6.02%
Dash
2万1,061円
-5.66%
IOTA
60円
-8.24%
TRON
2円
-10.12%
RaiBlocks
1,044円
-0.1%
NEO
1,965円
-6.78%
Ethereum Classic
1,183円
-5.49%
Binance Coin
1,075円
-3.96%
Tezos (Pre-Launch)
162円
-9.72%
NEM
10円
-6.01%
VeChain
1円
-6.92%
Walton
2,965円
-0.36%
Dogecoin
0円
-3.98%
Zcash
1万4,603円
0.95%
OmiseGO
367円
-7.8%
Bytecoin
0円
-5.55%
Bitcoin Gold
2,403円
-2.26%
Lisk
360円
-5.44%
0x
69円
-3.05%
Ontology
202円
-10.06%
Maker
4万9,251円
-3.36%
Qtum
402円
-8.94%
Decred
4,075円
-4.56%
BitShares
12円
-8.17%
Nano
240円
-7.94%
Bitcoin Diamond
200円
-8.47%
Zilliqa
3円
-6.44%
Steem
104円
5.84%
DigiByte
2円
-7.11%
ICON
69円
-10.54%
Siacoin
0円
-12.12%
Aeternity
104円
-6.27%
Waves
236円
-3.73%
Verge
1円
-7.21%
GXShares
347円
-11.32%
Metaverse ETP
395円
-2.82%
empowr coin
870円
63.68%
Bytom
18円
-6.29%
Basic Attention Token
17円
-7.57%
Pundi X
0円
-8.54%
  1. 仮想通貨 >
  2. ウォレット >
  3. ハードウェアウォレット >
  4. Ledger Nano S >
  5. 【解説】Ledger Nano Sの対応通貨・仕組み・購入方法総まとめ

【解説】Ledger Nano Sの対応通貨・仕組み・購入方法総まとめ

仮想通貨を保管する上でウォレットは欠かせないツールです。ウォレットには複数の種類があり、なかでもハードウェアウォレットは強固なセキュリティを誇っています。今回はハードウォレットの1種であるLedger Nano Sについて解説します。

Ledger Nano Sの仕組み

Ledger Nano Sは、ビットコインやリップルに対応したハードウェアウォレットです。

Ledger Nano Sでは、仮想通貨の保管に必要な秘密鍵は自身で設定可能なPINコードと24単語のリカバリーフレーズによって管理されます。

Ledger Nano Sの設定方法は以下の記事に詳しくまとめていますので、参考にしてください。

ハードウェアウォレットとは

ハードウェアウォレットとは、コールドウォレットの1種で、専用の外付け端末をパソコンのUSBポートに接続し、専用のアプリをダウンロードすることでローカル環境で使用することのできるウォレットを指します。

2018年現在、代表的なハードウェアウォレットには、Ledger Nano SとTrezorの2種類があります。

ウォレットについての詳しい説明は以下の記事のまとめていますので、参考にしてください。

Ledger Nano Sのセキュリティ

Ledger Nano Sのセキュリティ面での特徴には以下のものが挙げられます。

  • オフライン管理
  • PCとの接続には「PINコード」が必要
  • 暗号化して秘密鍵を管理する

オフライン管理

セキュリティを考える上で最も安全な方法は、インターネットに接続しないことです。
インターネットに接続しなければ物理的に盗まれない限り、盗難に遭うことはありません。

2018年1月、日本の仮想通貨取引所コインチェックでNEM大量流出事件が発生しましたが、この事件は、仮想通貨をオンラインで管理していたことが原因であるといわれています。

仮想通貨取引所のハッキングや、個人を対象としたサイバー攻撃は毎年のように発生しているため、多額の仮想通貨を管理する場合はオフラインでの管理が基本となっています。

Ledger Nano Sでは、ウォレットを操作するために必要な秘密鍵を、オフラインで管理することができるため、第三者によるハッキング等によって引き継鍵を知られないようにすることができます。

PCとの接続には「PINコード」が必要

PINコードとは、Personal Identification Numberの略で、パスワードよりも安全性が高いことで注目されています。

PINコードが安全だといわれている理由は、暗証番号が個別端末に紐付けられていることで、パスワードの場合と異なり、設定した内容が漏洩した場合でも他の端末からログインをすることができないようになっているためです。

Ledger Nano Sでは、PCに接続し、仮想通貨にアクセスする際に「PINコード」を必要としているため、第三者が他の端末を使用してウォレットを操作することはできないようになっています。

「暗号化」して秘密鍵を保管

ウォレットを管理するうえで重要なのが、秘密鍵の管理です。

秘密鍵は仮想通貨の所有権を証明するために必要なもので、自分以外には決して知られてはいけないものになります。
しかし、ハッキングなどによって、第三者に秘密鍵を知られてしまう可能性があります。

そこで、LedgerNanoSでは、秘密鍵を自動的に暗号化するようになっています。
万が一秘密鍵が流出した場合でも、暗号を解除するまでの時間を稼ぐことができます。

マルウェアによるハッキング対策

ハードウェアウォレットは、オフラインでは安全ですが、PCと接続した際に、パソコン経由でウイルスに感染する可能性があります。

運営側もこの点には常に注意しており、以前、Ledger Nano Sの受信アドレスがハッキングされてしまった際には、公式Twitterで呼びかけをするなどの対応策を講じています。

BTCハードフォークによりアドレスタイプは2種類に

Ledger Nano Sのアドレスは以前から使われていた「LEGACY」と新しく導入された「SEGWIT」の2種類のアドレスを採用しています。

これは、ビットコインのsegwit導入によるもので、導入以前のビットコインはデフォルトで「LEGACY」に、導入後のビットコインは「SEGWIT」に保管されるようになっています。

1から始まるアドレスは「LEGACY」

「LEGACY」はsegwit導入以前から採用されていたアドレスで、segwitを実装していない仮想通貨は「LEGACY」に保存されることになります。

3から始まるアドレスは「SEGWIT」

新しく採用されたアドレス「SEGWIT」は、ビットコインのようにSegwit導入済みの仮想通貨のみで使用することができます。

ただし、「SEGWIT」限定というわけではなく、「SEGWIT」と「LEGACY」の好きな方を選ぶことが出来ます。

なお「SEGWIT」と「LEGACY」を比較した場合、Segwitの方が送金スピードも速く送金手数料も安価なことが多いです。

LegacyからSegwitへの移行方法

同じ仮想通貨でもLEGACYとSEGWITでは別々に管理されています。

LEGACYからSEGWITに移行するには、LEGACYからビットコインを送金する必要があり、手順は以下のようになっています。

  • "Bitcoin"を選択する
  • "SEGWIT"を選択する
  • ビットコインウォレットが開くので、「受信」をクリックする
  • ビットコインアドレスが表示されるのでコピーする
  • 受信画面を閉じ、「設定」をクリックし、「Blockchain」を選択する
  • 最初の画面に戻ったら、"Bitcoin"を選択し、「LEGASY」を選択する
  • 「送信」をクリックし、コピーしたアドレスを貼り付ける
  • 金額と手数料を入力してトランザクションを送信する

↑目次に戻る

Ledger Nano Sの対応通貨とERC20トークンの使い方

Ledger Nano S Ledger Nano Sの対応通貨とERC20トークンの使い方

27種類の仮想通貨に対応

Ledger Nano Sに対応している仮想通貨は以下の27種類になります。
(2018年8月時点)

また、その他にもERC20トークンなどにも対応しています。

  • Bitcoin
  • Ethererum
  • Litecoin
  • Dogecoin
  • Zcash
  • Dash
  • Stratis
  • Ripple
  • Bitcoin Cash
  • PoSW Coin
  • Ethereum Classic
  • Komodo
  • Ark
  • Expanse
  • Ubiq
  • PIVX
  • Vertcoin
  • Viacoin
  • NEO
  • Stealth
  • Stellar
  • Hcash
  • Digibyte
  • Qtum
  • Peercoin
  • Zencash
  • Bitcoin Gold

ネム(XEM)・リスク(LSK)・モナコイン(MONA)には非対応

多くの仮想通貨を保管できるLedger Nano Sですが、まだ全ての銘柄に対応しているわけではありません。

ネム・リスク・モナコインといった仮想通貨は、2018年8月現在ではまだLedger Nano Sでは保管ができません。

上記の仮想通貨をハードウェアウォレットで保管したい場合には、Trezorで保管することになります。

独自Chromeアプリでアルトコインを管理

Ledger Nano Sは、Google Chromeの拡張機能であるLedger Walletと連携することができます。

それぞれの対応通貨は以下の通りになっています。

アプリ名 対応通貨
Ledger Wallet Bitcoin&Altcoin ビットコイン、ライトコインなど
Ledger Wallet Ethereum イーサリアム、イーサリアムクラシック
Ledger Wallet Ripple リップル

Ledger Wallet Bitcoin(BTC・BCH・BTG・DASH・LTCなど)

ビットコインやビットコインから分裂して生まれたビットコインキャッシュ、ビットコインゴールドなどを管理するためのアプリです。

ビットコイン関連以外では、ライトコインやダッシュを管理することが出来ます。

Ledger Wallet Ethereum(ETH・ETC)

イーサリアムとイーサリアムクラシックを管理するためのアプリです。

Ledger Wallet EthereumはERC20準拠のトークンには対応していないので、注意してください。

Ledger Wallet Ripple(XRP)

2018年8月現在、リップルウォレットはクロームの拡張アプリ上では公開されていません。

そのため、Ledger社のサポートページから入手することになります。
サポートページからは、Windowsだけではなく、MacやLinuxに対応したアプリも配布されています。

リップルの送受金方法

パソコンのOSに対応したアプリをインストールします。
インストールが完了したら、次にLedger Nano Sを接続し、PINコードを入力します。
後はアプリを起動させれば送受金が可能になります。

MyEtherWallet(MEW)との連携方法

MyEtherWalletと連携させるためには、Ledger Nano Sのブラウザサポートの有効化とMyEtherWalletでLedger Walletの設定が必要になります。

後はパスとウォレットを決定して「お財布をアンロック」をクリックすれば連携完了です。

Ledger Nano S MyEtherWallet(MEW)との連携方法

ERC20トークンの使用方法

「お財布をアンロック」をクリックすると、イーサリアム関連のアドレス一覧が表示されます。

そのなかに、「Tokens(Ethplorer.io)」という部分があります。

ここにERC20トークンのシンボル名や製作者の情報がまとめられているページに移ることができるので、「Add Custom Token」をクリックすると一覧に追加されます。
追加されたトークンを確認したい場合は「Show All Tokens」をクリックしてください。

Ledger Nano S ERC20トークンの使用方法

スマホ版アプリリリース予定(iOS / Android)

2018年2月にLedger公式がデスクトップ用とモバイル用のウォレットを開発中であることを発表しました。
まだ詳細情報は出ていませんが、これまではアプリをインストールすることで対応していた銘柄も全て初期状態で対応可能予定となっています。

↑目次に戻る

Ledger Nano Sの購入方法と値段の比較

ネットショップと正規代理店の価格の違い

販売店
価格(送料込) 備考
楽天 17,000円前後 正規品表示がなければ15,000円~16,500円。
なかには4万円以上の品もある
amazon 16,000円前後 正規品表示がなければ6,000円~12,000円。
なかには5万円以上の品もある
Earth ship(正規販売店) 16,300円 送料は全国一律500円。
複数同時購入で割引有り
Ledger社公式
1万円程度+送料 発送方法は選択式。
早いもので6,400円前後~77,700円前後、遅いもので2,500円前後~3,200円前後

楽天

正規品と表示されているものも出品されていますが、本当に正規品であるかどうかは不明です。
また正規代理店よりも割高で販売されているため、特別な事情が無い限り楽天での購入は避けたほうが良いでしょう。

Amazon

Amazonには日本正規代理店である株式会社EarthShipも出品しています。
正規品表示のものは多くありますが、安全に購入したいのであればEarthShipからの購入をお勧めします。

ものによっては中古品が販売されていることもありますが、細工されている可能性もあるので、中古品の購入は避けるようにしましょう。

正規代理店

2018年8月現在、日本での正規代理店はEarthShip一社のみです。
EarthShipのURLはこちらになります。

EarthShip

他の企業が販売しているLedger Nano Sは、本当に正規品だとは限りません。
安く販売していることもありますが、開封してマルウェアを仕込んでいることもあるようです。

そのため、Ledger Nano Sを購入する際には、正規代理店であることを確認してから購入しましょう。

正規代理店における購入方法

取り扱い商品からLedgerを選び公式サイトに飛ぶと、画面下に注文画面が表示されます。
後は「注文する」をクリックするだけです。

Ledger Nano S 正規代理店における購入方法

made in china(中国製)は偽物ではない

Ledger Nano Sの工場は中国にあるため、フランスの公式サイトや正規代理店で購入してもMade in Chinaとの表記があります。

1,000円割引のクーポンコードあり(クーポンコード:ledger1000)

正規代理店で購入しようとすると、クーポン記入欄があります。
ここにledger1000と入力すると、1,000円の割引が受けられます。
クーポンの使用期限は不明ですので、Ledger Nano Sの購入を考えている人は早めに購入することをおすすめします。

Ledger Nano S 1,000円割引のクーポンコードあり(クーポンコード:ledger1000)

シリアル番号とオーナー登録をしよう

Ledger Nano Sの外箱にはシリアル番号が掲載されており、このシリアル番号を使うと公式サイトでオーナー登録が可能となります。

アップデートの情報なども届くようになるため、オーナー登録をしておいて損はありません。

以下のリンクからオーナー登録をすることができます。

オーナー登録

↑目次に戻る

まとめ

様々なセキュリティを施したLedger Nano Sは、仮想通貨を保管する上で欠かせないツールとなっています。

対応している銘柄も多いですが、現在ではまだ対応していない仮想通貨も多いので、事前に対応通貨を確認するようにしましょう。

また、不正な品も横行しているので、購入する場合は正規代理店から購入するようにしましょう。

最終更新日: 2018-08-14

タグ:
Ledger Nano S

記事に関するお問い合わせ

「Ledger Nano S」に関する記事

Ledger Nano Sについてさらに詳しく知りたいならこちらをチェック

【画像付き】Ledger Nano Sの設定・使い方をわかりやすく解説
【画像付き】Ledger Nano Sの設定・使い方をわかりやすく解説

「ウォレット」に関する記事

ウォレットの記事は他にも多数!

【使い方も解説】NEMを保管するならこれ!おすすめNEMウォレット
【使い方も解説】NEMを保管するならこれ!おすすめNEMウォレット
【解説】Ledger Nano Sの対応通貨・仕組み・購入方法総まとめ
【解説】Ledger Nano Sの対応通貨・仕組み・購入方法総まとめ
【ステップバイステップで解説】仮想通貨ウォレット「Trezor」の使い方マニュアル
【ステップバイステップで解説】仮想通貨ウォレット「Trezor」の使い方マニュアル
【一覧表付き】<目的別>仮想通貨ウォレットおすすめ14選
【一覧表付き】<目的別>仮想通貨ウォレットおすすめ14選
【比較】どれを使うべき?Ripple対応のおすすめウォレット
【比較】どれを使うべき?Ripple対応のおすすめウォレット

人気の記事

Cryptulで人気の記事を集めました

人気のキーワード

今Cryptulで話題のキーワードを集めました。

LINE@

Cryptul(クリプタル)のLINEアットで仮想通貨・暗号通貨の最新情報をゲットしよう!